生野菜を控えて太って魅力的なボディを手に入れよう!

ダイエットする人はサラダをたくさん食べて痩せますが、太りたい場合はどうすればいいのでしょうか。
実は太るためには生野菜は控えたほうがいいとされています。
かといって野菜を食べてはいけないということではありません。
理想的に太るために、どうして生野菜を控えたほうがいいのか、また理想的に太るために
どうやって野菜を食事に取り入れたらいいのか、その具体的な方法をご紹介します。

理想的に太るためには生野菜はよくない理由

ダイエットには生野菜を積極的に食べたほうがいいというのは一般的にも知られていますが、では太るためには野菜は控えたほうがいいのでしょうか。
正確にいえば、太るためには「生野菜」を控えたほうがいいといわれています。
というのも、生野菜というのは、調理されていないため、消化吸収の観点から見ると、胃腸に負担がかかり、栄養をすべて吸収できません。
一方、温野菜や加工した野菜は火を通してあるので、消化しやすく、生野菜と比べて、体内に吸収しやすくなっています。
また、生野菜というのは、冷たいので、体温を下げてしまい、胃腸に負担がかかります。
体温が低下すれば消化酵素がうまく機能しないので、栄養をしっかり吸収できません。
温野菜や加工した野菜であれば、温かいので、体温を下げることなく、しっかりと体に吸収することができます。
さらに、生野菜は火を通していないと、たくさんの水分が含まれているので、たくさんの量を食べることができません。
キャベツ100gを生のまま食べるのは大変ですが、焼いて食べるとむしろ水分が蒸発してしまうので、100gならペロっと食べることができます。
つまり熱を加えた野菜の方がたくさんの量を食べることができるので、結果的にたくさんのエネルギーを吸収することができます。
このように生野菜は消化吸収の面や食べやすさの面からみても、太るためには控えたほうがいいでしょう。

太るためには加熱した野菜がおすすめ

太るためには生野菜は控えたほうがいいのですが、全く野菜を食べないというのは健康面ではよくありません。
太ることはできるかもしれませんが、メタボリックシンドロームになってしまっては意味がありません。
野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、栄養のバランスを考えると、野菜もしっかりと太るためには必要です。
では太るためにはどのようにして野菜を食べるのが最適なのでしょうか。
それは加熱して野菜を食べることです。
加熱した野菜は消化しやすく、栄養を吸収しやすくなります。
また生のまま野菜を食べるよりも、加熱調理した野菜の方が、たくさんの量を食べることができます。
特に秋から冬にかけての野菜はカロリーも高く、太るためには最適といえます。
かぼちゃや秋茄子といった秋から冬にかけてとれる野菜は体を温めてくれる効果もあり、基本的に加熱調理して食べることが前提の野菜ばかりです。
ですから、野菜でも秋から冬にとれる野菜をたくさん食べるようにしましょう。
逆に生で食べたほうがいい野菜のほとんどは夏野菜です。
夏野菜は生で食べることで体温が下がります。夏は暑いので、体温が下がることで涼しく感じますが、太れない体質に方には胃腸に負担がかかり、カロリーがうまく吸収できなくなるのでおすすめできません。
ですので太るためには秋から冬にとれる野菜を食べ、サラダもできるでけ生で食べるのではなく、温野菜で食べるようにしましょう。

痩せやすい時期にこそたくさん野菜を食べて健康的に太ろう!

夏は1年の中でも一番痩せやすい時期です。
これは夏の暑さで体力が消耗し、食欲もなくなってしまうからです。
ダイエットにはいい時期かもしれませんが、太りたい方にとっては一番気をつけないといけない時期です。
ですので痩せやすい時期こそ、体力をつけるために野菜をたくさん食べて太るようにしましょう。
どうしても夏は食欲がなくなるので、太るために必要な肉類に豊富に含まれるタンパク質がたくさん食べることができません。
ですが、野菜と一緒に食べることで、たくさん食べることができますし、胃もたれも軽減することができます。
瘦せやすい時期だからこそ、加熱した野菜をしっかりと食べましょう。

少食でたくさん野菜が食べれない場合はどうすればいい?

太るためには加熱した野菜を食べたほうがいいというのはわかったものの、実際、忙しくて野菜を料理する時間がない、また少食なのでいくら加熱した野菜でも食べる量には限界がある、という方も多いです。
そこで、そういった少食でもともと食べるのに限界があるという方は、サプリメントを活用するのがおすすめです。
サプリメントであれば、普段の食事にプラスして摂取することで必要なエネルギーを補い、理想的なボディへと導いてくれます。
もちろん、太るためには食べることが基本です。
そのときに外食やコンビニで選ぶときは生野菜ではなく、温野菜や加熱した野菜を選び、プラスしてサプリメントで足りていない栄養を補いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ