夕食の量を増やそう!

しっかりと理想的に太るためには「夕食の量」を増やすことがポイントになります。
そこで、どうして夕食の量を増やした方がいいのか、また具体的に増やす方法をご紹介します。

朝食や昼食は増やすのが難しい

しっかりと太るためには、夕食の量を増やすのが最も効果的です。
というのも、朝食や昼食を増やしても確かに総カロリーが増えれば体重を増やすことができるのですが、実際はかなり難しいです。
まず朝食ですが、朝食を朝からたくさんお腹いっぱいになるまで食べるという人はほとんどいません。
これは朝食が、内臓が寝ている間に休んで、起きてやっと活動を始めたばかりの食事だからです。
起きたばかりの内臓にいきなりお肉などの脂っこい食事をすると、かなりのダメージが胃腸にかかります。特にギリギリまで寝ているという人は内臓がまだ完全に起きていないので、たくさん食べるのはかなり難しいです。
ですので、内臓をしっかりと動かすためには、軽めの食事をしっかりと取るのが基本になります。お味噌汁や焼き魚、漬物にご飯、これだけでも、今の日本人には多いと感じる人の方が多いでしょう。
こういった理由で朝食の量を増やすのは難しいということがわかるかと思います。

朝食は無理だけど、昼食ならできるかも、と思う方もいるのではないでしょうか。
確かに、昼食は朝食と比べれば、内臓も活動し始めていますし、たくさん食べられそうな気がします。ですが、朝食が少ないので、あまり昼食をいっきにたくさん食べると、これもまた内臓がビックリしてしまいます。
また、お昼はお昼休みの時間が限られていて、なかなか仕事が忙しいと昼食をゆっくりと食べる時間がとれないという方も多いです。さらに食べ過ぎてしまうと、食事を終えたあと、血流が胃や腸に集中して、眠くなってきます。
お昼寝できれば最高ですが、なかなかそんな会社はまだほとんどありません。
ですので、昼食を食べ過ぎてしまうと、仕事や勉強に影響がでてしまうというデメリットが生じます。ですので、昼食も腹八分目にとどめておくことが大切です。

こういった理由から昼食もたくさんたべすぎはあまりおすすめできないということがよくご理解いただけたのではないでしょうか。

だから夕食の量を増やそう

朝食も、昼食も食べ過ぎてしまうとデメリットが生じてしまい、なかなか理想的に太るためにはおすすめできないことがわかったと思います。
だから、「夕食の量」を増やして、1日の摂取エネルギーを増やし、理想的に太りましょう。
夕食はその後、夜となり、人の体は休息状態に入ります。
これはホメオスタシスといって、人の体に、昔から、遺伝的に取り組まれています。
夜行性の動物はともかく、人間が夜しっかりと寝て、朝起きて、昼に活動的に動きます。ですので夕食の量をしっかりと増やしてあげることで、その後、あまり活動しないので、夕食で摂取したエネルギーをしっかりと体内に取り込むことができます。
ですので理想的に太ることができます。
また、夕食の方が朝食や昼食と違ってしっかりと時間をとることができる人が多いです。
ただし、だからといって、夕食であまりにもたくさん脂っこいものばかり食べると胃がもたれて胃腸の負担が大きくなりますので、食材はしっかりと意識して選ぶようにしましょう。

理想的に太るために食べたい食材

理想的に太るというのは、ただ単に脂肪が増えればいいというものではありません。
筋肉と脂肪のバランスが整いながら体重が増えていくことが、理想的に太るということです。体脂肪率だけ上昇しては意味がありません。
ですので、夕食の量を肉類ばかり、自分の好きなものばかり食べていては理想的に太ることができません。
理想的に太るためには、たんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく取り入れることが大切です。
たんぱく質としてはおすすめの食材はやはり鶏肉です。筋肉の材料となる良質なたんぱく質を鶏肉はしっかりと摂取することができます。ボディビルダーの方は毎日、何キロもの鶏肉を食べているくらい、鶏肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
もちろん、ボディビルダーのように何キロも鶏肉を食べる必要はありませんが、鶏肉ならサッパリと食べられる料理もあるので、毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。
炭水化物としてはやはり日本人の基本であり「お米」がおすすめです。パスタやうどん、パンなども炭水化物として有名な食材ですが、どうしても味付けが濃くなってしまいますし、単品になりバランスのとれた食事にするにはなかなか難しいので、お米の方が理想的に太るにはおすすめです。またお米の方が消化吸収がよいので、胃腸が弱くてなかなか太れないという方にもおすすめです。
そして脂質は良質な脂質であるゴマ油や、えごま油などコレステロール値を下げてくれるような油を摂取するようにしましょう。マーガリンやサラダ油は血中のコレステロール値を上昇させて、太るには簡単かもしれませんが、不健康になってしまいます。
こういったおすすめの食材を毎日の夕食にできるだけとりいれるようにしましょう。

でもやっぱり夕食の量を増やせないときはどうすればいい?

夕食の量を増やすことで理想的に太ることがわかったけど、でもやっぱりあまりたくさんの量を食べることができない、という人がいるかと思います。
そもそも量を増やすことができれば、とっくに太ることができている、でも太れなくて困っている、という方がこちらのサイトにたどり着いていると思います。
もちろん、理想的に太るには基本はやはり食事です。
それを意識したうえで、「サプリメント」を活用してみましょう。
サプリメントだけでは必要な栄養をすべて補うことはできませんが、普段の食事にサプリメントを加えるだけで、バランスのとれた栄養を補うことができ、理想的に太ることが可能になります。
ですので、なかなか夕食の量を増やすのが難しい、たくさん食べるのが難しいという方は、最初は特にサプリメントを活用しましょう。
そして最終的に徐々に太ることができはじめてから、サプリメントをやめて、夕食の量を増やしてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ