冷たいもの食べ過ぎると太れない!

太れない人には冷たいものが好きという特徴を持った方が多いです。
実は冷たいものを食べ過ぎると太れないという事実があることをご存知でしょうか。
どうして冷たいものを食べ過ぎると太れないのか、その理由と理想的に太るために必要な方法をご紹介します。

冷たいものを食べ過ぎると太れない理由

冷たいものを食べ過ぎると太れそうなイメージがありますが、実は違います。
これは夏に痩せる人が多くなるのと大きな関係があります。
夏は暑いので冷たいものばかり食べるので、夏が終わるころには春と比べると痩せてしまっている人が多いです。
どうして、冷たいものばかり食べ過ぎると太れないかというと、それは胃腸の消化吸収に悪影響を与えてしまうからです。
食事はよく噛んでお口の中で唾液としっかりと混ざり合って、タンパク質がデンプンに分解され、胃でさらに分解されます。
そして体にしっかりと栄養が吸収されて、体内にエネルギーを蓄えることができます。
しかし、冷たいものばかりを食べていると、胃腸の温度が下がってしまいます。
人の体内はおよそ37度に保たれており、胃や腸の消化酵素は37度付近で一番活性化して、消化を促進させて、エネルギーを体内に蓄積しやすくしてくれます。
しかし冷たいものばかり食べていると、胃や腸の温度が下がってしまい、消化酵素が働きにくくなってしまいます。
当然、消化酵素がしっかりと働かないと、消化ができていないので、たくさん食べてもすべての栄養を吸収することができずに、体外へ排出してしまいます。
これが冷たいものばかり食べていると太れない原因です。
しかも冷たいものは消化するのに温かい食べ物と比べて、時間がかかるので、その分、エネルギーを消耗してしまいます。せっかくたくさん食べても、エネルギーを消耗してしまうので、冷たいものばかり食べていると、非常に効率が悪くなります。
ですので、冷たいものばかり食べていると、太れません。

冷たいものは太れないだけでなく、体にも良くない!

冷たいものばかり食べていると、太れないだけでなく、体にもよくありません。
というのも冷たい食べ物を食べると、体温が下がってしまいます。
体温が低下して、低体温になってしまうと、免疫細胞がうまく機能しなくなります。
免疫細胞は細菌やウィルスから体を守ってくれている働きがありますが、この免疫細胞も
37度付近で活性化して働きます。
そのため冷たいものばかり食べていると体温も低下して、免疫細胞がうまく働かないので、
体内に細菌やウィルスが侵入してきても、なかなか退治することができません。
太れない人は風邪もひきやすい人が多いのですが、これは冷たいものばかり食べていて、
体温が低下してしまって、免疫細胞がうまく機能していないからです。
しかも免疫細胞がうまく働かないので、風邪が長引き、食事もしっかりと摂取できないので、
太るどころか、どんどんカロリーを消費して、痩せてしまう悪循環を繰り返すようになります。
ですので、冷たいものばかり食べすぎると、太れなくなるだけでなく、健康面でも
悪影響を及ぼすのです。

太るために気をつけたほうがいいこととは?

冷たいものばかり食べてなかなか太れないという方が気をつけた方がいいことがあります。
それは冷たいものばかり食べすぎて弱ってしまった胃腸を丈夫にするということです。
胃腸を丈夫にすることで、しっかりとカロリーを吸収することができ、理想的に太ることができます。
では具体的に太るためにはどういうことに気を付ければいいのでしょうか。
まず、気をつけて欲しいのが冷たいものを控えて、温かいものを食べるようにしましょう。野菜もサラダだけでなく、温野菜などにして火を通したものをなるべく食べるようにしましょう。また食べるときによく噛んで食べましょう。
よく噛んで食べることで、冷たいものでも口の中で唾液としっかり混ざるので口の中で温められて、胃腸の負担を減らすことができます。
胃腸の負担が減るので、しっかりと食べたものを吸収できて、太るために必要なエネルギーを吸収することができます。
また生姜は体を温める効果が高いので、生姜を調味料として取り入れるのも、魅力的なボディにするためにおすすめといえます。
さらにサプリメントは胃腸に負担をかけずに吸収しやすいように工夫されているものがあるので、サプリメントを活用することで、しっかりとカロリーを体に吸収することができます。なかなかすぐに食生活を変えるのが難しいという方は、サプリメントを活用してみるのもいいでしょう。
 
なかなか太れないという方で、冷たいものが好きという方はなるべく、胃腸に負担をかけないように、冷たい食べ物を控えるようにしましょう。
どうしても冷たい食べ物を辞められないという方は、よく噛んで、食べるようにしましょう。そしてサプリメントを活用して、効率的にエネルギーを体に吸収させましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ