痩せていると性格がキツそうにみえる

なぜかいつも、「怒ってる?」と聞かれる女性っていたりします。
別に怒ってなんかないけど?と聞かれるたびに思います。
それは顔や体から性格がきつそうなに見えているからです。
顔がきつそうな顔というのは、圧倒的に細いスタイルの良い女性に多いです。
逆にふっくらした女性は逆に「優しそう」「性格良さそう」と好印象をもたれる
ことが多いです。
その理由と、性格がやさしそうに見えるような魅力的な体型になれる方法をこっそりご紹介します。

痩せすぎは性格がきつそうに見える理由

性格がきつそう、という表現を別の言い方でいうと「ツンツンしている」「とんがってる」とかいいませんか?
そう、図形で例えるなら、三角など、角がある形がイメージされます。
痩せている体型というのは、顔もよく言えばシャープでほっそりしている、といえますが、
悪くいえば、ガリガリであごがとんがっている、といわれてしまいます。
つまり、痩せている体型というのは、体がとがっているような箇所があるので、性格がきつそうに見えてしまうのです。
また、痩せすぎていると、顔もやつれて見えて、目がぎょろぎょろしてくるので、より性格がきつそうに見えてしまうということです。
それだけではありません。
痩せている方は、必要なエネルギーを摂取できていないので、自分では自覚していませんが、体は常に、空腹状態が続いています。本人は空腹を感じていないだけで、体は信号をだしています。お腹がすくと、イライラしてしまいます。
これは体内の糖分、エネルギーが足りなくなるので、脳の制御系がうまく機能しなくなってしまうからです。
お腹を空かせた子供たちが犯罪に手を染めてしまうのには、空腹が大きく関係しているといわれているのはこういった理由です。
話が少しずれましたが、痩せている女性は自分で意識していないだけで、体はエネルギーが足りていないので、標準体重の人と比較した場合、どうしてもイライラしてしまいがちな傾向があります。
もちろん、全ての人がそうではないですが、それでも痩せている女性が、性格がきつそうに見えてしまうのはそういった背景もあります。
一方、ふっくらした女性はどうでしょうか。圧倒的に痩せている女性よりも、穏やかで優しそうなイメージが強いです。
これはエネルギーがきちんと足りているので、イライラすることが少ないからだといわれています。もちろん、全ての方はそうではないですが、見た目に関してはやはり、ふっくらした女性の方が優しそうに見えます。
こういった理由から、痩せていると、性格がきつそうに見えてしまうのです。

ふっくらした女性は見た目でも有利!?!

ふっくらした女性は、実は見た目でも有利です。
人はマルという図形は角がないので、親しみを感じやすいです。したがってふっくらした女性は見た目がマルであり、角がないので、優しそうにみえます。
そして親しみを感じやすいので、多くの方から好かれやすいです。
女性でも男性でも、ふっくらした体型の方が、仕事場でも学校などでも、実は愛されキャラでみんなから好かれている、ということがよくありますが、それは、親しみを感じやすい体型だからなのです。
これだけでももちろん、見た目で有利そうですが、さらに恋愛に関して、より結婚を意識しいてお付き合いできるのも、ふっくらした体型の女性です。
これは安心感を与えることができ、一緒に生活していく上でとても大切な食をともに歩んでいけそうと感じることができるからです。
一緒に食事をしていて楽しい、というのは結婚生活においてとても重要なことです。
ですので、結婚においても、ふっくらした女性は見た目でかなり有利だということです。

性格も良さそうな魅力的な体型になるには?

性格がよさそうな、魅力的な体型になるには、しっかりと食べることが基本になります。
どうしても太りたくても太れない体質の方は胃腸が弱かったりして、食べることが十分にできなかったり、食べても下痢などを起こしやすくて、エネルギーを十分に吸収できていないことが多いです。
ですので、基本となる食事は、吸収のよい、エネルギーに変換されやすい、タンパク質、炭水化物、脂質を中心にして食べるようにしましょう。
ですが、どうしても胃腸が弱くて、なかなか太るのが難しいという方も体質的にいます。
食べれないから困っているんだ、それを誰にも理解されないので辛いという方は多いです。
そこでそういった太りたくても太れない、そういった体質の方におすすめしたいのが
「太るサプリメント」の活用です。
太るサプリメントは、足りていないエネルギーを手軽に摂取することができます。
胃腸に負担なく、必要なエネルギーをバランスよく摂取することができます。
ですので、なかなか体質的に太れないという方は、ぜひサプリメントを活用して
見た目的に有利なふっくらした魅力的なボディを手に入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ