太るサプリメントで
健康的に太る!

太るサプリメントランキング

太りたくても太れない、そんな悩みを誰からも理解されない。。。

そんな痩せてしまう体質の方のためだけに作られた「太るサプリメント」があります。

でも太るサプリメントでも実は種類があります。
そこで効率的に太ることができるサプリメントを厳選して3つ選びましたので、
ランキング形式でご紹介していきます。

第1位:ファティーボ



堂々の太るサプリメントでランキング1位は、「ファティーボ」です。

なぜ、さまざまな太るサプリメントの中でファティーボがランキング1位なのでしょうか。

それは痩せてしまう根拠が「世界的権威のある学術誌に掲載」されているからです。

太りたいのに太れないのは体質のせいにしがちですが、その原因は腸内細菌の中の「痩せ菌」にあることが、ハーバード大学医学部の研究によって明らかにされました。
太りたいのに太れないのは腸内に住み着いている痩せ菌がせっかく食べた食事の栄養をブロックしてしまい、吸収を阻害してしまっているからです。

太りたいのに太れない体質の方は、この痩せ菌が腸内で繁殖していることがほとんどなのです。

そこで、ファティーボはこの痩せ菌に注目し、痩せ菌ブロック酵素を配合しています。
厳選した5種類の酵素に、さらに酵素の力を高めるために補酵素にまで注目した、今までにはない、太るサプリメントなのです。

さらに酵素がより活性化して力を最大限に発揮させるために、体質をしっかりと改善する、太るための環境を整える成分を厳選して配合しているところも、ファティーボのすごいところなのです。

こういった成分に加え、太りたいのに太れない体質の方特有の悩みである、不健康そう、貧相といった見た目コンプレックスを改善する、元気成分もしっかりと配合しているので、ファティーボは堂々の太るサプリメント第1位なのです。

そして成分だけでも、ファティーボはランキング1位の実力なのですが、それだけではないのがファティーボのすごいところです。

なんと一般的な太るためのサプリメントの相場は6000円~8000円でしっかりとコンプレックスを解消したいけど、財布には厳しいという事情がありました。
そんな金銭的な問題にもしっかりと答えてくれたのがファティーボなのです。

しっかりとふっくら体型になれるようにとってもお得なコースを準備しており、最もお得なコースでは定価のなんと半額で購入することができるのです。

こういった高品質なのはもちろん、価格の面でも本当に太りたいのに太れない体質の方のことを考えて、寄り添っているからこそ、ファティーボは、ランキング1位なのです。

どのサプリメントか迷ったら、まずはこのファティーボをとりあえず全額返金保証つきなので試すのが絶対おすすめです。


>>太るサプリNo.1 ファティーボの公式サイトはこちら<<

第2位 プルエル



太るサプリメントでランキング2位なのが「プルエル」です。

その理由は「漢方」と「酵素」が配合されているところです。

もともと痩せ体質というのは、東洋医学では虚弱体質と呼ばれる体質であるので、エネルギーがどんどん抜けていく状態のことを指します。

そのため、どれだけ食べても太ることができません。

その虚弱体質を改善する漢方が配合されています。

さらに痩せ体質の方はたいてい胃腸機能が低下しているので、エネルギーを十分に吸収できません。
したがって酵素の力を借りることによって、胃腸の機能を改善して、エネルギーをしっかりと吸収することを可能にしてくれます。

さらにプルエルはこれだけではなく、さらに太るために必要な栄養素、アミノ酸、酵母亜鉛、そしてGABAが配合されています。
プルエルに含まれるアミノ酸は太るために必要なエネルギーを作り出すものであり、痩せすぎている方はこの必須アミノ酸が吸収できていません。

プルエルは必須アミノ酸を配合することで、効率的に太ることを可能にしています。

また、酵素がしっかりと働くためにはミネラルである補酵素(酵素の働きを助ける栄養)が欠かせません。その補酵素として酵母亜鉛を配合しています。

酵素がより効率的に働くことで、プルエルは効率的に太ることができます。

そしてGABAは、リラックス効果があります。太りたくても太れない体質の方は過度なストレスを抱えている方がほとんどです。したがって、ストレスを解消することで、痩せすぎの体質を改善することができます。

こういった有効成分が効率的に配合されていることが、プルエルがランキング2位の理由なのです。
ただ、ランキング1位のファティーボと比較すると、少しお値段も高いので2位なのです。


>>太るサプリ:プルエルの公式サイトはこちら<<

第3位 ウェイトナチュラ+



人気第3位の太るサプリメント、それが「ウェイトナチュラ+」です。

独自の成分が配合されていなかったり、ハーブが配合されていないので、第3位ですが、それでも太るために必要な栄養はもちろん、しっかりと太るために体質を改善してくれる漢方や酵素、そしてビタミンをしっかりと配合しています。

和漢として、人参・陣皮・生姜を配合しています。

消化酵素としては、プロテアーゼ・マルターゼ・アミラーゼ・ラクターぜ・セルラーゼ・リパーゼ・スクラーゼの7種類も配合されています。

また、しっかりとビタミン類である、ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸Ca・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンA・ 葉酸・ビタミンD・ビタミンB12も摂取することができます。

太りたくても太れない体質の方は、いっぱい食べても太れません。
その理由は、食べ過ぎると消化酵素が大量に必要となり、それをつくることに体がエネルギーをつかい過ぎることとなり、 代謝などに使いエネルギー不足や、消化不良が起きて、栄養を吸収できないという状態を招いてしまうからといわれています。

そういった効率の悪いことをおこさないように防ぎ、理想的にふっくら体型を目指せるのが、ウェイトナチュラのすごいところです。


>>ウェイトナチュラ+の公式サイトはこちら<<

ダイエットサプリメントと比較すると、やはり太るためのサプリメントというのは、数は少ないです。
ですが、その中でもより健康に効果的に太ることができるサプリメントを厳選して紹介しました。

痩せすぎていると、拒食症と思われてしまったり、精神的に疲れている人?お金に困ってそう、などマイナスなイメージのことを言われて傷つくことも多いと思います。

でも一番気にして困っているのはあなた自身です。

ぜひ、そんな太りたくても太れない、痩せすぎ体質を改善するためにも、紹介した太るためのサプリメントをぜひ活用してくださいね。

太りたいけど、太れないその原因とは?

世間では痩せているほうがキレイというイメージが強いですが、その一方で食べても食べても太れないという悩みを持つ方もいます。
そんななかなか周囲に理解されない、太りたくても太れない方のためのサイトです。
どうして太りたいのに太れないのか、その原因を詳しくご紹介します。

太れない原因には主に大きくわけて5つの原因があります。
その原因についてそれぞれ見ていきましょう。

1. 栄養の偏り

圧倒的に太れない原因で多いのが、栄養の偏りと言われています。
現代人は、食に困らない一方で、隠れ栄養失調という状態に陥っている人が特に女性で急増しています。
痩せている方でも、栄養失調と自覚している方はほとんどいないはずです。
隠れ栄養失調の方は、自分はちゃんと食べていると思い込んでおり、食事内容を聞いてみると、え!それがご飯という方が結構、いらっしゃいます。
どうしても働いていると、外食やコンビニ、ファストフードという食事内容が増えている方も多いかと思います。
どうしても外食やコンビニなどで栄養のバランスをしっかりと整えようと思っても、
ついつい自分の好きなものを選んでしまうので、栄養は偏ります。
それが毎日になると、毎日同じようなものばかり食べてしまい、その結果、栄養が極度に偏って「隠れ栄養失調」に陥ってしまいます。
そのため、太りたくても栄養が足りず、太れないという状態を招いてしまいます。
また、中には食事の代わりにサプリメントで食事を済ませてしまっている方も多く、
そのため太れないという人もいます。
サプリメントは食事で足りない栄養をあくまでも補うものであって、主食にはなりえません。そういった食事の偏りが太れない原因を作っています。

2. 病気

太れない原因の2つ目としてあげるのが、「病気」です。特に腫瘍、代表的なものとしては「がん」によって太ることができないことがあります。
腫瘍という病気は、体内で細胞分裂が異常におきることによっておきます。
細胞分裂にはエネルギーが必要ですから、食事で摂取したカロリーを使って、どんどん大きくなります。
腫瘍が大きくなることにエネルギーが消費されてしまうため、他の体を動かすことや臓器が機能するために必要なカロリーが不足してしまいます。
その結果、痩せて太れない状態になります。
がんなどの病気である場合は、極度に体重が減少していきます。また腫瘍が大きくなることで他の臓器にも影響がでて、体調が悪くなることがほとんどですので、何か体調に不安を感じて、しかも体重がどんどん痩せていく場合は、すぐに病院を受診した方がいいでしょう。
太れない原因が病気という場合は、適切な治療を受けることで、もとの健康的な体になり、健康的に太ることができます。

3. 歯や歯並びの問題

太れない原因で見落とされがちなのが「歯」や「歯並び」の問題です。
歯が悪くて、入れ歯の方はカロリーが高い肉類などを積極的に食べることができないので、徐々に体重が減少していきます。
歯が痛い虫歯や歯周病も歯が痛いので食べるのが嫌になり、必要な食事を摂取することができません。
また歯並びが悪いと、見た目も悪いのですが、口から食事をする困難になることがあります。
特に下あごがでている、いわゆる「しゃくれ」という歯並びの方は、重症の場合、上の歯と下の歯があたっていないので、鳥のように丸飲みでしか食事をすることができません。
そのため、食べるのが困難なため、食事量もきれいな歯並びの人と比べると減り、太れなくなる原因となります。
口から食事をして歯でしっかりと噛めることで、人は、はじめて栄養を摂取できます。
口から食事をしなくても、点滴からカロリーを摂取することは可能です。ですがそれでは決して太ることができません。入院中に点滴で栄養を与えますが、なるべく口で食べることで栄養を取らせようとするのは、口からの食事がエネルギー確保につながり、早期治癒につながるからです。
ですので、歯並びが悪かったり、歯が悪いと、食事をちゃんと食べることができないので太れないのです。

4. 過度なストレス

現代人はうつ病の発症率が高く、自殺率も減少している傾向があるものの、未だ
20~30代の死因第1位は自殺です。それくらい過度なストレスを抱えている方が非常に多いですが、そんな過度のストレスによって太りたくても太れない方が多いです。
ストレスによって胃の調子が悪くなって、胃酸が過度に分泌されて胃潰瘍を発症したり、
「過敏性腸症候群」を発症して下痢が多くなってしまったりします。
過度なストレスは、食事を消化し、エネルギーに変える、消化器系に症状がでることがほとんどであるため、過度なストレスを抱えている方は、ストレスによって消化器系に負荷がかかるため、太れません。
また拒食症も太れない原因の1つですが、この拒食症も過度なストレスによって発症します。
ストレスは職場の人間関係、嫁姑問題、夫婦間のトラブル、友人関係、子育て、など様々なことによって引き起こされます。
なかなかストレスを解消することは難しく、ストレスが原因で太れない方も一定数いることも事実です。
ただ、ストレスを軽減させることは難しくても、身体からアプローチして、栄養のバランスを整えていくことで、身体へかかるストレスを軽減することによって、心のストレスが軽減し、太れない方も太れるようになることができます。
ですので、ストレスが原因で太れない方も普段の食事を意識することがとても重要になってきます。

5. 遺伝

遺伝もまた太れない原因の1つにあげられます。
親が痩せているので自分もなかなか太れないという方がいます。
もともと胃が小さい、基礎代謝が高いといった身体的な特徴を遺伝によって引き継いでしまうことで、太れないことがあります。
ただ、遺伝的な影響は30%程度であり、残りの70%は環境的な要素が大きいです。
したがって栄養面を改善していくことで、もともと体質的に太りにくいものの、太れることができます。
ですので、栄養のバランスをサプリメントなどで補うことによって遺伝の影響で太りにくい方も太ることは可能ということです。

様々な原因はあるが食事が1番大切

太れない原因を上げてきましたが、どれもたどり着く先は、それらの原因によって
栄養がしっかりと摂取できないので、太れないということです。
したがって、体がしっかりと栄養を吸収できるようになることで、太ることはできます。
ふっくらした理想的な体になるためにも、自分がどの原因で太れないかを知り、その上で、
バランスのとれた食事をして、栄養を体に蓄えることが大切です。
ただ、なかなか仕事や家事、育児の関係で自分の食事バランスを改善するのが難しいという方は、サプリメントの力を頼って、バランスを整えるのもおすすめです。

健康的に太るには運動も大切

太れない人が太れないためには、どうしても栄養が足りないということばかりに注目してしまいがちですが、実は健康的に太るには運動が欠かせません。
その理由と健康的に太るために必要な運動と栄養摂取のポイントをご紹介します。

健康的に太るためには運動が必要な理由

太りたいのだから、運動しなくてもいいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、
健康的に太るためには運動は欠かせません。
といのも、生命活動を維持していくうえで、筋肉が動かないと、歩くこともできませんし、
呼吸もしづらくなってしまいます。
かといって、むやみに運動をしてエネルギーを過剰に消費してしまうと、痩せてしまいます。
ボディビルダーは筋肉ムキムキですが、決して痩せているわけではありません。
むしろ体重だけ見れば80㎏近く体重がある方もいらっしゃいます。
ですが決して太っているわけではありません。
ボディビルダーは極端な例ですが、体を構成している筋肉が体重を占めています。
したがって、健康的に太るということは、筋肉をいかに増やすかということなのです。
だから健康的に太るには運動が欠かせないのです。
健康的に太る運動で代表的なものが「無酸素運動」です。
無酸素運動とは筋トレや100m走などがあります。
逆にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させてしまうので、ダイエットには向いていますが、太るには運動には向いていません。
太るためには、筋力をアップさせて、筋肉を増やすことが重要です。

太るためにはどんな筋トレをすればいい?

健康的に太るには運動が欠かせませんが、特に無酸素運動、筋トレがおすすめです。
では具体的にどんな筋トレをすればいいのでしょうか。
太るために筋トレをするのであれば、まずは大きな筋肉を動かして鍛えることが大切です。大きな筋肉を優先的に鍛えれば、全身の筋肉もそれに伴って鍛えることができ、理想的に体重が増えます。
ただ脂肪が増えて太るのではないので、健康的に太ることができます。
大きな筋肉として代表的な場所は「胸、背中、お腹、脚」です。
胸を鍛えるのであれば、腕たて伏せの筋トレがおすすめです。
背中であれば懸垂、背筋を行いましょう。
お腹であれば腹筋をしましょう。脚の筋肉を鍛えるには、スクワットなどを行いましょう。

このような筋トレを行うことで、体の大きな筋肉が鍛えられて、理想的に体重を増やすことができます。

理想的に体重増やすための運動の頻度

理想的に体重を増やして太るためには運動は欠かせませんが、やり過ぎると、カロリーを過度に消費してしまいます。ですから太るためには適切な運動の頻度というものがあります。

筋肉は強い負荷をかけることで傷つき、衰えた筋肉細胞が休息によって回復し、しかも負荷をかける前よりも筋力が強くなるという性質をもちます。
この現象を超回復といいます。
そのためトレーニングをすることで、筋肉が鍛えられ、増大して、体重を増やし、理想的に太ることができます。
ですがこの超回復をおこすためには条件があります。
それが「十分な栄養と休息」ということです。これが理想的に体重を増やすための運動の頻度に大きく関係します。
もし、毎日、過度な筋トレをしてしまうと、筋肉の回復が追いつかないため、逆に筋肉量が減って体重も減って太ることができません。
さらに栄養が不足していると、筋肉が回復するために必要なエネルギーが足りないので、筋肉が回復することができません。
したがって筋肉をしっかりと回復させて、より太くて大きな筋肉にするためにも、2~3日の休息が必要です。
ですので太るための運動の頻度としては、2~3日に1度です。
健康的に太るためには毎日、運動する必要がないのがダイエットとは違いますので注意しましょう。

太るための運動と栄養について

太るための運動をご紹介しましたが、より筋肉を増やして太るために効率的な栄養摂取のタイミングがあります。
それは「トレーニング直後」と、「寝る前」になります。
まず。トレーニング直後にはしっかりと太るために、
筋肉の材料となるタンパク質、エネルギー源である糖質を摂取することを心がけましょう。
トレーニング後2時間程度が筋タンパク質の合成が活発になる時間帯となりますので、
トレーニング直後は、太るためのゴールデンタイムともいえます。
ただし、たんぱく質が消化され、アミノ酸になり、筋肉の材料になるには時間がかかりますので、トレーニング直後1時間以内に食事をするのがおすすめです
トレーニング直後1時間の間にできるだけ多くのたんぱく質を食べるように心がけましょう。できればいつも夕食を食べる1時間前からしっかりと太るための運動をするのがおすすめです。
さらに糖質をたんぱく質と一緒に摂取することで筋肉を作る働きが高まり、よりしっかりとした筋肉がついて、理想的に体重を増やすことができます。
トレーニング直後は太るためのゴールデンタイムとも言えますから、このタイミングでしっかりと栄養を補給して理想的に太りましょう。
そしてもう1つ、太るためのゴールデンタイムがあります。
それは寝る前です。寝ているときは筋肉の合成が活発化されます。
これは寝ているときに筋肉合成を促す成長ホルモンが分泌されるからです。
寝る前にタンパク質を摂取することで睡眠中のアミノ酸不足が解消され、効率的に筋力を増やすことができ、理想的に太ることができます。
成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、理想的に太ることができますので、しっかりと眠ることも太ることには欠かせないので、太りたいという方は睡眠不足にも注意しましょう。
ただ、なかなか寝る前にタンパク質を摂取するのが難しいという方はサプリメントなどを活用すると、効率的にアミノ酸を補給できるのでおすすめです。

太るためには運動も大切なんて知らなかったという方も多いかと思いますが、ぜひ理想的に太るためにも、太るための運動をしましょう。

太るために必要な摂取エネルギーを増やす

ガリガリに痩せてしまって、魅力的なボディとはほど遠い、、という悩みをもつ方のために
太るために必要な、摂取エネルギーについて、また太るために必要な摂取エネルギーを増やす効率的な方法をご紹介します。

摂取エネルギーとは?

摂取エネルギーとは、私たち人間が1日に生きていく上で必要なエネルギーを補うために必要なエネルギーのことです。
そもそも、私たちが生命活動をしていくうえで、必ずエネルギーが必要となります。
そのために食事が必要です。摂取エネルギーは基本的には毎日の食事から補います。
食事からカロリーを摂取して初めて、呼吸ができ、歩くことができるといった運動や、臓器の機能を確保することができます。
人は1日、ベッドの上から動かなかったとしても、生きている以上、カロリーを消費します。
それでは、人は1日にどれくらいのエネルギーが必要となるのでしょうか。
実は人それぞれ、1日に消費するエネルギーは異なります。
そのため、人によって1日に必要な摂取エネルギーも異なります。
これは人それぞれ身体活動量や基礎代謝量が異なるためです。
ちなみによく耳にする「基礎代謝量」とは安静にしている状態でも消費するエネルギーのことで、年齢や体重によって個人差があります。
太れないという方はこの基礎代謝量が同じ年代の方と比べて高い傾向があります。
車で例えると、燃費の悪い車ということです。

厚生労働省は、人が1日にどれくらいのエネルギーが必要かの基準を定めています。
2010年の食事摂取基準によれば、1日の適正摂取カロリーは以下のように求めることができます。

【基礎代謝基準値】×【標準体重】×【身体活動レベル指数】=1日の適切摂取カロリー

それぞれの指数は以下を参考にしてください。

基礎代謝基準値:男性 19~29歳 24.0kcal, 30~49歳22.3kcal, 50歳以上 21.5kcal
        女性 19~29歳 22.1kcal, 30~49歳21.7kcal, 50歳以上 20.7kcal

標準体重:標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動レベル指数

Ⅰ(低い):指数1.5  
生活の大半が座った状態で移動も少ない。デスクワーク中心であまり外出しない。

Ⅱ(普通):指数1.75
     座った状態でする仕事が中心で、立ってする作業や通勤、買い物や家事、軽い運動習慣がある。

Ⅲ(高い):指数2.0
    立った状態でする作業や移動が多い。あるいは活発な運動習慣がある。

例えば身長160㎝で25歳の事務職の女性ですと、1日の適性な摂取エネルギーは
22.1(kcal)×56.32(kg)×1.5=1867kcal
ということになります。
ちなみにこの摂取エネルギーを食事で補うとすると、朝食、昼食、夕食の3食で食べる食材としては、米250g、魚介・肉類80g、乳・乳製品200g、卵類50g、豆類75g、野菜類400g、イモ類50g、砂糖類20g、油類20g、キノコ類50g、こんにゃく100g、フルーツ類で、200g必要となります。
必要な食材の例が長くなりましたが、かなりの食事量であることがわかっていただけたのではないでしょうか。
しかもこれは運動していない女性に必要な最低限のエネルギーですので、通勤や仕事、特に営業職の方ではさらにカロリーが必要になります。運動をしている人はさらに多くの摂取エネルギーが必要ということになるのです。

太れない人は1日に必要な摂取エネルギーが足りない!

仕事で全然運動していないという方でも、1日におよそ1800kcalもの栄養が必要となります。
さらに、もともと太れないという方は基礎代謝量が高いので、これ以上のカロリーが必要となってきます。
太れないという方は、1日に必要な摂取エネルギーが足りていないことになります。
よく、運動も全然していないのに、全然太れないという方は、単純に1日に必要な摂取エネルギーが何らかの理由で足りていないことになります。
1番多い、理由はやはり、食事の量が足りていないことです。
朝、メイクなどの準備に時間を取られてしまうので、朝食を抜いてしまう現代人が圧倒的に多いですが、事務職の活動エネルギーが低い方でも、朝食ではご飯、味噌汁、漬物、牛乳、納豆といった献立の食事を食べないといけません。
朝食を食べていないので、お昼で補えればいいですが、昼食も忙しくてパン1つということが毎日続けば、摂取エネルギーが全然足りていないということは一目瞭然です。
また、1日に必要な摂取エネルギーは人が生きていく上で最低限必要なエネルギーなので、これだけ食べても太ることはできません。
理想的に太るためには1日に必要な摂取エネルギーにプラスしてエネルギーが必要となってきます。
つまり、食事を多く食べないといけなくなります。

太るためにはプラス400kcalを目指そう!

太るためには摂取エネルギーを増やして、エネルギー収支をプラスにする必要があります。
これは太るための基本的原則になります。
単純な計算式ですよね。
太れない人は、
1日に必要な摂取エネルギーが少なく、体が1日に使う消費エネルギーの方が多くなってしまっているので、エネルギー収支がマイナスになってしまっています。
ですので、太るためにはエネルギー収支をプラスにしましょう。
体重を理想的に増やすためには、今の食生活から1日あたり、約400kcalプラスして食べることが推奨されます。
1日にプラス400kcalのエネルギーを摂取することで、1か月でおよそ2~3kgの体重増加が見込めます。

そこで痩せすぎの人は、摂取カロリーが消費カロリーよりも大きくなるようにします。通常、1カ月で2~3kgほど太るには、今の食生活から1日あたり約400kcalをプラスして食べることが望ましいです。
これは400kcalに相当する脂肪量が40~50g、体重に与える影響は80~100gになるからです。
1日の摂取カロリー+400kcal=80~100gの体重増加
体重差、男女差、個人差はありますが、理論上は今よりも1日400kcal増えれば、1カ月で2~3kgずつ太ることになります。
ちなみに400㎉の食事というには、朝食の量と同じくらいになります。
食事量としては、パン1枚にバターを塗って、牛乳と、サラダも必要になります。
つまり、太るためには1日3食に加えて、朝食分の食事を1回増やす必要があります。

また、摂取エネルギーを増やすのは仕事が忙しくて難しい、少食なので難しいという方は
体が消費するエネルギーを減らせばいいのではないか?と考える方もいるかと思います。
ですがそれは現実的に太れない体質の方にとっては無理です。
というのも、400kcalというのは約1時間のランニングと同じ量です。
普段から全然、運動をしていないにも関わらず、1時間のランニングと同じ運動量を一切しないというのは不可能です。
しかも、健康面から考えても普段、運動していないのに太れないという方がさらに動かないで、消費カロリーを減らすと、将来、がんや脳梗塞、糖尿病といった病気のリスクの方が高くなってしまいます。
ですから、健康的に太るためにも、プラス400kcalの食事を増やすことがおすすめです。

少食でこれ以上食べれない!そんな人が太るためには??

プラス400kcalの食事を追加するのが太るためには必須ということはわかったけど、
現実的に食べる時間がない、少食でこれ以上食べるのは難しい、という方が大半だと思います。
そもそも太りたいのに太れない人に、さらに食事を増やせというのは現実的ではありませんよね。
ですが、多くの医師はそういった指導をするのが一般的です。
そこで、現実的に食事量を増やすことが難しいという方におすすめしたいのが
「太るサプリメント」の活用です。
太るサプリメントは栄養バランスをしっかりと整えることができ、太るために必要な摂取エネルギーを簡単に補うことが可能です。
しかもファストフードやスナック菓子で補うのとは異なり、体に必要なエネルギーをバランスよく増やすことができるので、健康的に太ることができます。
食事量を増やすのは現実的に考えて無理、でも魅力的体になりたい、そんな方はぜひ、理想的に太るために、太るサプリメントを活用しましょう。

冷たいもの食べ過ぎると太れない!

太れない人には冷たいものが好きという特徴を持った方が多いです。
実は冷たいものを食べ過ぎると太れないという事実があることをご存知でしょうか。
どうして冷たいものを食べ過ぎると太れないのか、その理由と理想的に太るために必要な方法をご紹介します。

冷たいものを食べ過ぎると太れない理由

冷たいものを食べ過ぎると太れそうなイメージがありますが、実は違います。
これは夏に痩せる人が多くなるのと大きな関係があります。
夏は暑いので冷たいものばかり食べるので、夏が終わるころには春と比べると痩せてしまっている人が多いです。
どうして、冷たいものばかり食べ過ぎると太れないかというと、それは胃腸の消化吸収に悪影響を与えてしまうからです。
食事はよく噛んでお口の中で唾液としっかりと混ざり合って、タンパク質がデンプンに分解され、胃でさらに分解されます。
そして体にしっかりと栄養が吸収されて、体内にエネルギーを蓄えることができます。
しかし、冷たいものばかりを食べていると、胃腸の温度が下がってしまいます。
人の体内はおよそ37度に保たれており、胃や腸の消化酵素は37度付近で一番活性化して、消化を促進させて、エネルギーを体内に蓄積しやすくしてくれます。
しかし冷たいものばかり食べていると、胃や腸の温度が下がってしまい、消化酵素が働きにくくなってしまいます。
当然、消化酵素がしっかりと働かないと、消化ができていないので、たくさん食べてもすべての栄養を吸収することができずに、体外へ排出してしまいます。
これが冷たいものばかり食べていると太れない原因です。
しかも冷たいものは消化するのに温かい食べ物と比べて、時間がかかるので、その分、エネルギーを消耗してしまいます。せっかくたくさん食べても、エネルギーを消耗してしまうので、冷たいものばかり食べていると、非常に効率が悪くなります。
ですので、冷たいものばかり食べていると、太れません。

冷たいものは太れないだけでなく、体にも良くない!

冷たいものばかり食べていると、太れないだけでなく、体にもよくありません。
というのも冷たい食べ物を食べると、体温が下がってしまいます。
体温が低下して、低体温になってしまうと、免疫細胞がうまく機能しなくなります。
免疫細胞は細菌やウィルスから体を守ってくれている働きがありますが、この免疫細胞も
37度付近で活性化して働きます。
そのため冷たいものばかり食べていると体温も低下して、免疫細胞がうまく働かないので、
体内に細菌やウィルスが侵入してきても、なかなか退治することができません。
太れない人は風邪もひきやすい人が多いのですが、これは冷たいものばかり食べていて、
体温が低下してしまって、免疫細胞がうまく機能していないからです。
しかも免疫細胞がうまく働かないので、風邪が長引き、食事もしっかりと摂取できないので、
太るどころか、どんどんカロリーを消費して、痩せてしまう悪循環を繰り返すようになります。
ですので、冷たいものばかり食べすぎると、太れなくなるだけでなく、健康面でも
悪影響を及ぼすのです。

太るために気をつけたほうがいいこととは?

冷たいものばかり食べてなかなか太れないという方が気をつけた方がいいことがあります。
それは冷たいものばかり食べすぎて弱ってしまった胃腸を丈夫にするということです。
胃腸を丈夫にすることで、しっかりとカロリーを吸収することができ、理想的に太ることができます。
では具体的に太るためにはどういうことに気を付ければいいのでしょうか。
まず、気をつけて欲しいのが冷たいものを控えて、温かいものを食べるようにしましょう。野菜もサラダだけでなく、温野菜などにして火を通したものをなるべく食べるようにしましょう。また食べるときによく噛んで食べましょう。
よく噛んで食べることで、冷たいものでも口の中で唾液としっかり混ざるので口の中で温められて、胃腸の負担を減らすことができます。
胃腸の負担が減るので、しっかりと食べたものを吸収できて、太るために必要なエネルギーを吸収することができます。
また生姜は体を温める効果が高いので、生姜を調味料として取り入れるのも、魅力的なボディにするためにおすすめといえます。
さらにサプリメントは胃腸に負担をかけずに吸収しやすいように工夫されているものがあるので、サプリメントを活用することで、しっかりとカロリーを体に吸収することができます。なかなかすぐに食生活を変えるのが難しいという方は、サプリメントを活用してみるのもいいでしょう。
 
なかなか太れないという方で、冷たいものが好きという方はなるべく、胃腸に負担をかけないように、冷たい食べ物を控えるようにしましょう。
どうしても冷たい食べ物を辞められないという方は、よく噛んで、食べるようにしましょう。そしてサプリメントを活用して、効率的にエネルギーを体に吸収させましょう。

生野菜を控えて太って魅力的なボディを手に入れよう!

ダイエットする人はサラダをたくさん食べて痩せますが、太りたい場合はどうすればいいのでしょうか。
実は太るためには生野菜は控えたほうがいいとされています。
かといって野菜を食べてはいけないということではありません。
理想的に太るために、どうして生野菜を控えたほうがいいのか、また理想的に太るために
どうやって野菜を食事に取り入れたらいいのか、その具体的な方法をご紹介します。

理想的に太るためには生野菜はよくない理由

ダイエットには生野菜を積極的に食べたほうがいいというのは一般的にも知られていますが、では太るためには野菜は控えたほうがいいのでしょうか。
正確にいえば、太るためには「生野菜」を控えたほうがいいといわれています。
というのも、生野菜というのは、調理されていないため、消化吸収の観点から見ると、胃腸に負担がかかり、栄養をすべて吸収できません。
一方、温野菜や加工した野菜は火を通してあるので、消化しやすく、生野菜と比べて、体内に吸収しやすくなっています。
また、生野菜というのは、冷たいので、体温を下げてしまい、胃腸に負担がかかります。
体温が低下すれば消化酵素がうまく機能しないので、栄養をしっかり吸収できません。
温野菜や加工した野菜であれば、温かいので、体温を下げることなく、しっかりと体に吸収することができます。
さらに、生野菜は火を通していないと、たくさんの水分が含まれているので、たくさんの量を食べることができません。
キャベツ100gを生のまま食べるのは大変ですが、焼いて食べるとむしろ水分が蒸発してしまうので、100gならペロっと食べることができます。
つまり熱を加えた野菜の方がたくさんの量を食べることができるので、結果的にたくさんのエネルギーを吸収することができます。
このように生野菜は消化吸収の面や食べやすさの面からみても、太るためには控えたほうがいいでしょう。

太るためには加熱した野菜がおすすめ

太るためには生野菜は控えたほうがいいのですが、全く野菜を食べないというのは健康面ではよくありません。
太ることはできるかもしれませんが、メタボリックシンドロームになってしまっては意味がありません。
野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、栄養のバランスを考えると、野菜もしっかりと太るためには必要です。
では太るためにはどのようにして野菜を食べるのが最適なのでしょうか。
それは加熱して野菜を食べることです。
加熱した野菜は消化しやすく、栄養を吸収しやすくなります。
また生のまま野菜を食べるよりも、加熱調理した野菜の方が、たくさんの量を食べることができます。
特に秋から冬にかけての野菜はカロリーも高く、太るためには最適といえます。
かぼちゃや秋茄子といった秋から冬にかけてとれる野菜は体を温めてくれる効果もあり、基本的に加熱調理して食べることが前提の野菜ばかりです。
ですから、野菜でも秋から冬にとれる野菜をたくさん食べるようにしましょう。
逆に生で食べたほうがいい野菜のほとんどは夏野菜です。
夏野菜は生で食べることで体温が下がります。夏は暑いので、体温が下がることで涼しく感じますが、太れない体質に方には胃腸に負担がかかり、カロリーがうまく吸収できなくなるのでおすすめできません。
ですので太るためには秋から冬にとれる野菜を食べ、サラダもできるでけ生で食べるのではなく、温野菜で食べるようにしましょう。

痩せやすい時期にこそたくさん野菜を食べて健康的に太ろう!

夏は1年の中でも一番痩せやすい時期です。
これは夏の暑さで体力が消耗し、食欲もなくなってしまうからです。
ダイエットにはいい時期かもしれませんが、太りたい方にとっては一番気をつけないといけない時期です。
ですので痩せやすい時期こそ、体力をつけるために野菜をたくさん食べて太るようにしましょう。
どうしても夏は食欲がなくなるので、太るために必要な肉類に豊富に含まれるタンパク質がたくさん食べることができません。
ですが、野菜と一緒に食べることで、たくさん食べることができますし、胃もたれも軽減することができます。
瘦せやすい時期だからこそ、加熱した野菜をしっかりと食べましょう。

少食でたくさん野菜が食べれない場合はどうすればいい?

太るためには加熱した野菜を食べたほうがいいというのはわかったものの、実際、忙しくて野菜を料理する時間がない、また少食なのでいくら加熱した野菜でも食べる量には限界がある、という方も多いです。
そこで、そういった少食でもともと食べるのに限界があるという方は、サプリメントを活用するのがおすすめです。
サプリメントであれば、普段の食事にプラスして摂取することで必要なエネルギーを補い、理想的なボディへと導いてくれます。
もちろん、太るためには食べることが基本です。
そのときに外食やコンビニで選ぶときは生野菜ではなく、温野菜や加熱した野菜を選び、プラスしてサプリメントで足りていない栄養を補いましょう。

3食しっかりと食べることが太るには大切

太りたくても太れないという方にお話を聞くと、3食しっかりと食べているという人がほとんどいません。
理想的に太って魅力的なボディを手に入れるためには3食しっかりと食べることはとても重要です。3食しっかりと食べることの重要性と太るために毎食取り入れて欲しい食材などを具体的にご紹介していきます。

3食食べないと総カロリーが少なくなる!

理想的に太るためには、総カロリーを増やして消費エネルギー量を引いてもプラスになるようにすることが必要となってきます。
太るために必要な摂取カロリーは個人個人異なってきますが、運動をあまりしない女性でも、1日に最低でも約2000kcal必要となってきます。
太るためには総合的にカロリーを増やす事が必要になります。
朝ご飯を抜いて2食で2000kcalを補おうとすると、1食あたり1000kcalもの食事が必要となってしまいます。そうなってしまうと、一回の食事量も増えてしまい、食べるのがとても大変ですし、胃にもかなりの負担になってしまいます。
ちなみに、食事を1回、朝食を毎日抜いてしまっていると、1か月でなんと、18000kcal も足りない計算になってしまいます。この18000kcalというのは具体的に表現すると、ご飯1杯およそ200kcalですから、90杯分も足りていないということです
こうやって具体的な量で考えると、かなりエネルギーが足りなくなってしまうというのが実感できるのではないでしょうか。
ですから、現在、朝食を食べる習慣のない人は必ず朝食を含めて3食キチンと食べるようにしましょう。

3食しっかり食べないと筋肉がどんどん減って健康的に太れない!

3食しっかり食べないと、どんどん太りにくく、不健康な体になります。
というのも1食抜いてしまうと、体重が減りますがこれは脂肪ではなく、筋肉が落ちてしまっています。
テレビのダイエット企画で、断食ダイエットによって痩せたという芸能人が大勢いますが、これはダイエットに成功していても、筋肉量が減っているので、健康的に痩せていません。
理想的に太るためにも同様のことがいえます。
1食でも食事を抜いてしまうと、人間は一番カロリーを消費する筋肉を落として、消費エネルギーを減らします。
この筋肉が減ってしまうと、次に筋肉をつけるのはとても大変になります。
理想的に太るというのはただ脂肪を増やすと思われがちですが、健康的に理想的に太るというのは脂肪も筋肉も標準体重へと導くことを意味します。
しっかりと筋肉量を増やすことで、初めて健康的に太ることができます。
痩せやすい人は実は体脂肪は標準で筋肉量が少ないという方が多いです。
特にあまり使わない、お腹の筋肉などから優先的に筋肉量が減っていきます。
脂肪は全身まんべんなくついてくれる訳ではなく、筋肉量が減少してしまうと、
全身は痩せているのに、下っ腹だけポッコリした不健康な体になってしまいます。
痩せているのに、下腹だけはポッコリしているという方は、しっかりと3食食べないことが原因の1つなのです。
ですので、3食しっかりと食べて、筋肉量を減らさないようにして理想的に太りましょう。

太るために取り入れたい食材とは?

痩せていて太れないという人がどうして太れないかというと、体質的にたくさん食べるのができないからです。
どうしてたくさん食べることができないのかというと、胃腸などが弱い、つまり、消化吸収の効率が悪いからです。
太れないという人の多くは消化吸収の機能が健康的な人よりも弱くなっています。
ですので高カロリーの食事を毎食食べるように心がけたとしても、胃腸が弱いので、全ての栄養を吸収することができず、排泄されてしまいます。
それでは意味がないですよね。
したがって太れない人が理想的に体重を増やしていくためには、消化吸収の良い食材を毎食取り入れることが大切です。
また太るためにはカロリーが高く、エネルギーに変換されやすい3大栄養素を毎食取り入れる必要があります。
3大栄養素の中でも特に消化吸収されやすい食材としては
炭水化物では、白米、トースト、そば、うどん、じゃがいもがあります。
たんぱく質で消化吸収がいい食材は、卵、豆腐、鶏肉(特にささみ)、白身魚(タラ、カレイ、鯛、スズキなど)です。
そして脂質としておすすめの食材は、オリーブ油、ごま油、青魚(サバ、イワシ)、貝類、くるみなどが挙げられます。
こういった消化吸収の良い、食材を毎食取り入れるように心がけましょう。

吸収をアップさせる食材も毎食取り入れよう!

太りたくても太れない方は胃腸の機能が低下しているので、消化吸収を助ける食材も毎食取り入れるようにすることで、効率的に栄養を体内に吸収することができます。
吸収をアップさせる食材としては以下のようなものがあります。

・ヨーグルト

腸内環境を良くして免疫力アップも期待できる働きがある、健康食材としても、今やとても有名なヨーグルトですが、健康的に太るのにとてもおすすめ食材です。
というのも腸内環境を改善することで、腸からの栄養効率がアップします。
その結果、食事から摂取できるエネルギーもアップします。
ヨーグルトはできれば食後のデザートして食べることで、ヨーグルトに配合されている乳酸菌が腸内でしっかりと働くことができます。
朝食のデザートや寝る前の夜食としてもおすすめの食材です。

・パイナップル

パイナップルにはたんぱく質分解酵素であるブロメラインというものが含まれています。そのため、肉類などの消化を促進する働きが期待でき、しっかりと栄養を摂取するのにおすすめの食材です。
特に太りたいのに太れないという方は肉類はもたれて食べられないという症状に悩まされている方が多いので、肉類を食べるときにデザートとして取り入れるのをおすすめします。

・ピーナッツバター

ピーナッツバターには消化を助けるナイアシンが多く含まれています。
ピーナッツバターの栄養素は優秀でナイアシン以外にも不飽和脂肪酸、銅、マグネシウム、ビタミンEなども含まれているので、まさに健康的に太るのにおすすめの食材といえます。

・生姜

消化吸収が悪いと栄養がしっかりと摂取できないので、健康的に太れませんが、胃腸の温度が低下するとさらに消化吸収が悪くなります。
生姜は体温を上げる効果があるので、消化吸収がアップします。
また、生姜には発汗作用、血流改善、殺菌作用、抗炎症作用もあるので風邪を引きやすい人にもおすすめです。

・大根

大根には、ジアスターゼという成分含まれているので、消化吸収を助けて栄養の摂取効率もアップします。揚げ物と一緒に大根おろしを食べるのがおすすめです。

・キャベツ

胃薬にも「キャベ」という名称が入っていますが、これはキャベツに含まれる
ビタミンUが胃の粘膜を保護してくれ、消化を助ける作用を利用しているからです。
健康的に太るには野菜の摂取も欠かせないので、キャベツをなるべく取り入れるにしましょう。

それでも太れない人はサプリメントを活用しよう!

3食食べることが健康的に太るには欠かせない理由や、太るために毎食取り入れたい食材をご紹介しましたが、どうしても仕事や家事などが忙しくて、毎食食べることができない、
意識して取り入れて欲しい食材を取り入れることができないという人は多いかと思います。
そもそもそういった健康面の意識がなかなかできないから、太りたくても太れないという方がほとんどではないでしょうか。
そういった方はまずは3食食べ、取り入れて欲しい食材を食べるように努力した後でそれでも難しいのであれば、サプリメントを活用しましょう。
サプリメントは簡単に足りない栄養を補うことができ、なおかつ栄養バランスを整えることができるので、健康的に太ることができます。
ぜひ、なかなか食生活の改善が難しいという方はサプリメントをうまく活用して、魅力的なボディを手に入れましょう。

夕食の量を増やそう!

しっかりと理想的に太るためには「夕食の量」を増やすことがポイントになります。
そこで、どうして夕食の量を増やした方がいいのか、また具体的に増やす方法をご紹介します。

朝食や昼食は増やすのが難しい

しっかりと太るためには、夕食の量を増やすのが最も効果的です。
というのも、朝食や昼食を増やしても確かに総カロリーが増えれば体重を増やすことができるのですが、実際はかなり難しいです。
まず朝食ですが、朝食を朝からたくさんお腹いっぱいになるまで食べるという人はほとんどいません。
これは朝食が、内臓が寝ている間に休んで、起きてやっと活動を始めたばかりの食事だからです。
起きたばかりの内臓にいきなりお肉などの脂っこい食事をすると、かなりのダメージが胃腸にかかります。特にギリギリまで寝ているという人は内臓がまだ完全に起きていないので、たくさん食べるのはかなり難しいです。
ですので、内臓をしっかりと動かすためには、軽めの食事をしっかりと取るのが基本になります。お味噌汁や焼き魚、漬物にご飯、これだけでも、今の日本人には多いと感じる人の方が多いでしょう。
こういった理由で朝食の量を増やすのは難しいということがわかるかと思います。

朝食は無理だけど、昼食ならできるかも、と思う方もいるのではないでしょうか。
確かに、昼食は朝食と比べれば、内臓も活動し始めていますし、たくさん食べられそうな気がします。ですが、朝食が少ないので、あまり昼食をいっきにたくさん食べると、これもまた内臓がビックリしてしまいます。
また、お昼はお昼休みの時間が限られていて、なかなか仕事が忙しいと昼食をゆっくりと食べる時間がとれないという方も多いです。さらに食べ過ぎてしまうと、食事を終えたあと、血流が胃や腸に集中して、眠くなってきます。
お昼寝できれば最高ですが、なかなかそんな会社はまだほとんどありません。
ですので、昼食を食べ過ぎてしまうと、仕事や勉強に影響がでてしまうというデメリットが生じます。ですので、昼食も腹八分目にとどめておくことが大切です。

こういった理由から昼食もたくさんたべすぎはあまりおすすめできないということがよくご理解いただけたのではないでしょうか。

だから夕食の量を増やそう

朝食も、昼食も食べ過ぎてしまうとデメリットが生じてしまい、なかなか理想的に太るためにはおすすめできないことがわかったと思います。
だから、「夕食の量」を増やして、1日の摂取エネルギーを増やし、理想的に太りましょう。
夕食はその後、夜となり、人の体は休息状態に入ります。
これはホメオスタシスといって、人の体に、昔から、遺伝的に取り組まれています。
夜行性の動物はともかく、人間が夜しっかりと寝て、朝起きて、昼に活動的に動きます。ですので夕食の量をしっかりと増やしてあげることで、その後、あまり活動しないので、夕食で摂取したエネルギーをしっかりと体内に取り込むことができます。
ですので理想的に太ることができます。
また、夕食の方が朝食や昼食と違ってしっかりと時間をとることができる人が多いです。
ただし、だからといって、夕食であまりにもたくさん脂っこいものばかり食べると胃がもたれて胃腸の負担が大きくなりますので、食材はしっかりと意識して選ぶようにしましょう。

理想的に太るために食べたい食材

理想的に太るというのは、ただ単に脂肪が増えればいいというものではありません。
筋肉と脂肪のバランスが整いながら体重が増えていくことが、理想的に太るということです。体脂肪率だけ上昇しては意味がありません。
ですので、夕食の量を肉類ばかり、自分の好きなものばかり食べていては理想的に太ることができません。
理想的に太るためには、たんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく取り入れることが大切です。
たんぱく質としてはおすすめの食材はやはり鶏肉です。筋肉の材料となる良質なたんぱく質を鶏肉はしっかりと摂取することができます。ボディビルダーの方は毎日、何キロもの鶏肉を食べているくらい、鶏肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
もちろん、ボディビルダーのように何キロも鶏肉を食べる必要はありませんが、鶏肉ならサッパリと食べられる料理もあるので、毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。
炭水化物としてはやはり日本人の基本であり「お米」がおすすめです。パスタやうどん、パンなども炭水化物として有名な食材ですが、どうしても味付けが濃くなってしまいますし、単品になりバランスのとれた食事にするにはなかなか難しいので、お米の方が理想的に太るにはおすすめです。またお米の方が消化吸収がよいので、胃腸が弱くてなかなか太れないという方にもおすすめです。
そして脂質は良質な脂質であるゴマ油や、えごま油などコレステロール値を下げてくれるような油を摂取するようにしましょう。マーガリンやサラダ油は血中のコレステロール値を上昇させて、太るには簡単かもしれませんが、不健康になってしまいます。
こういったおすすめの食材を毎日の夕食にできるだけとりいれるようにしましょう。

でもやっぱり夕食の量を増やせないときはどうすればいい?

夕食の量を増やすことで理想的に太ることがわかったけど、でもやっぱりあまりたくさんの量を食べることができない、という人がいるかと思います。
そもそも量を増やすことができれば、とっくに太ることができている、でも太れなくて困っている、という方がこちらのサイトにたどり着いていると思います。
もちろん、理想的に太るには基本はやはり食事です。
それを意識したうえで、「サプリメント」を活用してみましょう。
サプリメントだけでは必要な栄養をすべて補うことはできませんが、普段の食事にサプリメントを加えるだけで、バランスのとれた栄養を補うことができ、理想的に太ることが可能になります。
ですので、なかなか夕食の量を増やすのが難しい、たくさん食べるのが難しいという方は、最初は特にサプリメントを活用しましょう。
そして最終的に徐々に太ることができはじめてから、サプリメントをやめて、夕食の量を増やしてみましょう。

サプリメントでの太れるように体質改善

世間ではダイエット商品の宣伝ばかり、ふっくらしたバストが好きだと平然にテレビの芸能人やお笑い芸人が笑って話をしている、痩せすぎて胸元の開いた服なんてとても着れない、そんな思いをしていませんか。
そんな誰にもわかってもらえない、「太りたいのに太れない」という体質の方は、
もともと、太れない理由があります。
それは「体質」です。もともと基礎代謝が高いと、摂取エネルギーをしっかりと摂取しないと常にエネルギー不足になります。
また胃腸が体質的に弱いと、食べたものをしっかりと吸収することができないので、太ることができません。
そんな体質を改善する救世主が「サプリメント」です。
どうしてサプリメントで体質改善が可能なのか、その理由をご紹介します。

サプリメントで体質改善できる理由

サプリメントなんかで、本当に体質改善して理想的に太ることができるのでしょうか。
そういった疑問をもつ方も多いかと思います。
ではどうしてサプリメントで体質改善できるのでしょうか。
1つ目の理由としては、漢方の活用です。太れない方は東洋医学では虚弱体質といわれるタイプで、胃腸が弱く、気力がないと診断されます。
そこれ漢方の力を利用します。虚弱体質の方は体が冷えやすく、体のエネルギーが常に外へ放出されてしまっています。つまりエネルギーを吸収することもできず、どんどんバケツに穴が開いているようにエネルギーが体を動かすたびに抜けていってしまっているのです。
ですので、しっかりとエネルギーを蓄え、なおかつエネルギーをしっかりと吸収できるように体質改善していく漢方を利用します。そうすることで、胃腸の機能を改善したり、体の消費エネルギーを抑え、なるべくエネルギーを必要な分は蓄えていくように改善していきます。
そして2つ目の理由は「酵素」です。酵素が配合されている太るサプリメントがありますが、酵素が配合されていることで、胃腸の機能が正常へと近づいていきます。
太れないという体質の方のほとんどが胃腸に何らかのトラブルを抱えています。
胃がすぐ痛くなる、お腹の調子がいつも悪いといったことです。
胃腸はエネルギーをしっかりと吸収するには欠かせない大切な臓器です。
ですから、胃腸が強く健康でないと、どんなに栄養をとっても、それを吸収できないのですから意味がありません。
そういった弱った胃腸の機能を正常化してくれるのが酵素です。
酵素は食べ物を消化するのには欠かせないもので、胃であれば胃液、腸では膵液や腸液などがあります。こういった胃液などに消化酵素が含まれており、食べ物を消化してエネルギーをしっかりと吸収することができます。
しかし、胃腸が機能不全を起こしていると、この消化酵素がしっかりと作られていないので、消化がきちんとできません。
サプリメントに配合されている酵素を摂取することで、消化酵素の働きがサポートされ、消化吸収がスムーズになります。
ですので、酵素をとりいれることで、体質改善が可能になります。
そして3つ目が「栄養」です。どうしても痩せやすい、太れない体質の方は胃腸が弱いので特定の食べ物を好んで食べる傾向があります。特定のものしか食べれないと栄養は偏り、どんどん痩せてしまいます。しかもただ痩せるのではなく、筋肉がどんどん痩せていってしまうので、筋肉の機能が低下します。
すると、運動機能が低下しますが、筋力が低下すると、血流が低下してどんどん不健康のスパイラルに陥ってしまいます。栄養が偏ると、こういった血流が悪化して顔色も悪いという体質へと変化していきます。
ですので、栄養のバランスをしっかりと考えて栄養を摂取するようにしましょう。
栄養のバランスを整えることで、しっかりと筋肉もエネルギーを摂取できるので動かすことができ、血流が改善して体質が改善していきます。
とくにたんぱく質、脂質、炭水化物を基本に食事をすることで理想的に太ることができます。
サプリメントは栄養のバランスをしっかりと考えて作られているので、体質改善にはとてもおすすめなのです。

サプリメントだけでなく食事にも気をつけよう

サプリメントで体質改善をするのは、理想的に太るには本当に近道になります。
ですが、サプリメントだけでは、やはり理想的に太ることはできません。
理想的に太るにはやはり「口から食事をすること」は欠かせないからです。
これは医療の現場でも証明されている事実です。
若い方で病院のお世話になる方はいませんが、高齢者はどんどん口から食べることができなくなります。ですので、点滴から1日に必要なエネルギーをしっかりと補おうとします。
しかし点滴で摂取エネルギーはしっかりと補えているはずなのに、体重は増えるどころか、減っていくばかりなのです。
つまり、ただサプリメントで必要なエネルギーを補うというだけではやはり絶対に太ることはできないのです。
ですので、どんなに少なくてもいいのでお口から食事をとることだけはしっかりと心がけましょう。そして理想的に太るために、サプリメントの力を借りる、そういった気持ちが大切です。

太るサプリメントを選ぶ基準

サプリメントを選ぶためには大切な基準があります。
最初にも説明しましたが、いかにサプリメントに「体質改善を改善する効果」がある成分が配合されているかが、ポイントとなります。
体質改善する成分として代表的なものには和漢などの漢方、食物から摂取できる酵素、血液の循環をよくたり、細胞修復機能を高めるビタミンなどがあります。
こういった太るために必要な体質改善を助けてくれる成分をなるべく多く配合しているサプリメントを選ぶようにして、理想的に太るためにぜひ活用してください。

彼氏が一緒に食事を楽しめる

理想的に太りたい理由、特に女性がなかなか太れなくて悩んでいるのは、やはり気になる彼の評価ではないでしょうか。
理想的に太るメリットの1つである、「彼氏と一緒に食事を楽しめる」そのメリットを男性が重要視する理由を調査したのでご紹介します。

男性は本能的にふっくらした女性が好き

そもそもどうして男性はふっくらした女性が好きなのでしょうか。
これには長い人間の進化の過程が関係しています。
そんな進化まで関係するの!?なんてビックリしてしまう声も聞こえてきそうですが
実はそうなんです。
というのも、お猿さんが魅力的なメスと判断するのは「お尻」でした。しかし人間が二足歩行するようになり、お尻が見えづらくなり、人間のオスは、今度はバストに魅力を感じるようになりました。これは本能的にそうなってしまったので、男性には罪はないのです。
だから男性は大きい胸の女性が好きなんですね。
またもともと二足歩行する前はお尻に魅力を感じていたのでその名残もあって、男性はバストだけでなくヒップにも魅力を感じているというわけです。
このバストもヒップも両方とも理想的に太っていないと、痩せていてはとても貧相に見えてしまい、女性的な魅力に欠けてしまい、男性も本能的にこの女性はあまり魅力的じゃないな、と感じてしまいます。
さらに人間は子孫を残すために、しっかりと子孫を残せる女性を好む傾向があり、これは遺伝的に組み込まれています。
痩せている女性では出産、育児で体力を使いますので、生き抜いていくには、とても頼りないですよね。もちろん、今の世の中ではそんなこと関係ないのではないか?と思われるかもしれませんが、人間は長い間、狩猟民族として生きている歴史が、農耕民族になった歴史よりも長いので、その歴史を覆すにはまだまだ長い時間が必要となってきます。
歴史の授業になってしまいましたが、このような理由から、男性は本能的に今現在でも、
本能的に、ふっくらした女性が好きなのです。

一緒に食事を楽しめるかどうかは結婚の決め手にもなる!?!

ふっくらした女性が男性は本能的に好きですが、それを判断するのに体型だけでなく、
一緒に食事を楽しめるかどうかもとても重要になってきます。
人は性格がとても大切だ、生理的に受け入れられるかどうかが大切がとかいろいろな意見がありますが、確実に食事は結婚生活においてとても重要になります。
これは人間の五感と大きく関わっているからです。
人は視覚、聴覚、触覚、嗅覚、そして味覚です。食事は目でみて楽しんで、イイ臭いを共有して、そして舌で味わいます。五感のうちなんと3つの機能が関与しています。
生理的にあうかどうかは五感があうかどうか、がポイントとなります。
ですので、一緒に食事をして楽しいかどうかは、生理的に生活を一緒にできるかどうか、とても重要ということです。
そして、細い女性は食が細く、あまり食べない人が多いです。
また食べているけど、食事を楽しんでいない傾向が強いです。
そのため、男性も性格も顔も大好きなのに、楽しい食事を楽しめないので、最終的には結婚にはいたらなかったというケースも多いです。
だから美人でスタイルもいい素敵な女性なのにいまだに結婚してないという方が大勢います。逆に、あまり美人ではないけど、むしろぽっちゃりなのに結婚している!という人の方が多いです。
こういったことからも食事を楽しめそうなふっくらした女性が男性は好きということが納得できますよね。
ですので一緒に食事をしていて楽しめるためにも、理想的なふっくらした体型になることはとても大切なのです。

細い女性についてどう思うか調査してみました!

では実際に20~30代の男性に細い女性についてどう思うか、率直な意見をまとめてみました。

・最初はよかったけど(22歳男性)

最初は付き合っていて、こんなスタイルがいい女の子と付き合えてよかったと思ったけど、実際、付き合ってみると、細すぎて、なんというか夜の魅力が全然感じられなかった。
顔もかわいいんだけど、やっぱり出るところは出てもらわないと、正直しんどい。

・食事がどこにも行けない(33歳男性)

笑顔でどこでもいいよ、というけど、どこに連れていってもご飯を少ししか食べないし、自分がかえって大食いな感じがして、食事が全然楽しくなかった。
特に焼肉とか行きたいけど、彼女はどうせ食べないし、行っても同じものしか食べないので、
友人とばかり外食するようになり、彼女が浮気を疑ってきたので、別れました。
やっぱりデートは食事が中心になるから、痩せすぎは困る。

・正気、硬すぎのは無理(27歳男性)

スタイルはいいし、顔もかわいいから声を自分からかけたけど、実際、腰に手をまわしたときに、びっくりするくらい細くて、骨と皮しかねーじゃんって思った。
固すぎるのはちょっと女性としてどうかと思ったし、硬すぎるは正直、ちょっと厳しいのでそのあとは、悪いなと思ったけど、進展はなかったです。

・食べてないからイライラしている印象が強い(35歳男性)

すごく細い子とお付き合いしていましたが、いつも食事を食べれないみたいでイライラしていた。顔が細くてきれいだけど、悪くいえば、なんか優しく見えないで、冷たい印象があって、イライラしているように見えた。なので細い子もみると、イライラしているのかな?とついつい思ってしまって声をかけづらい。

・将来が想像できなかった(29歳男性)

細いってスタイルいいし、男友達にも自慢になるし、最初は結婚も意識していたんだけど、あまりにも細くて、抱きしめるたびに、普通、男って安心感を覚えるんだけど、それが全然なかった。それでなんか不安で将来が想像できなくなって、なんとなく別れてしまった。

もちろんこれがすべての男性の声というわけではありませんが、やはり結婚、将来まで考えるとなると、やはりふっくらした、魅力的なボディの女性の方が有利なように感じました。

理想的に太って魅力的なボディを手にいれよう!

細すぎて太れない、それはあなたのせいではなく、体質のせいです。
太れない方は、胃腸が弱かったり基礎代謝が高いので、食べてもエネルギーが足りなかったり、うまく吸収することができないだけです。
ですので普段の食事だけではどうしてもカロリーが不足してなかなか理想的に太るのが難しいです。
ですから、普段の食事に魅力的なボディを手にいれる近道としてサプリメントを取り入れるようにしましょう。
そうすることで、最短で魅力的なボディを手にいれることが可能になってきます。
なかなか太れない、魅力的なボディになりたい、そういった方はぜひ、一緒に理想の異性と食事を楽しめるように、サプリメントを活用して、しっかりと食べることができる体質へと改善してくださいね。

痩せている女性は安心できない!

そこまで美人ではないふっくらした女性の方からどんどん結婚が決まっていって、あの美人でスタイルのいい女性は婚期がどんどん遅れている、、、そういったことってよくありますよね。
どうしてスタイルもよくて痩せている女性は婚期が遅れているような感じがするのでしょうか。
そんなふっくらした女性がどうして男性にとって魅力的なのか、またふっくらしたした魅力的なボディを手にいれるにはどうすればいいのか、その対策をご紹介します。

瘦せている女性は安心できない

痩せている女性はどうしてふっくらした女性よりも女性的な魅力が欠けてしまうのでしょうか。その理由は、男性の心理面にあります。
男性にとって家庭は安心できる場所です。
そして安心できるというのはやはりふっくらした女性に抱きしめられることに直結します。
赤ちゃんは生まれてからお母さんのおっぱいを飲んで成長します。
赤ちゃんの時期にたくさん抱きしめられればられるほど、心身ともに安定した成長をするといわれています。
これは赤ちゃんだけでなく、子供にも言えることで、抱きしめることは、精神がリラックスし、正常な発育へとつながります。
お母さんに抱きしめられたとき、あったかい、そして「やわらかい」という感触が、安心という気持ちにダイレクトにつながるということです。
つまりふっくらしている女性は、男性は本能的に安心できると感じているのです。
だからその逆であるガリガリの痩せている女性というのは、抱きしめても、抱きしめられても安心感にかけてしまうのです。

結婚の決め手はやっぱり体型?

やはり魅力的なボディを手にいれたい、という先にあるのは、男性に魅力的に思われたいということだと思います。
ですが、ガリガリで、皮と骨しかないような体型では、男性になかなか魅力的に思ってもらえなかったりします。
スタイルがよくて顔も美心なのに、本命になれない、付き合うだけで、結婚まで進行しない、それにはやはり、ほっそりした女性の体では、男性も安心感を実感できず、結婚を意識することができない、ということが背景にあるようです。
もちろん、結婚の決め手には性格や相性などいろいろな要素がありますが、それでもやはり、体型というのも大きな要素になることは間違いないようです。

ふっくらした体型を目指すためには?

ふっくらした、理想的な体型を目指すためには健康的に太ることが欠かせません。
ですので、ほっそりした体型で、なかなか太れないという女性は、毎日の食事を意識して
理想的に太ることを目指しましょう。
太りたくても太れない女性は摂取エネルギーに対して消費エネルギーが大きいか、摂取エネルギーが極端に少ないのいずれかになります。
たいていの方は胃腸にトラブルを抱えている方が多いので、たくさん食べられなかったり、食べても腸が弱いので、下痢になってしまう、といったことによってエネルギーを十分に吸収することができません。
ですので、できるだけ、栄養効率のいい、特にエネルギーに変換されやすい3大栄養素、炭水化物、たんぱく質、脂質を摂取するようにしましょう。
炭水化物、たんぱく質でもそれぞれ消化吸収効率のいい食材を選ぶことで、効率的に太ることができます。
ただ、どうしても仕事や家事が忙しくて太れない、という方も多いです。
そこでそういった方々に活用してほしいのがサプリメントになります。
サプリメントは栄養のバランスはしっかりと整い、なおかつ、足りない栄養を簡単に補うことができます。
もちろん、サプリメントだけでは理想的に太ることは難しいですが、効率的に太るためには
食事を意識しながら、サプリメントも活用するのが1番手っ取り早いといえるでしょう。
理想的に太るための基本はやはり食事です。
ですがなかなかバランスをしっかりと考えた食事をとるのは、とっても難しいですし、それを何か月も続けていくことはとてもハードです。
ですので、手軽に続けられて、理想的に太るための近道をするためにはぜひサプリメントを活用してみましょう。
ぜひ、結婚を意識している異性がいるなら、より結婚を意識してもらえるために、ぜひサプリメントを活用してみてくださいね。

ふっくら体型の方が女性的な魅力がアップ

テレビの通信販売でもインターネット通販でもダイエット商品ばかり宣伝されていますが、実は痩せている女性=モテるという時代では最近なくなってきているそうです。
というのも、ふっくらした体型、最近ではマシュマロ女子という体型の方の方が女性的な魅力があって、モテるといわれています。
果たしてその真相はどうなのか、男性の意見もまとめたので、ぜひ自分のボディが痩せすぎていると悩んでいる方は参考にしてください。

今、マシュマロ女子が熱い!

毎年、ダイエット商品なかりが売れていて、どうしても魅力的な体型=スリムな体型という認識が強いですが、実際はふっくらした体型の方も、モテているという時代になってきています。
マシュマロ女子という言葉があるように、実は男性の約6割がふっくらした体型の女性とお付き合いした経験がある、というアンケート結果があります。
このアンケート結果からわかるように、ふっくらした体型の女性も、とても魅力的ということです。
また、過度なダイエットをしている女性が急激に増えているので、どうしても不健康に見えてしまう女性が多くなってしまっています。
そんな不健康そうな女性と一緒にいても、男性は顔色が悪いと体調が大丈夫か不安だったり、食事を楽しめない、と感じているようです。
こういった理由から、マシュマロ女子の方が一緒にいて楽しいという男性が増えているようです。

マシュマロ女子の特徴

ふっくらした体型の理想、マシュマロ女子の特徴とはどういうものでしょうか。
まず、ふっくらしていて、色白で肌がキレイという特徴があります。
どうしても無理なダイエットをすると栄養が偏ってしまうので、肌荒れがひどくなってしまいます。さらにダイエットをすると、骨と皮だけになってしまうので、骨がむきだして、肌がふっくらしていません。マシュマロ女子のお肌は、ふっくらとしていておいしそうで、肌もやわらかい、無理なダイエットをしていないので、骨もでておらず、つい触りたくなる感触の肌をしています。
そしてマシュマロ女子のなんといっても一番の特徴が、抱き心地がよさそう、という点です。
スリムな女性は抱きしめても、抱きしめられても硬いので、男性としても、女性的な魅力をあまり感じないそうです。
一方マシュマロ女子は、ふっくらしているので、抱き心地もよくて、ついつい抱きしめてしまいたくなる体型です。もちろん男性がマシュマロ女子に抱きつかれたら、そのふっくらボディにドキドキしてしまうそうです。
またマシュマロ女子はしっかりとご飯を食べるので、一緒に食事をしていても楽しく、デートもとても楽しめるそうです。
特にデートはずっと付き合っているとマンネリ化してしまい、夜景や観光スポットというのは飽きてしまいがちです。しかし、レストランやインスタグラムで話題のお食事スポットであればデートで気軽に行けるので、デートもマンネリ化せず、長続きできるカップルになれるんだそうです。
こういった特徴をもつマシュマロ女子が今、注目されていて、改めて男性側もやっぱり付き合うなら、マシュマロ女子という風に変化しているそうです。

みんなが思う、理想的なふっくら体重は?

ではみんなから愛される、マシュマロ女子になるために、理想的なふっくら体重はどれくらいなのでしょうか。
女性の身長の平均158㎝に対して理想的なふっくら体重はズバリ56~60kgくらいだそうです。BMIもいわゆる理想的な数値となり、最も健康的な体型とマッチします。
多くの女性は痩せたいので50キロ前半や40キロ代を目指してダイエットする方が多いですが、みんなが思う、理想的なふっくら体重はもっと太くてよかったということです。
なかなか太れなくて痩せ体型の女性であれば、今現在の体重から10kg増えたほうが、魅力的なボディを手にいれられるかも!という方もいるのではないでしょうか。
みんなが理想に思うふっくら体重は、健康的な標準体重ですので、健康面でも問題ないですし、何よりも女性としての魅力がアップするんですから、理想的な体重まで太りたいですよね。

愛されマシュマロ女子になるために大切なこと

では愛されマシュマロ女子になるために大切なことはなんでしょうか。
それはやっぱり「しっかりと食べること」です。
食べることは生きるうえで絶対に欠かせないことです。
だからこそ、女性としての魅力だけでなく、人間としての魅力が向上するのではないかと考えられています。よく食べる男性の方が魅力的なのも同じ理由なのです。
女性でも男性でも、やはりしっかりと食べることは人としての魅力には欠かせない大切な要素なのです。
ですから、毎日3食しっかりと食べて、理想的なふっくら体重になることがとても大切です。
しかし、ストレス社会に生きている私たちはその大きなストレスから胃腸に問題を抱えたり、食べる時間を確保できなかったりします。
そのため、食べたくても食べれない、ふちりたいのに太れないという方が大勢いるのもまた事実です。
そういった方たちはふっくらした体型がとても魅力的であることは既に実感している方も多いと思います。
ですから、しっかりと食べることができずに、太れないという方はいつもの食事に太るためのサプリメントを活用することがおすすめです。
もちろん、基本は口からしっかりと食べることですが、どうしても体質的な問題から、しっかりと食べることが難しい方も多いです。
そういった方は食事のバランスなどをわざわざ考えなくても、サプリメントを活用すると、手軽にバランスを整えることができるので、理想的なふっくら体重を効率的に目指すことができます。
なかなか普段、食事のバランスを意識して食べたいけど、できない、でもふっくらした体型になって魅力的になりたい、そんな方はぜひ、太るためのサプリメントを活用してみてくださいね。

痩せていると性格がキツそうにみえる

なぜかいつも、「怒ってる?」と聞かれる女性っていたりします。
別に怒ってなんかないけど?と聞かれるたびに思います。
それは顔や体から性格がきつそうなに見えているからです。
顔がきつそうな顔というのは、圧倒的に細いスタイルの良い女性に多いです。
逆にふっくらした女性は逆に「優しそう」「性格良さそう」と好印象をもたれる
ことが多いです。
その理由と、性格がやさしそうに見えるような魅力的な体型になれる方法をこっそりご紹介します。

痩せすぎは性格がきつそうに見える理由

性格がきつそう、という表現を別の言い方でいうと「ツンツンしている」「とんがってる」とかいいませんか?
そう、図形で例えるなら、三角など、角がある形がイメージされます。
痩せている体型というのは、顔もよく言えばシャープでほっそりしている、といえますが、
悪くいえば、ガリガリであごがとんがっている、といわれてしまいます。
つまり、痩せている体型というのは、体がとがっているような箇所があるので、性格がきつそうに見えてしまうのです。
また、痩せすぎていると、顔もやつれて見えて、目がぎょろぎょろしてくるので、より性格がきつそうに見えてしまうということです。
それだけではありません。
痩せている方は、必要なエネルギーを摂取できていないので、自分では自覚していませんが、体は常に、空腹状態が続いています。本人は空腹を感じていないだけで、体は信号をだしています。お腹がすくと、イライラしてしまいます。
これは体内の糖分、エネルギーが足りなくなるので、脳の制御系がうまく機能しなくなってしまうからです。
お腹を空かせた子供たちが犯罪に手を染めてしまうのには、空腹が大きく関係しているといわれているのはこういった理由です。
話が少しずれましたが、痩せている女性は自分で意識していないだけで、体はエネルギーが足りていないので、標準体重の人と比較した場合、どうしてもイライラしてしまいがちな傾向があります。
もちろん、全ての人がそうではないですが、それでも痩せている女性が、性格がきつそうに見えてしまうのはそういった背景もあります。
一方、ふっくらした女性はどうでしょうか。圧倒的に痩せている女性よりも、穏やかで優しそうなイメージが強いです。
これはエネルギーがきちんと足りているので、イライラすることが少ないからだといわれています。もちろん、全ての方はそうではないですが、見た目に関してはやはり、ふっくらした女性の方が優しそうに見えます。
こういった理由から、痩せていると、性格がきつそうに見えてしまうのです。

ふっくらした女性は見た目でも有利!?!

ふっくらした女性は、実は見た目でも有利です。
人はマルという図形は角がないので、親しみを感じやすいです。したがってふっくらした女性は見た目がマルであり、角がないので、優しそうにみえます。
そして親しみを感じやすいので、多くの方から好かれやすいです。
女性でも男性でも、ふっくらした体型の方が、仕事場でも学校などでも、実は愛されキャラでみんなから好かれている、ということがよくありますが、それは、親しみを感じやすい体型だからなのです。
これだけでももちろん、見た目で有利そうですが、さらに恋愛に関して、より結婚を意識しいてお付き合いできるのも、ふっくらした体型の女性です。
これは安心感を与えることができ、一緒に生活していく上でとても大切な食をともに歩んでいけそうと感じることができるからです。
一緒に食事をしていて楽しい、というのは結婚生活においてとても重要なことです。
ですので、結婚においても、ふっくらした女性は見た目でかなり有利だということです。

性格も良さそうな魅力的な体型になるには?

性格がよさそうな、魅力的な体型になるには、しっかりと食べることが基本になります。
どうしても太りたくても太れない体質の方は胃腸が弱かったりして、食べることが十分にできなかったり、食べても下痢などを起こしやすくて、エネルギーを十分に吸収できていないことが多いです。
ですので、基本となる食事は、吸収のよい、エネルギーに変換されやすい、タンパク質、炭水化物、脂質を中心にして食べるようにしましょう。
ですが、どうしても胃腸が弱くて、なかなか太るのが難しいという方も体質的にいます。
食べれないから困っているんだ、それを誰にも理解されないので辛いという方は多いです。
そこでそういった太りたくても太れない、そういった体質の方におすすめしたいのが
「太るサプリメント」の活用です。
太るサプリメントは、足りていないエネルギーを手軽に摂取することができます。
胃腸に負担なく、必要なエネルギーをバランスよく摂取することができます。
ですので、なかなか体質的に太れないという方は、ぜひサプリメントを活用して
見た目的に有利なふっくらした魅力的なボディを手に入れましょう。

実はふっくら体型の方が、免疫力が高い!

ふっくら体型の方が抱き心地もよくて、抱かれても心地いいので、魅力的なボディ
ですが、実はふっくら体型のメリットはそれだけではありません。
ふっくら体型の方が、免疫力が高く、健康的に長生きできることがわかってきています。
そんなふっくら体型のメリット、免疫力について詳しくご紹介します。

ふっくら体型の方が、免疫力が高い理由

痩せている体型と比べて、ふっくら体型の方が、免疫力が高いことがわかってきています。
というのも、ふっくら体型の方はしっかりとエネルギーを体内に蓄えているので、風邪を引いても免疫細胞がしっかりと細菌やウィルスと戦うことができます。
一方、痩せている女性は常にエネルギーが不足している状態ですので、風邪を引いても、免疫細胞がしっかりと機能せず、細菌やウィルスとしっかりと戦うことができません。
また、ふっくら体型の方は痩せている体型の方と違って、胃腸が強い傾向が高いです。
胃腸が強いということは、腸内環境が整っており、しっかりと食べた食事をエネルギーに変換することができるということです。
腸には免疫細胞のおよそ7割が存在しているとも言われています。
したがって腸が強いということは、免疫が強いことにつながります。
一方、痩せている方は胃腸が弱いため、摂取したエネルギーをしっかりと吸収することができない傾向が強いです。
これは腸内環境が悪化していることが多く、腸内環境が悪化しているということは、免疫細胞がうまく働くことができないということです。
こういったことから、ふっくら体型の方が、魅力的なボディというだけでなく、免疫力が高く、風邪も引きにくい、お得な体型ということがわかると思います。

ふっくら体型の方が元気で長寿という事実

ふっくら体型の方が、免疫力が高いため、元気で長寿であることがわかってきています。
どうしても痩せている方は食事量もふっくら体型の方が、きちんと食べています。
しっかりと口で食べるということは、認知症予防にもつながり、また点滴で栄養を補給するよりも、多くのエネルギーを効率的に摂取することができるのです。
入院中の方で、ご飯をしっかりと食べることができないので、点滴で必要なカロリーを補っているにもかかわらず、どんどん痩せてしまうのは、口からちゃんと食べていないからです。
そのため、どんどん消化、吸収に使う臓器の機能が低下して、体が衰えていきます。
ふっくら体型の方はしっかりと口から食べているので、消化吸収に関わる全ての臓器をしっかりと使っているので、元気で長寿である傾向が強いのです。
痩せている方は食事量が少なかったり、食事を簡単なものですませてしまうので、消化吸収に使う臓器をしっかりと機能させることができないので、どんどん体の機能が衰えて、
体調を壊しやすく、ふっくら体型の方とくらべて病気になってしまいがちということです。
ですので、今はまだ、若いから何とも感じていない方も、これから年齢を重ねていくと、病気をしやすくかったりしますので、なるべくふっくら体型になれるような食生活を送るようにしましょう。

いつまでも健康で魅力的なボディでいるために大切なこと

いつまでも健康で魅力的なボディでいるために大切なこと、それはやはり「食事のバランス」です。
食事を消化、吸収するのは胃や腸です。腸は特に吸収にとても大切な臓器です。
腸の吸収を効率的にするためには、腸内環境を整えることが大切です。
腸内環境を整えるためには、食事のバランスがとても大切です。
腸内環境を整えるのにヨーグルトなどの発酵食品のみ食べていればいいと考えている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
腸内環境を良好にするためには、発酵食品だけでなく、野菜から摂取できる食物繊維はもちろん、肉や魚などのタンパク質も欠かせません。もちろん、炭水化物や油も実は欠かせない栄養源なのです。
どうしてもメディアでは炭水化物や油は過剰に摂取しすぎると、コレステロールが上昇して生活習慣病してしまうというようなアピールしてしていないので、あまり食べないほうがいいというイメージが強くなっています。
ですが本当は適度なタンパク質や炭水化物、脂質は腸内環境を良好に保つためにとても重要なのです。
ですから、健康で魅力的なボディを手にいれるためには、食事のバランスがとても大切なのです。
ですが、どうしても太りたくても太れない、痩せてしまうという方は胃腸が弱かったり、ストレスによってしっかりと食べるのが難しいケースが多いです。
そこで活用していらだきたいのが、太るためのサプリメントです。
太るためのサプリメントはたくさん摂取しなくても手軽に食後に飲むだけで、しっかりと栄養のバランスを補うことができます。
もちろん基本は食べることですが、不足しがちな栄養を補うことによって、徐々に腸内環境を良好になり、食べられるように体質が変化してきます。
ぜひなかなか太りたくても太れないという体質の方は、太るサプリメントを活用してみてくださいね。

男性は種を保存するためにもふっくら体型の方が好き!?!

ふっくら体型の方と付き合ったことがある男性はなんと6割にも上ります。
それだけふっくら体型の体はとっても魅力的ということです。
男性は実は本能的に、種を保存するために、ふっくら体型の女性の方が好きだと言われています。
そんなふっくら体型の魅力と、ふっくら体型になるための方法を詳しくご紹介していきます。

本能的に男性はふっくら女性が好き

本能的に、男性はふっくら女性が好きだといわれています。
もともと、性的な魅力というのは、種を保存するためにとても大切なことです。
ですので、種を保存できそうな女性の方が、本能的に男性は魅力的に感じます。
確かにほっそりした女性はとてもきれいですし、憧れますが、では実際、結婚率でみると、
ふっくら女性の方が早くに結婚していたりします。
それくらい本能的に男性はふっくら女性の方が好きだということです。
また、若いときはまだ肌に水分量も多く、痩せていても、カバーすることができますが、年齢を重ねるにつれて、どんどん肌の水分量も低下していくので、どんどんガリガリがひどくなって、硬い、抱き心地のあまりよくない体型になっていきます。
しかも痩せている女性は老化スピードが速いので、早くに相手を決めていればいいかもしれないですが、まだ大丈夫、と思っているうちに、どんどん老化とガリガリが悪化して、結婚できなくなってしまうかも!?しれません。
ですので、できるだけ若いうちに、今、この記事を読んでヤバい!と思った方から、早めにふっくら体型になるための生活習慣をスタートさせましょう。

ふっくら女性になるにはただ太るだけではダメ!

ふっくら女性の方が男性は本能的に好きですが、でもタダのデブとふっくら体型、いわゆるマシュマロ女子は違います。
ただ太るだけではついてほしいところに脂肪はつきませんし、健康的にもよくありません。
よく太るためにカロリーの高い、しかも脂質中心の食事を食べようとする方がいますが、それは間違いです。
ふっくら体型になるためには、もちろん脂質も大切ですが、過剰に摂取することは厳禁です。せっかくふっくらマシュマロ女子になりたいのであれば、しっかりと食事に気を付けて、バランスのいい食事を、ちゃんと3食、食べることが大切です。

理想的なふっくら体型になるには食事と運動が基本

理想的なふっくら体型になるためには「食事」と「運動」が基本になります。
まず食事ですが、炭水化物、タンパク質、そして脂質を中心に、食べるようにこころがけましょう。太りたくても太れない体質の方は野菜やミネラルはしっかりと意識して摂取しているようですが、どうしてもこの3大栄養素は不足しがちです。
タンパク質、炭水化物、脂質でも吸収のよい胃腸に負担が少ない食材をなるべく食べるようにすることで、徐々に胃腸も強くなり、少しずつ、健康的に食べる量を増やすことができます。
そして健康的に、理想的なふっくら体型になるためには「運動」も大切です。
しっかりと筋トレまでしなくても毎日、寝る前に軽いストレッチをするだけでも、違います。
体に柔軟性がでることで、凝り固まった筋肉がほぐれて、全身の血流もアップして、消化吸収に関与する臓器の機能もアップすることができます。
毎日、しっかり運動とまではいかなくても、毎日、夜寝る前にストレッチをしてみましょう。

どうしても食事が不規則になりがちなときはどうすれば?

でもどうしても仕事や家事が忙しくて、3食しっかりと食べることができない、ましてやバランスのいい食事なんてとてもじゃないけど無理、、、という方は多いです。
基本は食事のバランスを考えて食べることではありますが、それができないから、太りたくても太れない、という悩みを抱えている方がほとんどです。
そこでおすすめしたいのが「太るためのサプリメント」です。
この太るためのサプリメントのすごいところは、栄養のバランスをしっかりととりながら、健康的に太ることをサポートしてくれるところです。
普通の太る食事は脂質中心で不健康に太ってしまいますが、太るためのサプリメントは必要な栄養をしっかりととりながら、それぞれ特徴的な成分、例えば酵素や漢方を取り入れることで、健康的に太ることが可能です。
太りたくても太れない、そんな体質で悩まれている方、魅力的なボディを手にいれるための近道があります。
それは太るためのサプリメントです。ぜひ、まずは試してみてくださいね。

痩せすぎは老化を進行させる

痩せすぎて「もやし」みたい、拒食症なの?と勘違いされていつも困っているという方は多いかと思います。
それでも今は特に困っていないので、特に対策していないという痩せすぎ体質の方はいませんか。
そのまま放置すると、どんどん老化のスピードが速くなるかもしれません。
遅ければ遅いほど、のちのち後悔する可能性が非常に高いです。
あのとき、健康的に太る努力をしておけばよかったと後悔しないために、
痩せている、痩せすぎのリスクについてご紹介します。

痩せていると細胞の代謝が悪くなる

痩せていると、どうして老化のスピードが早くなってしまうのでしょうか。
それはエネルギー不足によって、細胞の修復機能低下が引き起こされてしまうからです。
瘦せすぎの体質の方は一般的な体重の方とは違って、消費カロリーが多く、そのため一般的な人と同じ生活をしていても、どんどん痩せてしまうのです。
消費カロリーが大きいということは、細胞はどんどんエネルギーを使って、体を機能させています。
若いときはまだエネルギーが不足してもある程度の体力があるので問題なく、痩せているだけですみますが、これが年齢を重ねていくと、体力がどんどんなくなり、風邪を引きやすくなったり、体調が悪化して、老化のスピードが早くなっていきます。
その結果、かつては代謝がよかったのに、エネルギーが足りないので、細胞は今度は逆に代謝が悪くなって、老化がどんどん進んで、シミやシワが増えたりしてしまいます。
体質改善をしておかないと、あとあと、体質改善をしようとしても、なかなか改善するのが難しくなってきます。
ですから、早めに痩せすぎ体質の方は、健康的に太る生活習慣をスタートしないといけません。

痩せすぎはお肌のハリがなくなってシワが増える!?!

痩せすぎの体質は健康面でもよくないことはなんとなくわかっている方も多いですが、それに加えて美容面でもデメリットが多いです。
一見、ほっそりしていて、スリムなので、スタイルもいいし、とても美心に見えます。でも実際は、顔がやつれてしまい、顔に必要な脂肪までもなくなってしまうので、お肌のハリがなくなってしまいます。お肌にハリがなくなってしまうと、当然シワも増えてしまいます。
シワが増えてしまうと、いっきに老け込んでしまいます。
まだ20代なのに30代、30代なのに40代にみえてしまう、そういった方は、若いときに痩せすぎの体質を改善しなかったために、老化のスピードが早く、顔もいっきにふけこんでしまうのです。
シワの改善の美容液がたくさん販売されています。なかにはとても高額な商品も販売されています。
ですがそんな高額な美容液を購入する前にできることがあります。
それが健康的に太るということです。
今、シワが気になっていて、なかなか太れない、という方は今すぐに健康的に太るための対策をしましょう。

いつまでも若々しくキレイでいるためにふっくら体型を目指そう!

50代になってもいつまでも若々しい美しさをキープしている方がいます。
そういった方のほとんどが標準体重をキープして健康的な体重を維持しています。
ですので瘦せすぎ体質の方は、いつまでも若々しくキレイでいるために、ふっくら体型を目指すことで、美しさをキープすることができます。
ふっくら体型を目指すために筋トレとプロテインをたくさん飲む方がいますが、筋トレとプロテインは個人の努力がとても重要になってきて、結局継続できないという方が多いです。
一人で筋トレして、あまりおいしくないプロテインを継続することは、とても大変です。
ですので、できるのであれば筋トレとプロテインで健康的に太る努力をしてもらってもいいですが、継続が厳しいという方におすすめの健康的に太る方法があります。
それは「太るためのサプリメント」です。
太るために大切なことはやはり、栄養のバランスです。
ですが、太りたくても太れないという方は栄養が極端に偏っていることが多いです。
例えばファーストフードしか食べないのであれば、脂質ばかり取っているので、他のミネラルやビタミンが不足して、健康的に太ることができず、体重は増えないのに、お腹ばかりポッコリしてしまう、という方が多いです。
逆に野菜しか食べることができないという方も、エネルギーとなる炭水化物やタンパク質を摂取できていないので、体の臓器がしっかりと機能できません。
そういった栄養のバランスを整えてくれるのが「太るためのサプリメント」です。
太るためのサプリメントは、普段の食事にサプリメントを加えるだけなので、とってもお手軽でだれでも続けることができます。
プロテインのように粉でたくさん飲む必要もなく、過度な筋トレも必要ありません。
こういった理由から簡単に、しかも健康的に太ることができる「太るためのサプリメント」が人気なのです。
一人でいつまでも悩みをかかえないでください。
体質は早ければ早いほど改善が早く、健康的に太ることができます。
ぜひ健康的に太るために早めに生活習慣を改善し、それが難しいようであれば、太るためのサプリメントを活用してくださいね。

ふっくら体型の方が妊娠、出産に有利

今、妊活でお休みをとる女性が少しずつ増えていたり、妊活がとても注目されていますよね。
そんな女性なら考えないことはない、妊娠ですが、ふっくら体型の女性の方が、妊娠、出産に関して、とても有利なことがわかっています。
その理由と将来、自分が妊娠、出産を考えたときに、できるだけスムーズになるために、
知っておいて欲しいことをご紹介します。

過度なダイエットは将来の妊娠、出産に大きな影響を与える

若いときに過度なダイエットをして、結婚して、いざ妊娠しようとしたときに、なかなか妊娠できない、ということがあります。
今、なかなか子供ができなくて、不妊で悩んでいる女性がたくさんいます。
しかも不妊治療には高額な治療費がかかることも話題となっています。
若いときにあまりにも痩せていると、体は常に栄養が足りません。
そのため、血流が悪化して、その結果、月経不順を引き起こしてしまったり、毎月生理痛がひどかったりといった女性特有の不調がでてしまうことがあります。
さらに、太れない体質の方はストレスを抱えていることが多く、このストレスもまた、ホルモン分泌に悪影響を与え、女性ホルモンの分泌が悪くなって、排卵しにくくなってしまったりという影響がでることがあります。
なかなか太れない体質の方は、意図せずに痩せてしまう体質ですので、仕方ないのかもしれません。ただ将来、結婚して、妊娠して、子供に囲まれてという、ごく一般的な家庭を築いていきたいと思っているのであれば、太れない体質の方も若いうちから、痩せてしまう体質を改善しておいた方がいいでしょう。
体質は年齢を重ねれば重ねるほど、改善するのが難しくなっていきます。
また、排卵される卵子も年齢とともに、やはり老いていきますので、妊娠しにくくなる確率がどんどん上昇してしまいます。
過度なダイエットを機に太れない体質になってしまう方も大勢いますので、過度なダイエットは絶対に将来の自分のためにもやめておきましょう。

自分のタイミングで妊娠を考えたとき、ふっくら体型でいたほうがいい

ふっくら体型は、自分のタイミングで妊娠を考えたときに、圧倒的に有利です。
あまり知られていないですが、妊娠が成立するには、体が妊娠しても、子供がしっかりと成長していくと判断したということです。
つまり、痩せていると、妊娠中に必要なエネルギーを胎児に与えることができませんので、
妊娠には適していない、妊娠する時期ではないと体が判断してしまう可能性があります。
不妊治療が必要な方は痩せている体型の方の方が多いです。
これは摂取エネルギーが少ないために、ホルモン分泌にも正常でなかったり、生殖に必要な臓器がエネルギー不足でしっかりと機能していないことが要因として考えられます。
一方、ふっくら体型の方はしっかりとエネルギーを蓄えているので、ホルモン分泌も正常で、しっかりと生殖器が機能するので、妊娠が成立しやすくなります。
特に痩せている体型の方は偏食気味の方が多いです。女性は生理によって鉄分がどうしても不足しがちです。鉄分が不足することによって、子宮の酸素供給が低下してしまいますので、妊娠も成立しにくくなってしまいます。貧血は妊娠中も注意が必要ですが、実は妊娠前から予防することが体質です。
ふっくら体型の方は栄養面ではしっかりと妊娠前から対策されている体なので、自分が妊娠したいというタイミングで妊娠しやすいのです。
将来、自分タイミングで妊娠したいと考えているのであれば、はやめにふっくら体型をめざしましょう。

ふっくら体型になって将来、妊娠しやすい体にしておこう

ふっくら体型になって、妊娠しやすい体を目指したい!という女性はまず、食事をしっかりと見直しましょう。
太りたいのに太れない体質の方は偏食気味の方が多いです。自分は食べているのに、太れないという、偏食に自覚がない人がいます。まずは自分の食事を毎日3食しっかりと何を食べたかメモをして、友人や家族に評価してもらいましょう。他人に評価してもらうことで、自分が偏食かどうかを客観的に判断することができます。
食事内容を見直したら、次は食事の栄養バランスがとれているかをしっかりとチェックしましょう。ご飯などの炭水化物はしっかりとたべているか、主菜には魚やお肉などのタンパク質を食べているか、野菜や果物などから食物繊維やビタミン、ミネラルをしっかりと摂取できているか、きちんと見直しましょう。また、調理のときにごま油などのコレステロールを下げる効果のある脂質を取り入れることも食事のバランスの上ではとても大切なことです。太れない体質の方は栄養のバランスが悪く極端に1種類、炭水化物なら炭水化物のみという食事をしていることが多いです。ですので、バランスよく食べましょう。
胃腸が弱くてたくさん食べるのが難しいという方もいるので、煮込んだりして、消化をよくするように熱をしっかりと加えて調理するのがおすすめです。
こういった食事面を少し気をつけるだけで、健康的にふっくら体型になることができます。

でも、どうしても太れなくて不安、どうすれば?

食事には気を使っているし、たくさん食べている、でもやっぱり太ることができない、
そういった人はやはり、もともと遺伝的に太れない体質であることが多いです。
また胃腸がとても弱いので食べてもうまく消化できない、という方もいます。
そこでそういったどうしても太れなくて将来、不安という方におすすめしたいのが太るためのサプリメントです。
太るためのサプリメントは、酵素や漢方などの体質を改善してくれる成分を配合しているのはもちろん、胃腸の働きもしっかりとサポートしてくれる成分も配合されています。
また不足しがちな栄養を補うために、栄養をバランスよく摂取できるように、工夫されて栄養がバランスよく配合されています。
どうしてもバランスのとれた食事をしたいけれど、面倒、外食が多いから難しいという方は多いです。それはやはり仕事など、日々に追われていたら仕方がないことです。
忙しい方でも手軽に栄養バランスを整えるために、太るためのサプリメントは開発されています。手軽に栄養をサポートすることができます。
毎日の食事にサプリメントなら簡単に取り入れることができます。
ぜひ、太りたくても太れない、将来、結婚、妊娠を考えると不安という方は太るためのサプリメントを活用して、将来への不安を少しでも解消してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ