ミノキシジルなどのAGA治療薬は副作用が危険!
安全な天然成分の育毛剤なら安心して使える!

AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

薄毛で悩んでいる多くの男性の原因がAGA(男性型脱毛症)と言われる症状です。
AGAによって、なぜ薄毛が発症するかを知ることは、育毛・発毛を目指す上で、AGAの解決方法や対策方法を考えるのに不可欠です。

AGA(男性型脱毛症)の発症のメカニズム

AGAが発症するメカニズムは次の様に解明されています。


睾丸でテストステロンという男性ホルモンが発生する

テストステロンが頭皮にある悪玉酵素である5-αリダクターゼと結合する

テストステロン5-αリダクターゼの結合によりジヒドロテストステロンが発生する

ジヒドロテストステロンが毛母細胞に、髪の毛の生育を抑制する様に指令を出す

AGAが発症する

この様に、AGAの原因はテストステロンと5-αリダクターゼにより生じます。女性の場合には、睾丸がなく男性ホルモンであるテストステロンが非常に少量なので、AGAは男性のみだけに生じることになります。

男性ホルモンであるテストステロンは、男性ならば必ず一定量持っているものですから、AGAにおいて特に問題とはなりません。

問題となるのは、悪玉酵素の5-αリダクターゼです。この5-αリダクターゼとテストステロンの結合のしやすさがAGAを発症するかどうかを決めるのです。

つまり、テストステロンと5-αリダクターゼが結合しやすい方は、ジヒドロテストステロンが発生しやすく、AGAを発症しやすくなります。逆に、結合しにくい方は、AGAを発症しないと言う事になります。

それでは、人によって5-αリダクターゼの働きが違うのは、なぜでしょうか?

5-αリダクターゼの働きは何が決めるのか?

・母方遺伝により強く影響を受ける

5-αリダクターゼの働きは、母方からの遺伝の影響を強く受けるという研究がドイツのボン大学で解明されています。母親は女性ですので、AGAは発症しませんから、母親の父親が薄毛の場合に、AGAが発症しやすいと言う事になります。つまり、隔世遺伝となります。

この様に、AGAの原因は突き止められていますから、その解決策も開発されています。

つまり、5-αリダクターゼの活動を抑制し、テストステロンとの結合を妨げて、ジヒドロテストステロンの発生を抑えれば良いのです。

AGAを解決する2つの方法

・5-αリダクターゼの活動を抑制する

上に解説したように5-αリダクターゼの活動を抑え、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることにより、AGAを解決することが出来ます。

その為に使われるAGA治療薬が、プロペシアと言われるものです。
しかし、プロペシアには様々な副作用があることが分かって来ました。どのような副作用が生じるかなどについては後で詳しく説明します。

5-αリダクターゼの活動を抑え、しかも副作用がないものとしては、ノコギリヤシという成分があります。これは天然成分ですので、副作用の心配がなく安心して使用することが出来ます。

ノコギリヤシを使用した副作用のない安全な育毛剤は、あとでご紹介します。

・血流を良くし毛母細胞や毛根に栄養分を充分に供給する

もう1つの薄毛の原因として、毛母細胞や毛根近くの血流が悪く、髪の毛の育成に必要な栄養分が充分に届いていないという場合があります。これは、AGAだけでなく、別の薄毛の原因ともなります。

これを改善するAGA治療薬として、ミノキシジルがあります。ミノキシジルには、患部に塗布するタイプと、直接服用するタイプがありますが、その双方についても、様々な副作用が報告されています。

この場合でも、天然成分でミノキシジルと同じように血流を良くする天然成分を含んだ育毛剤がありますので、あとでご紹介します。

AGA治療薬の副作用には注意!

この様に、AGAや一般的な薄毛の原因は解明されているのですが、その治療に使われるAGA治療薬には、様々な副作用があることが指摘されています。しかも、その副作用は時に重篤な場合があり、命に関わるケースも報告されています。

AGAや薄毛で病院で治療を受けておられるかたは、病院で処方されているからと言ってAGA治療薬を使っていると、思わぬ副作用に苦しむことになる場合があります。
また、自分でドラッグストアなどでAGA治療薬や育毛剤・発毛剤を購入して使われたり、あるいは、個人輸入で海外から購入して、使用している方などは、特に注意が必要です。

このサイトでは、ミノキシジルやプロペシアの副作用について、詳しく解説していますので、そのような症状が出た場合には、すぐに使用を止めることをお勧めします。

AGA以外の薄毛(ハゲ)の原因

薄毛(ハゲ)の原因はAGAが全てではありません。しかも、薄毛(ハゲ)で悩んでいる方は、年々若年齢化している傾向があります。実際に20代であっても、薄毛で悩んでいる男性は少なくないのです。

ここでは、薄毛(ハゲ)で悩んでいる方の実態と、AGA以外の薄毛(ハゲ)の原因について解説します。

若年齢化している薄毛(ハゲ)

まずは、下の円グラフをご覧下さい。これは、髪の毛や頭皮に悩みを持ち出した男性の年齢分布を表しているものです。


薄毛

なんと、20代と30代を合わせて54%と半数を超えているのです。薄毛(ハゲ)の悩みはもはや中高年の悩みではなくて、若い男性の悩みになっているのです。

この様な薄毛(ハゲ)の若年齢化の原因として考えられるのが

・食生活
・外的要因(ヘルメット、帽子や整髪料などの影響)
・睡眠不足
・ストレス

が挙げられます。各要因について、もう少し詳しく見てみましょう。

薄毛(ハゲ)になりやすい食生活

・脂分の多い食生活

お肉ばかりを食べたり、油で揚げたお菓子などをたくさん食べている方は、薄毛(ハゲ)になりやすいと言えます。

大量の脂分を摂取すると、脂分を皮脂腺から排出しようとする為に、皮膚(特に頭皮)の皮脂の量が増え、それを食べる雑菌が繁殖しています。雑菌が繁殖すると、皮膚が炎症を起こし、健康な髪の毛が育ちにくい頭皮環境となってしまいます。

この様に、脂分の多い食生活は、頭皮環境を悪化させ、その結果として、薄毛(ハゲ)を招くことになります。

・偏った食生活

また、脂分が少なければ良いという訳ではありません。髪の毛の成長には、たんぱく質やアミノ酸、亜鉛と言った様々な栄養分が必要です。

このような健康な髪の毛の生育に必要な栄養分をバランス良く摂取することが薄毛(ハゲ)を防ぐのには必要不可欠です。好き嫌いの多い偏った食生活は、薄毛(ハゲ)を招きやすくなります。

好き嫌いが多く、どうしてもバランスの良い栄養分を摂取出来ないのであれば、育毛サプリメントを利用するのも1つの方法でしょう。

薄毛(ハゲ)を招く外的要因

外的要因と言うと、抽象的ですが、具体的には

・ヘルメットの使用
・帽子の着用
・整髪料の利用

などのことです。

若い方はお洒落に気を使うので、整髪料を使ったり、ファッションで帽子を着用したりする機会が多い方もいらっしゃるでしょう。

整髪料は使い方を誤ると、頭皮に整髪料が付いてしまい、毛穴を詰まらせてしまいます。いくら、育毛剤や発毛剤を使ったとしても、この様に、毛穴がふさがった状態で使用しても意味がありません。整髪料は、頭皮に付かないように充分に気をつけて使用する必要があります。

また、帽子やヘルメットを着用すると、頭皮の蒸れを引き起こし、結果として、頭皮に皮脂や汗がたまります。このような状態では、頭皮で、雑菌が繁殖し、頭皮環境にトラブルを生じます。頭皮環境の悪化は、抜け毛や薄毛(ハゲ)の直接的な原因となります。

睡眠不足も薄毛(ハゲ)を招く

睡眠は身体の成長に欠かせないものですが、髪の生育にも欠かせません。実際に、人間の成長ホルモンは22時~翌2時の4時間に最も活発に分泌されると言われています。

この成長ホルモンが出ている時間帯に眠っていれば、身体が成長しやすいように、髪の毛も生えやすく、生育しやすいのですが、逆に起きていると、成長ホルモンの分泌が悪くなり、身体の成長だけでなく、髪の毛も生えにくくなります。

22時に眠ることは難しいかも知れませんが、出来れば0時前には眠るようにすると、髪の毛の生育には良いでしょう。

ストレスも薄毛(ハゲ)を招く

髪の毛の育毛には、これまでの栄養や外的な要因だけでなく、心理的な要因も重要です。心理的なストレスを感じると血管が収縮し、血流が悪くなるのです。

髪の毛は血液によって送られてきた栄養によって生育します。血流が悪くなると、髪の毛が抜けたり、細くなったりと言ったトラブルが生じ、薄毛(ハゲ)の原因となります。

先に睡眠が薄毛(ハゲ)の原因となると言いましたが、睡眠を充分にとることは、ストレスの発散にもなり、薄毛(ハゲ)の帽子には一石二鳥です。1日に出来れば6時間~7時間の睡眠がストレス発散や髪の育成に良いと言われています。5時間以下では睡眠不足となり、髪の毛に悪影響を及ぼしますが、逆に8時間以上の睡眠も眠り過ぎると、ストレス解消にならず、育毛・発毛に良くないと言われています。

AGA治療薬【プロペシア】について

最近ではテレビコマーシャルなどでAGAの治療を病院で受けることをしきりに勧めています。病院で治療を受けるとなると、AGA治療薬だけでなく、診察代も必要になってきます。

しかも、治療はずっと続ける必要があり、途中で止めてしまうと、元の状態に戻ってしまいます。

ここでは、一般的なAGA治療薬である「プロペシア」について、そのAGA治療薬の開発の経緯や、プロペシアを利用した場合にかかる費用と、その効果について解説します。

プロペシアを主成分とするAGA治療薬

実はプロペシアは薬の名前で、主成分の名前はフィナステリドと言います。
フィナステリドを主成分とするAGA治療薬には、プロペシアフィンペシアフィンカーエフペシアプロスカーなどがあります。

ただし、日本国内においてはプロペシアしか入手することが出来ず、それも、病院で処方箋をもらわないと購入することが出来ません。

他のフィナステリドを主成分とするAGA治療薬である、フィンペシア、フィンカー、エフペシア、プロスカーなどは、海外から個人輸入で購入する事が出来ます。お値段もプロペシアに比べて安価ですが、副作用の危険性などから、個人輸入で購入するのは、避けたほうが良いと思われます。

AGA治療薬プロペシア(フィナステリド)の開発経緯

プロペシア(フィナステリド)は、最初からAGA治療薬として開発されて来た訳ではなく、当初は前立腺肥大症に対する薬として開発されていました。その開発の途中で、被験者に髪の毛が生えたという「副作用」が報告され、発毛剤としての研究が行われるようになり、現在に至ります。

すなわち、当初は「発毛効果・育毛効果」は前立腺肥大症に対する薬の副作用であったのです。

詳しく調べてみると、プロペシア(フィナステリド)は、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果があることが分かり、AGAに効果が現れたということが判明しました。

しかしながら、実際問題として、フィナステリドが配合されたプロペシアを服用しても薄毛が激的に直ったという報告は、多くはありません。たとえ医薬品である発毛剤を使っても、誰もが発毛効果・育毛効果を実感出来る訳ではないのです。

AGA治療薬プロペシアを使用する際に必要な費用

プロペシアはドラッグストアなどで誰もが気軽に買うことの出来るAGA治療薬ではありません。医療機関で診察を受けて、処方箋をもらわないと購入出来ません。

病院でAGA治療をする場合にプロペシアを処方してもらい使用すると

プロペシア・・・1錠あたり約250円

かかります。

プロペシアを利用してAGAの治療をする場合には、通常1日に1錠のプロペシアを服用します。
つまり、1ヶ月で

250円×30日=7,500円

ほど、お薬代としてかかることになります。

※個人輸入などで、海外からプロペシアを入手することも出来ますが、あとで説明するように、様々な副作用の危険性がありますので、お勧め出来ません。

医療機関での初診料や再診療は、おおよそ2,000円~3,000円ほどかかりますので、プロペシアを使用した場合のAGA治療には

1ヶ月あたりで10,000円程度

毎月継続的に負担しなければなりません。

また、医療機関によっては、定期的に様々な検査が行われる場合もあり、その場合には、さらに高額になる恐れもありますので注意が必要です。

※個人輸入でプロペシアを入手した場合には、プロペシアの廉価版である、フィンペシアやエフペシア、プロスカーなどのAGA治療薬を入手することが出来ます。値段も安いものだと、プロペシアの1/10程度になるものもあります。しかし、副作用の危険性と同時に、偽薬が売られている危険性もあるので、お勧め出来ません。

プロペシアの効果

プロペシアはAGAの発症メカニズムのところで解説した5-αリダクターゼの活動を抑制する働きがあります。

しかしながら、プロペシアによって画期的な育毛効果・発毛効果を得られたという報告はほとんどありません。現状維持さえ出来ずに、さらに髪の毛が薄くなっているという報告さえあります。また、様々な副作用の報告もあります。

このことから、プロペシアの効果については、安全性の面も含めて、疑問があります。

AGA治療薬【ミノキシジル】について

もう一方のAGA治療薬である「ミノキシジル」の場合の開発過程や費用、効果はどうでしょうか?

ミノキシジルは患部に塗布するタイプの物と直接服用するものがありますが、日本国内においては塗布型の物が一般的ですので、塗布型の物について解説します。

ミノキシジルを主成分とするAGA治療薬

ミノキシジルを主成分とするAGA治療薬としては、リアップ、リアップx5、ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)、ロテニンなどがあります。

しかし、日本国内ではリアップ、リアップx5のみが手に入り、ほかの物は海外から個人輸入などで入手するしか方法がありません。

AGA治療薬ミノキシジルの開発経緯

ミノキシジルもプロペシアと同様に、最初からAGA治療薬として開発された訳ではありません。ミノキシジルの場合には、高血圧患者の為の血圧降下剤として開発されていました。従って、ミノキシジルには血管を膨張させ、血圧を効果させる効果があります。

ミノキシジルは当初、経口服用する薬として開発されており、その開発途中で、ミノキシジルを服用した被験者に髪の毛が生えてくるという「副作用」が見付かり、AGA治療薬として使われるようになりました。

この様に、ミノキシジルもプロペシアと同じように、血圧降下剤の予期せぬ副作用として「発毛効果・育毛効果」が見付かったのです。

ミノキシジルの働き

AGAやもっと一般的に薄毛(ハゲ)の原因として、頭皮の血行不良と毛母細胞の衰えが挙げられます。ミノキシジルは、血管を膨張させる働きがあるので、前者の頭皮の血行不良に関しては血行促進作用が確認されており、発毛・育毛に効果があると考えられています。

しかし、毛母細胞の衰えを回復する作用については、未知な部分があり、完全には解明されていません。従って、万人に効くAGA治療薬であるとは言いがたいと言えます。

AGA治療薬ミノキシジルを使用する際に必要な費用

国内で有名なミノキシジルを主成分とする育毛剤はリアップx5がありますが、リアップx5は、プロペシアと違い、ドラッグストアで誰でも購入することが出来ます。病院に行って処方箋をもらう必要もないので、料金はAGA治療薬だけですむことになります。

具体的に、リアップx5を使用する場合、1月あたり

リアップx5・・・約7,000円/月

程度かかります。病院での診察料が必要ない分だけ、プロペシアより安い感じです。

また、海外から個人輸入で、ミノキシジルを主成分とするAGA治療薬であるロゲインやカークランドを購入することも出来ます。ただし、ロゲインの場合は、リアップと値段はほぼ同じです。カークランドの場合は少々安く手に入り、1月あたり3,000円~4,000円となります。

さらに、ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)と言われるAGA治療薬も存在します。これは、リアップなどの塗布型ではなくて、経口服用するAGA治療薬です。
ミノキシジルタブレット(ミノタブ)のお値段は100錠で、3,000円~4,000円程度で購入することが出来ます。ただし、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は副作用がとても強く現れるので、お勧め出来ません。もし、使用しても、副作用が出たらすぐに服用を止めて下さい。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、血行を促進する作用があるため、塗布した部分の血管が拡張し、血流が良くなり、髪の毛の生育に必要な栄養分が送られやすくなるという効果があります。

しかしながら、プロペシアの場合と同じく、ミノキシジルを使用しても、全然効果が現れないという方も少なくありません。むしろ、副作用が強く現れたという報告が多くあり、使用には充分注意が必要です。特に、ミノキシジルの場合には、医療機関にかからずとも利用することが出来るので、医師に相談する事が出来ず、自分で判断しなくてはならないので危険です。

AGA治療薬の実態 | 効果と安全性は?

これまで、AGAの治療に使用される代表的なAGA治療薬としてミノキシジルとプロペシアをご紹介してきました。実際に病院に通院してAGA治療を受けていらっしゃる方も、これらのAGA治療薬を使用している方が多いのではないでしょうか?

しかし、このサイトの最初に説明したように薄毛(ハゲ)の原因は様々あり、各個人によって千差万別です。あなたの薄毛(ハゲ)の原因と薬の効用が合っていなければ、その治療はムダになってしまいます。

また、AGA治療薬は医療品であるということも、認識する必要があるでしょう。医療品は効果が強い可能性が期待出来る代わりに、その副作用も強く現れる可能性があるのです。すなわち、AGA治療薬の安全性にも注意する必要があるでしょう。

ここでは、AGA治療薬であるミノキシジルやプロペシアによって得られると期待される効果と、その安全性について解説します。

ミノキシジルとプロペシアによって期待出来る効果

・産毛化した毛が太く長くなる

この効果は言い換えれば、発毛効果と言えるでしょう。実際にAGAを発症した方でも、AGA治療薬により、よく見ると産毛は生えている事が多いのです。しかし、問題はその生えた産毛が太く、また、長く成長しないという問題です。

これでは、AGAや薄毛(ハゲ)の問題解決にはなりません。

しかも、注意すべきことは、

ミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬は、AGA以外の薄毛(ハゲ)には効果が期待出来ない。

という事実です。

先に説明したように、薄毛(ハゲ)の原因はAGAだけだとは限りません。食生活や外的要因、睡眠不足、ストレスなど、様々な要因があることをご説明しました。

これらのAGA以外の薄毛(ハゲ)の主な原因は「頭皮環境の悪化」と言えるでしょう。
AGA治療薬はAGAの治療に特化した薬である為に、頭皮環境を良くする成分等は全く含まれていないのです。

一方で、天然成分を使用した育毛剤には、AGAに効果的な天然成分だけでなく、頭皮環境を良くする天然成分が含まれており、保湿成分や抗炎症作用などにより頭皮環境を髪の毛が生えやすく、かつ、健康に育つようにサポートしてくれるのです。

この様に、総合的な育毛効果・発毛効果を期待するには、AGAに特化したAGA治療薬を使うよりも、育毛剤(特に天然成分を使ったもの)を使用するのがお勧めです。しかも、AGA治療薬には副作用がありますが、天然成分を使った育毛剤は安全なので、安心して使用することが出来ます。

AGA治療薬ミノキシジルとプロペシアの危険性

実際にAGA治療薬であるミノキシジルやプロペシアは副作用の危険性から、使用出来る方に次のような制限が設けられています。

【ミノキシジルを使用出来ない方】
・心臓病を患っている方
・高血圧を患っている方
・高血圧の治療薬(血圧降下剤など)を服用している方
・未成年の方
・頭皮にトラブル(湿疹やかぶれなど)のある方
など

【プロペシアを使用出来ない方】
・女性
・未成年の方
・前立腺の病気を患っている方
など

このような使用制限があるということは取りも直さず、それだけ危険な副作用が認められていると言うことです。

その点、天然成分を使った育毛剤では、男性も女性も使えますし、年齢制限や持病による制限もありません。どなたでも安心して使用することが出来ます。

このようなことからも、天然成分を使った育毛剤の安全性が明らかです。

男性ホルモンと5-αリダクターゼの関係

先に、説明したように、AGAの発症には、男性ホルモンであるテストステロンと、悪玉酵素の5-αリダクターゼの結合によって生じるジヒドロテストステロンが原因だと解明されています。

また、男性ホルモンは男性は誰もが持っているため、5-αリダクターゼの活性度がAGAの発症に大きな影響を及ぼしていることが分かっています。

ここでは、この点について、もう少し詳しく解説します。

テストステロンと5-αリダクターゼは、各々単体ではAGAは発症しない

男性ホルモンのテストステロンと、悪玉酵素の5-αリダクターゼの2つが組み合わさり、ジヒドロテストステロンが生じることにより、初めてAGAが発症します。例えば、女性が5-αリダクターゼを持っていたとしても、女性ですから男性ホルモンのテストステロンを少量しか持っていない為に、AGAは発症しません。

また、薄毛(ハゲ)の人は男性ホルモンが多いという都市伝説のようなものがあります。しかし、これは間違った知識であることが次のような実験で証明されています。

睾丸を摘出した男性に対する薄毛の実験

睾丸を摘出すると薄毛(ハゲ)の進行が止まります。それは、睾丸から分泌されていた男性ホルモンであるテストステロンが分泌されなくなるからです。

そこで「AGAが発症してから睾丸を摘出した男性」と「AGAが発症していない男性で睾丸を摘出した男性」の2人に対して、テストステロンを注射するのです。もしも、男性ホルモンがAGAの原因であれば、双方共にAGAが発症するはずです。

しかし、実験結果は次のようなものでした。

・AGAが発症してから睾丸を摘出した男性・・・・・再びAGAが発症した
・もともとAGAではなく、睾丸を摘出した男性・・・髪の量に変化は無かった

つまり、AGAの原因は男性ホルモンにあるのではなくて、5-αリダクターゼにあるということが示されたのです。

男性ホルモンが多かろうと、AGAにならない人はなりません。一方で、男性ホルモンが少なくてもAGAになる方は薄毛を発症するということです。

そこで、AGAを防ぐ為には、5-αリダクターゼの活動を抑制すれば良いと言うことになります。

それには次の2つの方法があります。

・プロペシアを使用した治療

プロペシアには、5-αリダクターゼの働きを抑える効果が認められています。つまり、AGAの解決に有効な訳です。
しかし、同時に深刻な問題があります。それは副作用です。

特に勃起不全や精力減退など、男性としては非常に気になる副作用が多く報告されているため、AGAに効果があると言えども、安全性が高いとは言えず、プロペシアを使用するのは充分注意する必要があります。

・効果的な天然成分を含んだ育毛剤を使う

育毛剤には様々な成分が含まれています。実際に、天然成分で5-αリダクターゼを抑制する効果がある成分も発見されており、育毛剤に利用されています。

具体的には

・アロエエキス
・ノコギリヤシ
・亜鉛

などが、5-αリダクターゼを抑制する効果があると確かめられています。

このような天然成分ですと、プロペシアのような副作用を心配する必要がなく、安心して利用することが出来ます。

チャップアップの安全性

ここでご紹介する育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」はミノキシジルやプロペシアと違い、副作用の心配は全くありません。このような安全性の高さは、チャップアップに含まれている成分にポイントがあります。

チャップアップには頭皮に悪影響を及ぼす物は一切含まれていない

チャップアップには頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性のある物質は一切含まれていません。

具体的には

・香料
・着色料
・鉱物油
・シリコン
・石油系界面活性剤
・合成ポリマー
・酸化防止剤

と言ったものを一切含んでおらず、無添加・無香料の育毛剤です。その為に、頭皮を痛めてしまう可能性を完全に排除しています。

安全性の高さを証明する証拠として挙げられるのが、利用される方に何の制限もないということが挙げられます。
男女問わず利用出来ますし、年齢も20代~60代の幅広い年齢層の方にご利用頂けます。
また、乾燥肌や脂性のお肌の方であっても問題なく利用できます。

このような利用者に対する自由度の高さはミノキシジルやプロペシアにはないもので、このことからも以下にチャップアップが安全な育毛剤かが示されています。

チャップアップの成分の特徴

このようなチャップアップの安全性はチャップアップに使われている成分が全て天然成分であり、また、ほとんどが植物性のものが使われているからです。

人工的に化学的に合成された成分を使っていない育毛剤だからこそ、安全性が高いのです。

また、チャップアップは「頭皮環境を良くする成分が配合されている」という特徴があります。
ミノキシジルやプロペシアの場合には、AGAを治療するためだけの成分が使われており、頭皮環境の改善にまでは考えが及んでいません。

しかし、チャップアップは「健康な髪の毛は健全な頭皮に生育する」という考えの下に、頭皮環境を良くする成分が配合されています。

具体的には

・抗炎症作用を持ったジフェンヒドラミンHC
・皮脂の酸化を押さえるグリチルリチン酸

などが含まれています。

この様にチャップアップは、単に育毛・発毛に有効な成分を含んでいるだけでなく、髪の毛が育つ土台である頭皮の環境を整える成分を含んでいる為、安全性が高いだけでなく、育毛効果・発毛効果も高いのです。

チャップアップの育毛効果

先の記事で、チャップアップの安全性が非常に高いことを説明しました。

ここでは、肝心のチャップアップの育毛効果について解説します。

チャップアップの注目の有効成分

・センブリエキス

センブリエキスには血行促進効果があります。髪の毛の生育に必要な栄養分は血液によって毛母細胞や毛根におくられます。血行が良くなると、毛母細胞や毛根にスムーズに栄養分が供給され、健康な髪の毛が生えやすくなります。その為、センブリエキスは育毛剤には非常に有効な成分です。

また、センブリエキスには血行促進効果のみならず、細胞分裂を促進させる効果も確認されています。そのため、毛母細胞に細胞分裂促進効果が働くことにより、発毛効果・育毛効果が現れると考えられています。

・グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮環境を良くする働きがあります。具体的には、頭皮における皮脂の分泌を押さえ、炎症などが起こりにくい環境を実現します。

薄毛(ハゲ)の原因の1つとして、脂分の多い食生活などの影響によって、皮脂が大量に分泌され、毛穴を詰まらせ、炎症や雑菌の繁殖の原因となることを解説しました。

グリチルリチン酸ジカリウムによって、この様なことが起こらないような、髪の毛の発育しやすい健康な頭皮環境を実現することが出来ます。

・ジフェンヒドラミンHCI

ジフェンヒドラミンHCIは、育毛効果が非常に高い成分として知られています。また、育毛効果だけでなく、頭皮の発疹や炎症、かゆみなどを押さえ、頭皮環境を良くする効果もあり、一石二鳥の効果を持つことが知られています。

ここで、挙げた3つの成分だけでなく、育毛効果・発毛効果がある成分、また、頭皮環境を改善する成分が、バランス良く含まれているのが、チャップアップです。また、これらは全て天然成分であり、副作用などの心配がなく、安心して使えることも特筆すべきことでしょう。

チャップアップに含まれる成分を下図に示します。

CHAP-UP-成分表

この様にチャップアップは、通常のAGA治療薬であるミノキシジルやプロペシアなどのように、薄毛(ハゲ)にのみ着目した発毛効果・育毛効果がある物質だけでなく、健康な髪の毛が生えてくるような頭皮環境を整える成分もバランス良く含まれた総合的な育毛剤です。

しかも、全て天然成分を使っており、ミノキシジルやプロペシアのように副作用の心配は全くありません。安心して、使用することが出来ます。

ぜひ、あなたもチャップアップの威力を実感してみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ