日本人はお酒が弱い!モンゴロイドの問題点

実は、人種によってもお酒に強かったり、弱かったり、といったものがあります。日本人は人種的にはモンゴロイド、といったものに分類されるのですが、そのモンゴロイドはお酒に弱いとされているのです。

こちらでは、人種とお酒の関係性について詳しくお話します。

日本人でお酒に強いとされているのは約半数

・黒人でお酒に強いとされている体質を持っている人の割合・・・100%
・白人でお酒に強いとされている体質を持っている人の割合・・・100%
・モンゴロイド(日本人)でお酒に強いとされている体質を持っている人の割合・・・56%

あくまで体質なので、必ずしもお酒が飲めるとは限りません。黒人や白人の方の中にも、それほどお酒には強くない人も存在しています。しかし、体内の環境としては、白人や黒人の方は多くの量を飲める、といった状態になっているのです。一方で、日本人は半数を少し超えた程度に過ぎません。なんと44%にものぼる人がお酒に強くない体質だったのです。

44%の人が、仮に何も対策をしないでお酒を飲んでしまえば、当然、身体に大きな負担が与えられてしまいます。健康的な状態ではなくなってしまうかもしれません。

なぜ日本人はお酒に弱いのか?

・遺伝が関係していると考えられる

お酒が弱い原因はALDH2の活性度合い関わっています。アセトアルデヒドに関わっているのがALDH2ですが、アルコールが低濃度の時に働いてくれるのです。その結果、アセトアルデヒドがすみやかに分解されるので、良いなどの症状を抑制できます。二日酔いも起こりにくいのです。

一方で、モンゴロイドに関しては、ALDH2の活性度が低いのです。アセトアルデヒドの分解が遅れてしまい、様々な症状が起こってしまいます。ちょっとした量のアルコールでも悪酔いの状態になってしまうのです。

遺伝とのことなので、実は地域によっても大きな差があることが分かっています。ALDH2の低活性型の割合が調査されているのです。

【ALDH2の低活性型の割合】
・ヨーロッパ系白人・・・0%
・アフリカ系黒人・・・0%
・トルコ人・・・0%
・アメリカ先住民・・・0%から4%
・タイ人・・・10%
・フィリピン人・・・13%
・中国人・・・41%
・日本人・・・44%

このようにアジアの割合が非常に高くなっていることが分かっています。その中でも、中国や日本をはじめとした特定の地域である東アジアの割合が高くなっていることが分かります。これもまた、遺伝が大きく関わっていることの証拠と言えます。

アルコールの弱さと関わるモノ|年齢・性別・体重

アルコールの強い弱いは、遺伝が大きく関わっていることが分かっています。実はそれ以外にも、体質的なものによってアルコールを弱くしたり強くしたりしているものがあるのです。

こちらでは、

・年齢
・性別
・体重

の3つからアルコールの強さと弱さについてお話します。

アルコールの強さと年齢の関係性

・未成年者はアルコールに弱い

国によっても大きな違いがあるのですが、未成年者は日本では飲酒できません。未成年者が飲酒できないのは、何も道徳的な観点からだけではないのです。実はアルコールに関しては、未成年者の理用は危険とされています。

アルコールは体内では毒と判断されるので、しっかりと分解されなければなりません。分解されないと、悪酔いしてしまったり、二日酔いが起こってしまったり、といった状況になってしまうのです。

未成年者に関しては、実はそのアルコールを分解する酵素の働きが弱いのです。身体的にもしっかりと成長しきってからではないと酵素は働いてくれません。年齢が低いとアルコールに対して弱い、といった事実は把握しておくべきです。

アルコールの強さと性別の関係性

・男性の方がアルコールに強く、女性は弱い

最近では女性の間にも焼酎ブームなどが起きています。しかし、男性に比べて女性はアルコールに弱い、といった事実があります。

男性の方がアルコールの分解能力が高いことが分かっています。女性が無理してアルコールを飲んでしまうと、問題が出てきてしまいやすいです。

男性と女性のアルコールに対する強さの違いは、体格の違いが一点、そしてホルモンの関係が一点の計二点が関わっているとされています。体格によっては個人差もありますが、ホルモンに関してはどうしようもないので、女性は基本的に飲み過ぎないような対策を立てるべきです。

アルコールの強さと体重の関係性

・体重が重い人ほどアルコールに強くなる

なぜ酔うのかといえば、血中にアルコール濃度が増えてしまうからです。我々の血液ですが、体重の約7%とされています。

大樹が100キロであれば7キロ程度の血液が体内にありますし、50キロであれば3.5キロ程度の血液があります。

たとえば、同じ量のアルコールを100キロの人と50キロの人が飲んだ場合、血液のアルコール濃度には大きな違いが生まれるわけです。

日本人と欧米人のアルコールに対する強さの違いは遺伝もありますが、体重も関わっているのではないか、といった指摘もされています。

管理人のお酒の失敗談|デートでのしくじり

恥ずかしながら管理人はお酒でたくさんの失敗をしています。今回は、デートでのしくじりを2つほど紹介します。私と同じような体験をしないためにも、反面教師としてチェックしてくださいね。

初デートで下ネタを連発

・本性が出ちゃった!?

気になった女の子と念願の初デートにでかけたのですが、ついついお酒を飲み過ぎてしまいました。もともと、お酒があまり強くないのに緊張もあってか、どんどん飲んでしまったのです。梅酒が3杯、サワーを4杯程度飲んだでしょうか。アルコール度数は低いですが、いつも1杯から2杯で済ませている自分にとっては明らかに飲み過ぎです。

飲み過ぎて行ってしまったのが、下ネタ系の質問の連発です。

なん人の男性と経験したの?
性感帯はどこ?
どんな体位が好き?

なんてことを連発してしまいました。もちろんそういった関係になって、ベッドの中で聞くのはまだオッケーかもしれません。しかし、飲食店で、しかも初デートの時にそういったことを聞いてしまい、ドン引きされてしまいました。

次の日に誤りのメールを入れたのですが、もう二度と二人きりでは会えなくなってしまいました。いまでも後悔しています。あの時に戻って自分のことをひっぱたいてやりたいものです。

顔を真赤にしてしまい、心配されるだけのデート

・顔が赤くなりすぎてデートといった雰囲気にならず

デートでは大人な印象を相手に見せつけたい、と思っている男が大多数だと思います。自分もそういった印象を出すために、スマートな飲酒をしたい、と思っているのですが、この時は顔に出てしまいました。ちょっと飲んだだけで顔が待ったになってしまったのです。

彼女には、「顔がめちゃくちゃ赤いけど大丈夫?」なんてことを聞かれまくってしまいました。実際に少しふらふらしていたので、アルコールが変なところに入ってしまったのかもしれません。

その子には直接聞きませんでしたが、女子の中にはアルコールに強い男性が好み、といった方もいるみたいです。私のようなすぐに顔に出てしまう男子はお呼びではない、ってことかもしれません。

その彼女自身はお酒が大好きだったのですが、その時以来お酒を飲むデートはほとんどしなくなってしまいました。「なんだか悪いことをしてしまったな。」と今でも思っています。

管理人のお酒の失敗談|上司に対するしくじり

お酒の失敗談は誰でも一つくらいはあるのはありませんか。吐いてしまった、といったぬるいものもあれば、上司に対して失礼なことをしてしまった、といった仕事生命に関わるようなことを体験したことがある人もいるでしょう。

今回は、管理人は上司にしてしまったお酒の失敗をお話します。非常に恥ずかしいことなのですが聞いてやってください。

上司に対して仕事の不満を漏らしてしまった

・本心ではあるけど言うべきではないことを言ってしまう

酔ってしまうとどうしても正常な判断ができなくなってしまいます。私の場合は、仕事内容に関する不満を述べてしまいました。上司に対して、ちょっとしたからみ酒になってしまったのです。

作業効率が悪くて、仕事が忙しすぎる
残業が多くてつらい。1日1時間を超える残業早めて欲しい
仕事が始まっているのに、途中で内容を変更されてるのはヤダ

上記のようなことを伝えてしまったのです。まわりの同僚がなんとかその場を抑えてくれましたが、上司としては嫌な気分であったと思います。上司もかなりよっていたので、あまり根に持たれてはないと思うのですが、後で同僚に詳細を聞かされてしばらくは小さくなって仕事をしていました。

酔いが悪いところに入ってしまうと、どうしても本音が出ちゃうこともあると思います。飲み過ぎは要注意です。

上司のヅラを暴露してしまった

・コンプレックスを指摘してしまう暴挙

上司が明らかなズラをかぶっていました。同僚でも皆でヒソヒソ噂していたのです。もちろん、面と向かっては言えません。しかし、悪酔いしてしまった時に我慢できなくなってしまったのです。

そのズラの上司と飲んでいる時に、ベロンベロンに酔ってしまい、上司に仕事上のことを注意されカチンと来てしまいました。そして酔いに任せてヅラを指摘してしまったのです。

上司は焦りつつもズラではないと言いはり、その場は落着したのですが、かなり危うい橋を渡ったものだと今でも震えてしまいます。多分、根に持っていると思います。

女性の中にも用途コンプレックスを指摘してしまう、といった方はいますよね。男性の場合は薄毛を指摘するケースが多いのですが、女性の場合は貧乳とかでしょうか。男性よりも女性のほうが用紙には高いプライドがあるので、ダメージは計り知れないと思います。男性だけでなく、女性も悪酔いには気をつけなければなりません。

管理人のお酒の失敗談|合コンでのしくじり

管理人のお酒の失敗談の中には合コンもあります。合コンには胸を躍らせて出席するのですが、なかなかうまくいきません。その原因がお酒にある、といったことが分かり始めました。そもそも、合コンはお酒が出るのがスタンダードですよね。お酒が出てしまうと飲まざるをえません。断ると付き合いの悪い人間だとも割れてしまいます。そして、そのお酒で悪酔いして大変なことになってしまうのです。

こちらでは、管理人の体験した合コンでのお酒の失敗談をお話します。

あろうことか下ネタを連発

・女の子にずけずけと下品な質問を・・・

合コンは初対面の女の子と会うことになります。ですから、いろいろ会話もしますが、一定の礼儀といったものもありますよね。なんでも話せるわけではありません。

しかし、事もあろうに、初対面の女の子に対してシモネタをどんどんと言ってしまったのです。女の子たちがあまり反応をしてくれないことにはなんとかく気づいていたのですが、もう酔っていて何がなんだかわからなくなってしまいました。

実は、男子にも迷惑をかけてしまったのです。2次会に行こうか、といった話になっていたのですが、私がシモネタばかりを連発していたので、その場の空気は最悪。2次会はなくなってしまい、その場で解散となってしまいました。いまでのその時のことを友人から愚痴られています。

カラオケ店にて男同士で大げんかに

・つかみ合いの喧嘩に発展

子供のような話ですが、よっているとどうしても喧嘩っ早くなってしまうようです。殴るまでには発展しないのですが、掴み合うような状態になってしまいました。

1次会は居酒屋で飲んでいたのですが、2次会ではカラオケに行ったのです。ここまでは上手く言った感じなのですが、カラオケでアルコールを少し飲んだ所、悪酔いしてしまいました。

カラオケの曲をめぐってちょっとした言い争いになってしまいました。歌っていた曲を「この曲嫌いー」と言われてしまい、男同士でつかみ合いになってしまったのです。最悪の雰囲気になってしまったのは言うまでもありません。

女性たちにも怖い思いをさせてしまい申し訳なかったといまでも思っています。

男同士で下げあってしまう

・友人の恋愛話の暴露

合コンで過去の恋愛をバラされる、といったことは大きなダメージです。出会いを求める場、過去の恋愛話はタブーでもあります。しかし、友人と一緒でしかもお酒が入っているとどうしても口が滑ってしまいます。

結果、友人にも自分の過去の恋愛を暴露されて、二人共うまくいきませんでした。

お酒に弱い友人がオルニチンで豹変!

友人がいるのですが、彼はお酒がめちゃくちゃ弱くて、少し飲んだだけでも次の日に影響が出ていました。そんな彼が、急にお酒に強くなったのです。

気になって何を利用したのかを聞いてみると「オルニチン」を利用したとのこと。

こちらではお酒の弱い友人がオルニチンでどのような結果を得たのか、といったことを中心にお話させてもらいます。

寝起きが良くなった

・遅刻をしなくなった

私の友人は、とにかく遅刻が多いのです。特に仕事に遅刻することが多く、上司からは「今月もう1回遅刻したら分かっているんだろうな」といったことをよく言われています。

そこで彼がオルニチンを利用したところ、朝の目覚めがバッチリと良くなったとのことです。たとえば夜更かしをしたとしても、目覚まし時計がなると目がしっかりと覚める、とのことです。

いままでは、「あと5分」、「あと10分」といった状態になっていたそうですが、頭がすっきりとしているので、短時間睡眠でも特に問題なく起きられる、と喜んでいました。

お酒を飲んだあとだけでなく、普段の生活でも寝起きが楽になる、といった状況が生まれているそうです。継続利用することで、かなり朝に強くなるのではないか、と私も話を聞いていて思いました。

お酒が1杯しか飲めなかった彼が・・・

・3杯や4杯飲んでも酔わなくなった

友人は、いわゆる下戸タイプでした。アルコールを1杯飲むと顔が赤くなってしまい、それ以上飲めなくなってしまいます。上司との飲み会の時には、飲めたほうが有利なので、自分の体質を恨んでいました。

そんな彼が、最近では普通に3杯から4杯のお酒を飲んでいるのです。お酒の付き合いも断らなくなり、上司との関係も上手くいっている、とのことです。

オルニチンをどれくらい利用してからお酒に強くなったのかを問いただしてみたところ、1ヶ月から2ヶ月で効果があったそうです。かなり早い段階で効果があったとのことで、俄然私も利用したくなりました。

友人によるとお酒を呑む時だけ利用してもよいようです。ただ、お酒はいつ飲むことになるかわからないので、常用している、といったことを述べていました。

オルニチンって何?

・しじみなどに含まれる成分

オルニチンは天然成分です。

肝臓の機能を上昇させるような効果があるとして広く知られています。お酒との相性が良く、お酒を飲む前や飲んだ後に利用されているケースが多いです。

おすすめオルニチンランキング


ranking
お酒に強くなるサプリ
【オルニチン】ランキング



しじみ習慣

価格:3,582円(60粒:一ヶ月分)
販売元:自然食研
送料:無料

下戸仲間の同僚が変化!水素水を利用していた!

管理人もお酒をあまり飲めないのですが、同僚にもひとり飲めないヤツが居て心強く思っていました。飲み会の時などは、二人で結託してお酒を呑むふりをしていたりしたのです。

そんな下戸仲間とも言える同僚が、お酒を飲めるようになってしまいました。焦ってどうしたのかを聞いてみると、「水素水」を利用しているとのことです。

水素水といえば、美容に良い、といった話は聞きます。しかし、アルコール対策になるといった話は聞いたことがありませんでした。

こちらでは、同僚が水素水を利用してどう変化したのかについてお話します。

酔いがほとんどなくなった

・お酒に酔いにくくなる効果あり

同僚が最もえられた効果として話していたのが、「酔いの軽減」です。飲み始めると、かなり早い段階でふらふらとしていたり、頭が痛くなったり、顔が赤くなったり、といった状態になっていたそうです。しかし、水素水を飲んでからお酒を呑むようにしたら、酔いが出にくくなったそうなのです。

いままでは1杯から2杯のお酒でもよっていた彼ですが、5杯程度飲めるようになった、と喜んでしました。確かに、お酒の飲めない人は、かなり早い段階でお酒が進まなくなってしまい、そのまま悪酔いが発生してしまいますよね。水素水には良い自体を止める効果が有るようなので、お酒の量を飲めるようになる、といった効果が得られそうです。

二日酔いが発生しなくなった

・飲んだ翌日の調子が良い

同僚は飲み会の次の日はかなりつらそうにしていました。頭がガンガンする、なんて話を良くしていたのです。一方で、水素水を飲み始めてから、翌日に影響が残りにくくなった、といったことを感じているそうです。朝もすっきりした状態で起きられるし、あれだけ困っていた頭痛もなくなったとか。確かに、お酒を飲んだ翌日でも顔色が良いことは間違いありません。

管理人も二日酔いはしやすいので、水素水を導入したくなってしまいました。

なぜ水素水がアルコール対策できるのか?

・活性酸素を除去する能力があるから

アルコールを摂取すると肝臓でアセトアルデヒド、といった物質が生み出されます。アセトアルデヒドが発生すると、悪玉活性酸素といったものを生み出してしまうのです。その影響で、身体がだるくなってしまうなど、酔や二日酔いの症状が生み出されてしまいます。

水素を摂取することで、アセトアルデヒドが生み出されたとしても活性酸素が悪さをしなくなります。その結果、酔いなどが出にくくなるのです。

おすすめ水素水ランキング


ranking
お酒に強くなるサプリ
水素水ランキング



浸みわたる水素水

価格:1,980円(お試し12本セット)
販売元:株式会社アビストH&F
送料:無料



トラストウォーター

価格:1,800円(お試し7本セット)
販売元:株式会社アイリンク・アソシエイツ
送料:無料

管理人が試した二日酔い対策法|水を多めに飲む

ネット上などで公表されている二日酔い対策方法がいくつかあります。その中でも、注目してみたのが「水を飲む」といった方法です。

こちらでは管理人が二日酔い対策に水を飲んでみたところどうなったのか、といったことを中心にお話します。

水の摂取方法とは?

・お酒を飲んでいる最中に飲む
・飲酒後寝る前に水を飲む

以上の2つを同時に実施してみました。

お酒を飲んでいる最中に水を飲むと、お酒が中和される、といった話を聞いたのです。確かに、アルコール度数の少ないサワーとアルコール度数の高い日本酒では良いが違いますよね。それを体内でも引き起こすようなことを考えて実施してみました。

飲酒後の寝るときにも水を飲むわけですが、これは寝ている時の脱水症状を防ぐためです。アルコールを分解するためには一定の水が必要なので、大量に飲んだ日はどうしての脱水症状を引き起こしやすくなります。特に寝ているときは、喉が渇いたとしても水は飲めませんよね。脱水症状が起こると、二日酔いの症状をきつくしてしまうとのことで、寝る前にしっかりと水分を取る、といったことを実践してみたのです。

水を意識して飲んでみた結果、どうなったのか?

・酔いのまわりがゆっくりになった

お酒を飲みながら水を飲むといった方法ですが、実際にかなりの効果を実感しています。酔いがあまりやってこないんですよね。確かに、理論上は10%のアルコールドリンク200ミリロットルに、200ミリリットルの水を混ぜれば、アルコール度数は5%まで引き下がるわけです。身体の中でそのような状態にするのが、飲酒中に水を飲む、といった行為です。

水を飲む量にも限度があるので、抜群の効果は実感できませんでしたが、アルコールの飲む量はそれほど多くない時には高い効果があります。

・二日酔いが起こりにくくなった

飲酒した日の寝る前に、水を500ミリリットルほど飲んでから就寝することにしました。朝起きた時ですが、確かに前よりはすっきりとしているのが分かります。特に感じたのが、お酒を飲んだ次の日の朝の気だるさがない、といったことです。頭痛はちょっと残ってしまったのですが、いままでよりは随分と軽減しています。意識して水を飲むだけでここまで大きな変化があるとは思いませんでした。

完璧な効果を得るには至りませんでしたが、お金がかかる方法でもないので試してみるべき対策法です。

管理人が試してダメだった二日酔い対策法

お酒で何度も失敗をしてきた管理人ですが、その度にいろいろな対策方法を用いてみたのです。こちらでは二日酔い対策として結果が出なかったものについて紹介します。行っても意味ないものを知っておくこともおすすめですよ。管理人のような無駄な行為はしないようにしましょう。

サウナに入るのはダメ!

・アルコールを汗で流そうとしたけれど

汗をかくことで、アルコールを飲むことによって発生した毒素をデトックスしようと思いました。印象としては、アルコールを飲んだあとにサウナに入ると、アルコールが抜けると思ったのです。

結果は、全くダメでした。そもそも、アルコールを飲んでいる時点で脱水症状のようなものが出てきているのです。サウナに入ってしまえば、さらに脱水状態を加速させてしまい、ふらふらしてしまったり、だるさが出てきました。かえって結果が悪くなり二日酔いがきつく出てしまったので、真似はしないでください。

運動するのはダメ

・血行を高めて毒素の輩出を早くしようと思ったけど・・・

運動をすることで血行が良くなります。血行が良くなれば、血中に入りこんだアルコールによって分泌される毒素が輩出されると思ったのです。寝る前にちょっとした汗をかくような運動をしてみました。

その結果は、全くダメでした。そもそも、サウナと同じく汗をかく事自体が厳禁なのです。運動をするとどうしても汗が発生してしまいます。その結果、血中のアルコール濃度が高まってしまい、かえって悪酔いしてしまうことが分かりました。

サウナと運動による対策が全くダメだったことをうけて、やはり飲酒後にはしっかりと水分を補給することが大事、といったことを再認識させられました。汗をかく事自体やめたほうが良い、という考えに至りました。

ちなみにお風呂に入って汗を書くのも良くありません。飲酒後はお風呂には入らないほうが良いです。

迎え酒は逆効果

・二日酔いの時にさらにお酒を飲む対策方法

迎え酒に関しては、行っている方はほとんどいないかもしれません。二日酔いの時にお酒を飲むとかえって調子が良くなる、といったものです。しかし、これは全くの都市伝説でした。

単に酔いで二日酔いを紛らわしているだけなのです。さらに翌日に二日酔いがきつくでてしまうことが多いので、二日酔いの時には新たにアルコールを体内に入れない、といったことが大事です。

管理人が試した二日酔い対策法|食事で特定の成分を摂取

二日酔いがあまりにもひどいので、ネットや書籍などを調べて、幾つかの食べ物が良い、といった情報を得ました。そこで実践してみたのです。

こちらでは、管理人が試した二日酔いの予防対策法の一つである食事で特定の成分を摂取する、といったものの内調を記します。結果についてもお話するので参考にしてもらえたら幸いです。

どんな食材からどんな成分を摂取したのか

・胃の働きを助ける成分を摂取

大豆製品や白身魚、そして鶏肉のささみなどを摂取しました。タンパク質には、胃の粘膜の修復機能が会ったり、消化酵素を作り出す、といった効果があるのです。だからこそ積極的にたんぱく質が豊富な食材を食べることにしました。

・肝機能を補強してくれる成分を摂取

魚介類やしじみ、そしてチーズなどを食べました。魚介類にはタウリンが多く含まれています。タウリンは肝臓にも良い働きがありますが、心臓の機能も高めてくれる、といった機能があるのです。

しじみやチーズにはオルニチンが含まれています。現状で最も二日酔いに効果があるのではないか、とされている成分です。肝臓の機能をサポートしてくれるのはもちろんですが、疲労を回復させてくれる効果が有るなど、注目の健康成分です。

ちなみにタンパク質と違ってタウリンやオルニチンは食材だけでなく、サプリメントで摂取する、といったこともブームになっています。今後、大人気になる可能性もあるほどの能力を秘めていると言われているほど話題なのです。

この時はサプリメントではなく食材から摂取してみました。

結果はどうなった?

・多少の効果はあったが・・・

確かに二日酔いの程度は低減しました。ですから、何もしないよりは効果があったと思います。魚介類に関してはおつまみにもマッチングするので、高い効果が得られると思うのです。

しかし、抜群の効果があったとは残念ながらいえませんでした。サプリメントと違って、それぞれの成分を摂取できる量は限られてしまうものです。たとえば、あるサプリメントにはしじみ300個分のオルニチンが含まれています。しじみを300個食べる、といったことは現実的ではありませんよね。摂取量が少なくなってしまうので、仕方のない部分であると考えられます。

食事対策に関しては行う価値はありますが。根本的な対策にはならない、と管理人は感じました。

そもそもお酒で赤くなったり悪酔いする原因とは?

お酒を飲んで問題となるのが、赤くなってしまったり、悪酔いしてしまったり、といったことです。お酒を飲んでもそれらのことが起こらなければ何も問題がないわけですが、飲み過ぎるとどうしても出てきてしまうもの。

こちらでは、なぜお酒を飲むと諸症状が出てきてしまうのか、といったことについて明らかにします。

アセトアルデヒドが大きな問題をもたらす

・肝臓でアルコールを分解した時に発生した物質が体に悪影響をもたらす

アルコールは身体にとって悪影響をもたらしてしまうものなので、注意して対策をたてなければなりません。アルコールのままではダメなので、肝臓で分解されることになります。その肝臓で分解されるときに発生する物質が、アセトアルデヒドと呼ばれる物質です。その物質が大きな問題を引き起こすのです。

アセトアルデヒドですが、お酒の諸症状の多くの原因となっています。

・吐き気
・呼吸促迫
・心き亢進

などの症状が現れます。

※心き亢進とは、動悸のことを指しています。心臓の拍動数が増加してしまうような状況です。気分が悪くなることもあります。

アルコールにも諸症状を起こす力はあるのですが、アセトアルデヒドはその数倍の作用をもたらすことが分かっています。

顔に赤みが出てしまう原因

・末梢血管がアセトアルデヒドによって拡張される

アルコールが分解されてアセトアルデヒドが多くなると、末梢血管が拡張されることになります。その結果、皮膚の血液量が増加する、といった状態になるのです。

皮膚の血液量が増加すると、当然赤みといったものが発生します。顔にも同じような状況が生まれるので、お酒を飲むと顔に赤身が発生してしまうのです。

アセトアルデヒドが溜まってしまいやすい方は、特に顔の赤みがひどくなる傾向があります。

ちなみに日本人の半数近くは、アセトアルデヒドが溜まってしまいやすい体質です。なかなかアルコールが分解されず、身体に残り続けてしまうのです。赤みが長時間続いてしまうこともあります。

アルコールの分解を促進させる方法はないの?

悪酔いや顔の赤みに対処するためには、アルコール分解を早くして、アセトアルデヒドの発生期間を短くすることです。そこで関わってくるのが変わってくるのが肝臓です。

・肝臓の機能を促進させること

肝臓の機能を促進させることができれば、アルコールの分解も早くなります。ウコンやオルニチンといった成分を利用することで肝機能も高まります。アルコールの分解も促進していく、と考えられているのです。

お酒と酸化の関係性|飲酒以外の酸化にも注意しよう

お酒を飲むと体が酸化してしまうことがわかっています。身体が酸化するということは、身体に対して非常に大きな問題を引き起こしてしまうのです。たとえば、老化してしまうことも考えられます。女性にとっては非常に大きな問題となってしまいかねません。

こちらではお酒を飲むとなぜ身体が参加してしまうのか、さらに非常生活で体が酸化する原因について迫ります。

お酒をよく飲む方、アンチエイジングに興味がある方は必見です。

お酒を飲むとどうして身体は酸化するのか?

・肝臓の機能が悪くなるから

お酒を飲むと最も負担を受ける臓器が肝臓です。肝臓は血を綺麗にしている器官でもあります。アルコールは血中に入っていくのですが、そのアルコールが入ったままになると身体に悪影響が出てしまうので、肝臓が分解してくれます。しかし、肝臓の機能も限度があり、大量のアルコールを摂取してしまうと、弱ってしまうのです。

血を綺麗にする機能が弱くなってしまい、結果的に身体に毒素が溜まってしまうような状況になります。そして身体が参加してしまうのです。

また、お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解されアセトアルデヒド、といった物質が生まれてくることになります。そのアセトアルデヒド、といった物質自体にも体を酸化させる力があるのでお酒の飲み過ぎには十分に注意しなければなりません。

酸化した状態を放っておくと、内臓にも悪影響が出てきます。お肌にも問題が出てくるので、何かしらの対処は考えておくべきです。

飲酒以外で身体が酸化する原因

・紫外線を浴びる

紫外線を一定以上に浴びてしまうと、体内の活性酸素が大量に分泌されてしまうのです。その活性酸素を食い止めるためにはメラニン色素が重要になります。その結果、シミに至ってしまうわけです。

ちなみに、お肌に大切なコラーゲンですが、こちらも紫外線によって酸化することが分かっています。お肌の弾力がなくなってしまうなど、問題点も極めて多いので、紫外線を浴びすぎないようにする、といったことを頭に入れておきましょう。

・タバコを吸う

百害あって一利なし、と言われているのがタバコです。タバコには実際に大きな問題があり、酸化の原因となる活性酸素が発生しやすい体質にしてしまうのです。

そもそもタバコにはタールが含まれています。タールは身体にとっては必要のないものです。排除しようと身体は活性酸素を大量発生させます。その結果、身体が酸化してしまうわけです。

飲酒による身体の酸化をストップするサプリの成分

飲酒によって身体が酸化してしまうことが、身体にマイナスの影響を与えてしまう原因です。しかし、お酒を呑むのはそう簡単にとめられるわけではありません。たとえば、付き合いで飲む、といったケースも有りますよね。

こちらではアルコールを飲みつつも身体の酸化をストップする方法についてお教えします。実はサプリメントを利用することが非常に有効的なんですよ。

ビタミンCの含まれたサプリメントを利用しよう

・ビタミンCには高い抗酸化作用あり

お肌に対して素晴らしい機能を持っていることでも知られているのがビタミンCです。ビタミンCを摂取することで高い効果が得られる、といった事実もあるのです。

特に大きな効果を発揮いしてくれるのがお肌の酸化です。シミやソバカスといったものが、身体が酸化するとできやすくなります。しかし、ビタミンCを摂取することでお肌の状態が良くなりますコラーゲンの生成も促進され、お肌のハリも出てくるのです。

ビタミンCには他にも注目の機能があり、他の栄養素の吸収を手助けする、といったものがあります。アルコール対策サプリメントには、ウコンやオルニチンが有名ですが、ビタミンCを同時に摂取すると、それらの成分が有効に活かせる状態になるわけです。

ビタミンEの含まれたサプリメントを利用しよう

・新陳代謝を高めて抗酸化力を強めてくれる

身体が酸化してしまうと、どうしても新陳代謝が悪くなってしまうのです。新陳代謝が悪い状態になってしまうと、血流も悪くなります。全身に必要な栄養素が送られない、といった状態になりかねません。

ビタミンEによって血流が促進されると全身の細胞が元気になります。たとえば新しいお肌も出来るようになりますし、内臓にも栄養が送られやすくなるのです。

身体の酸化する原因である活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。脂肪が酸化してできる過酸化脂質の分泌を抑制できます。ビタミンEはビタミン系サプリメントの多くに含まれているので、比較的摂取しやすい、といったメリットもあります。

パントテン酸の含まれたサプリメントを摂取しよう

・神経のバランスを整える

自律神経が乱れることによって、身体が参加してしまうことがあります。自律神経が乱れると深い睡眠が取りにくくなります。その結果、ストレスが解消されずに高まってしまうことも考えられるのです。

パントテン酸には、神経の算定作用があります。自律神経の機能位を高めることもできるので、結果的に免疫力なども高まります。身体の根本的な部分に作用してくれるのが、パントテン酸といった成分です。

ウコンサプリには抗酸化作用があるって本当?

ウコンのサプリメントを利用すると肝臓の機能が強化されて、お酒の影響を受けにくくなる、といったことが言われています。実際に、ウコン系サプリメントやドリンクをお酒を飲む前に利用している、といった方も多いのではありませんか。

こちらではウコンサプリの抗酸化作用について詳しくお話します。仮にウコンサプリメントに抗酸化作用があるとしたら、肝臓だけでなく体全体の健康にも効果がある、といったことになりますよね。果たして、真実はいかに。

ウコンには高い抗酸化作用が期待できる

・デトックス効果が期待できる

体内に様々な毒素が残ってしまうことが大きな問題なのです。なぜ酸化するかといえば、それらの毒素が身体を酸化させてしまうことにあります。

ウコンを摂取すると、デトックス効果が実際に得られます。肝機能を高めるクルクミンなどの成分が、たとえばコレステロールを処理してくれたりもするのです。

内臓をメンテナンスする機能があるので、ウコンを利用して抗酸化機能を得てみませんか。ちなみに、クルクミンにはコレステロールを処理するだけでなく。尿道の結石にも対処してくれます。他にも、動脈硬化に有効な機能を持っているなど血管や血液の健康にも寄与してくれるのです。

ウコンに入っているシネオールにも注目!

・殺菌作用あり
・防腐作用あり

体内に菌が発生したり、腐ってしまったり、といった状況が生まれてしまうと、酸化がどんどんと進んでしまいます。身体の健康度合いを高めるためには、まずは体内の健康を確保することです。

そこで注目して欲しいのが、ウコンに含まれているシネオールといった成分です。実は胃の健康を高めてくれる成分として知られています。

よく食べたり呑んだりする方は、胃に大きな問題が発生している可能性もあります。そのままにしておくのはかなり危険なのです。そこでシオネールですが、殺菌作用や防腐作用があります。胃という体の中心部分の臓器の機能を高めてくれるわけです。

ウコンに含まれているフラボノイドは血管の抗酸化作用あり

・血管の酸化は命にも関わる

酸化の影響が血管まで至ってしまうのは大きな問題です。そうなってしまわないようにするためには、ウコンのフラボノイドといった成分が重要になってくるのです。

フラボノイドには、血管壁を修復してくれる機能があり、血管自体を強化してくれます。血管に対する抗酸化作用まで持っているのがウコンです。

オルニチンサプリには高い抗酸化力があった!

肝機能を改善するサプリメントの成分として注目を集めているのが「オルニチン」です。しじみに含まれる成分ですが、サプリメントであれば、効率的に摂取できると話題になっているのです。

そのオルニチンサプリですが、実は抗酸化力が極めて高いことも分かっています。高い抗酸化力があることで、身体には様々な効果が期待できるわけです。

今回はオルニチンと抗酸化作用の関係性について明らかにします。

肝臓機能を高めること自体が抗酸化力に関わっている

・身体の浄化機能がアップする

そもそも血液を綺麗にしてくれているのが肝臓です。様々な毒素を無毒化させる機能があるのです。もちろんアルコールも肝臓で分解されています。

しかし、肝臓の機能が弱ってしまえば、当然アルコールの分解もされなくなってしまいます。いつまでもアルコールが体内に残ってしまい、アセトアルデヒドが分泌されている状態になってしまうのです。身体の酸化はとどまることを知りません。

オルニチンを摂取すると、肝機能をサポートしてくれます。分解速度などもアップしてくれるので、早急に身体が正常な状態を取り戻しやすくなるのです。たとえば、二日酔いが起こりにくくなる、といった機能まで期待出来るんですよ。

・注目はスーパーオキシド!

オルニチンで肝臓の働きを高めることができれば、スーパーオキシドを大量に分泌できるようになります。スーパーオキシドには高い抗酸化力が認められており、全身に対して老化を予防してくれる可能性もあるのです。

オルニチンには体臭を抑制させる効果もある

・アンモニア臭を抑える機能がある

体臭でお悩みの方も多いと思います。年齢が一定以上になってしまうと、どうしてもアンモニア臭が出てきてしまうものなのです。嫌な匂いですが、諦めている方も多いでしょう。

実はその体臭にも対処してくれるのがオルニチンです。オルニチンにはアンモニアの代謝を高める機能があります。アンモニアも代謝されてしまえば。臭いが発生することはなくなりますよね。

体臭で悩んでいる方は、オルニチンサプリを利用してみましょう。

ダイエット機能もあるオルニチン

・成長ホルモン分泌促進作用あり

年齢が高くなると太りやすくなります。実はこれにも酸化が大きく関わっているのです。身体が参加してしまうと、エネルギーの代謝も行われにくくなり、どんどんと肉がついてしまいます。

オルニチンには成長ホルモンの分泌にも関わります。分泌を促進してくれるので、糖質の代謝などが早くなります。結果的に体内にエネルギーが取り込まれにくくなり、ダイエットに成功するわけです。

飲酒前に牛乳を飲むと効果が得られるの?

二日酔いや飲んでいる最中の酔いを抑えたい、と思っている方はかなり多いと思います。しかし、なかなか有効な対策方法がわからない、と頭を抱えてはいませんか。そんな方に利用して欲しいのが、牛乳を飲むといったものです。

こちらでは牛乳とアルコールの影響の関係性についてお話します。実際に、どのような効果が期待できるのでしょうか。

牛乳によってもたらされる効果

・酔いが軽減される

牛乳によって胃が守られるような状態になります。ゼリーのような粘膜を張る、と言われているのです。牛乳を飲むことによって胃が保護されるようになり、結果的にアルコールの吸収が穏やかになります。

急激に体内にアルコールが入ってきてしまうと、悪酔いしてしまう可能性も出てきてしまうのです。アルコールの吸収量を抑えることができさえすれば、二日酔いの軽減まで期待できます。

注意して欲しいのが、完全なる抑制効果はない、といったところです。アルコールは小腸からの吸収されることになるので、胃だけに対処しても効果は限定的です。しかし、吸収量を少しでも抑えることができれば、アルコールによる悪影響は防げるようになります。

効果がある牛乳の飲み方とは?

・飲酒する2時間前に牛乳を飲むこと

直前や、お酒を飲みながら牛乳を摂取したとしても高い効果は得られない、と考えられています。そこでおすすめしたいのが、アルコールを摂取する2時間前に牛乳を飲む、といったことです。

胃の保護機能がある牛乳ですが、時間が経たなければ膜を張らない、と行った特徴があります。だからこそ2時間前、といったことが重要になってくるのです。

飲み忘れてしまうと、効果が得られなくなってしまうので、注意しなければなりません。

牛乳のどんな成分がアルコールに対して良い働きをしてくれるのか?

・カゼインがアルコールの吸収を抑える

牛乳にはガゼインといったタンパク質が含まれているのです。そのタンパク質が牛乳を飲むと胃の中に膜を貼るような状態になります。実はお胃酸過多の方にも効果的で、胃酸から胃の粘膜を守ってくれる、といった効果まで期待できるのです。

そもそも牛乳は温まると表面に膜が張られますよね。膜が貼りやすい液体なので、胃の中でも特殊な作用を働かせてくれるわけです。

ウコンは本当にお酒対策に有効か?

お酒対策として最も有名なのがウコンです。テレビコマーチャルで「ウコンの力」といったものをよく見かけますよね。ウコンが含まれたドリンクを飲むことで、アルコールに対して対抗できるような状態にするわけです。

今回は、ウコンのお酒に対する本当の力についてお話します。どういった機能があり、どのような効果が期待できるものなのでしょうか。

ウコンには肝臓をサポートする機能がある

・ウコンに含まれるクルクミンに注目

ウコンには様々な有効成分が含まれているのですが、その中でも注目しておきたいのがクルクミンです。ウコンを利用する主な理由としては、「クルクミン」を摂取するため、といったものがあるのです。

クルクミンには、肝臓でアルコールを分解するときに発生してしまうアセトアルデヒドの分解を促進させる、といった機能があるのです。アセトアルデヒドに関しては、二日酔いなどの症状をおこすなど、非常に悪い物質です。いかに対処する可が重要なのですが、クルクミンがあれば肝臓の機能を高めてアセトアルデヒドの分泌されている期間を短くする、といったことも可能になってきます。

ウコンは錠剤とドリンク、どちらがおすすめ?

・即効性を求めるならドリンク

ドリンクのほうが吸収力が良い、といった特徴があります。一方で錠剤タイプになると、消化吸収するまでには多少の時間がかかってしまうのです。ですから、飲み会の直前に利用する、といったことを考えているのであれば、ドリンクタイプを選択してください。

ただし、ドリンクタイプに関しては問題もあります。

・ウコンを継続的に利用するのであれば錠剤タイプ

ドリンクタイプは値段がかなり高いです。継続的にウコンを利用していくと考えた場合、ウコンのドリンクは1本あたり150円から200円程度します。1ヶ月で6,000円程度かかってしまう可能性もあるのです。

ウコンの錠剤タイプであれば、1日あたり100円前後のものもでているので、比較的利用しやすいです。ひと月あたり3,000円程度で利用できるわけですからね。

・持ち運びを考えると錠剤タイプがおすすめ

ドリンクタイプは重さもあるので持ち運びは難しいでしょう。サプリメントであれば、出張先や旅行先でも簡単に利用できる、といったメリットもあります。バックの中に入れてもあまり重さは感じません。

二日酔い対策にヘパリーゼ

二日酔い対策には「ヘパリーゼ」が良い、とされています。ヘパリーゼはゼリア新薬から販売されている二日酔い対策アイテムですが、いま人気が高まっているのです。

こちらでは、ヘパリーゼを利用するとどのような効果が期待できるのか、といったことについてお話します。どんな二日酔い対策をすべきなのか悩んでいる方は必見です。

ヘパリーゼに含まれる有効成分とその効果

・ゴミン

ゴミンは、肝臓の働きを補助してくれる成分の一つです。特にお酒を飲むと下痢になりやすい、といった方にはありがたい成分です。

水分の代謝機能に関わっている成分なので、下痢を抑制してくれる、といった機能を有しています。

・肝臓水解物

肝臓水解物と言われてもわかりにくいと思いますが、要はアミノ酸です。豊富なアミノ酸が含まれており、それらが体に対して良い働きをして、二日酔いなどの諸症状を抑えてくれます。

特に二日酔いに良い対策に良い働きをしてくれると言われているのが、アラニンやグルタミン、さらにメチオニンやトリプトファンです。特に注目して欲しいのがアラニンです。最近ではしじみ成分を利用した二日酔い対策サプリメントも出てきていますが、そちらにもアラニンが含まれています。二日酔いの主原因と名ってしまうアセトアルデヒドの分解を促進させてくれる機能を持っています。

トリプトファンに関しては、二日酔いによって引き起こされてしまう睡眠障害を抑制してくれる効果があります。しっかりと眠ることができれば、翌日に辛さを持ち越さないで済むようになりますよね。

・コンドロイチン硫酸ナトリウム

疲労回復効果や、だるさの改善といった機能があるとされています。

二日酔いの時には、疲れが溜まっているような感覚になってしまったり、身体が重い、といった状態になりかねません。

関節に効果がありそうなネーミングの成分ですが、二日酔いにもしっかりと作用してくれますよ。

ヘパリーゼに問題点はないのか?

・医薬品であるので気をつけるべき

第3類医薬品なので、それほどきつい副作用報告があるわけではありません。安全性は一定以上ある、と考えて間違いないです。しかし、医薬品とされている以上、気をつけるべき存在であることは間違いありません。飲み方によっては身体に問題が出てきてしまうことも考えられます。

安全性を重視したいのであれば、ウコンやオルニチンの利用が適切です。

えっ!逆効果?睡眠とアルコールの関係性

二日酔い対策にはしっかりと眠る、といったことが重要であると考えている方は多いです。寝たほうが二日酔いになりにくい、と思われているフシもあるのです。もちろん、しっかりとした睡眠はお酒を飲んだ日であったとしてもとるべきですが、実は睡眠自体にもちょっとした問題がありました。

こちらでは、睡眠とアルコールの本当の関係性についてお話します。

寝るとアルコールの分解は鈍化してしまう

・酔いの症状が残ってしまう

アルコールを飲んだ後に酔いの症状を抑制するためには、血中のアルコール濃度を引き下げる必要があります。そのためには、アルコールの分解がされなければなりません。

そこで起きているままの状態と寝た状態でアルコール濃度がどう変化したのか、といった実験が行われているのです。

その実験によると、

起きていた場合はアルコール濃度が大幅に減り、寝ているとアルコール濃度があまり減らなかった、

といった結果が出ています。

要は、起きていたほうがアルコールの分解は促進されるのです。中にはお酒を飲んでそのまま寝てしまう、といった方もいるかも知れません。そんなことを行ってしまうと、アルコールは分解されずに血中に残り続けます。起きた時にまだ酔っている状態が持続してしまい、二日酔いが生まれてしまうのです。

しかし、飲酒後に全く眠らないで過ごす、といったことはできませんよね。翌日のことも考えなければなりません。仕事もあるでしょう。

注目して欲しいのが、飲酒が終わってからどのくらいアルコールの分解が活発に行われているのか、といったことです。その時間を知ることができれば、その時間は起き続けて、その後に眠ればよいわけです。

飲酒後5時間は起きていること

・飲酒後5時間はアルコールの分解が活発に行われている

かなり長い時間に渡ることが分かっているのですが。血中のアルコール濃度は、飲酒後5時間くらいまでは急激に下がり続けます。その後はゆっくりと減っていくことになるので、起きていても寝てもそれほど変化なし、といったことが分かっているのです。

飲酒後5時間眠らない、といったことは難しいかもしれませんが、二日酔いで悩んでいるのであればなるべく実践しましょう。たとえば、午後9時まで飲んでいたら、午前2時位までは寝ない、といったことを実施するのです。

翌日のことを考えると、なるべく早い時間にお酒を呑むのを切り上げることが重要ですよ。

お酒を呑む直前に脂肪が多いモノを食べて二日酔い予防

お酒を呑む前にちょっとしたものを食べると、二日酔いになりにくくなるのです。どんなものを食べればよいのかといえば、脂肪分の多いものなんですよ。

こちらでは、なぜ脂肪分の多いものを食べると二日酔いの予防になるのか、そしてどんなものを食べるのが適切なのか、といったことをお教えします。

脂肪がアルコールに対して良い働きをする理由

・アルコールの吸収を防いでくれる作用がある

脂肪が悪い影響を与えてアルコールの吸収を阻害しているわけではありません。脂肪は消化吸収がされにくい、といった特性があるのです。その結果、胃にとどまっていることも多く、やっと十二指腸で消化されることになるのです。他の食品と比較すると、圧倒的に吸収に時間をかけます。

脂肪を食べてからアルコールを摂取すると、脂肪に邪魔されて胃でなかなか吸収されません。その結果アルコールの大部分が腸に向かうのです。胃であれば、あっという間に吸収されてしまい、肝臓に大きな負担が出てくるわけですが、腸であればゆっくりと吸収されます、肝臓に対する負担も少なくなりますし、急激な悪酔いが出てくるようなこともありません。だからこそ、脂肪を事前に食しておくべきなのです。

ちなみに、脂肪分のある食べ物を食べると太る、と思われていますが、脂肪を食べたからといってかららずしも脂肪になるわけではありません。我々の脂肪の大部分は炭水化物です。脂肪のある食べ物をたくさん摂取したとしても肥満との直接的な原因にならない、と述べている専門家もいるほどです。

どんな脂肪分のある食品がおすすめなのか?

・オリーブオイルを使った料理
・バター
・マーガリン
・くるみ
・マカダミアナッツ
・フレンチドレッシング
・サウザンアイランドドレッシングなど

何も肉料理を食べろ、と言っているわけではありません。オリーブオイルであれば健康的な脂肪分が摂取できますし、ナッツ類であればビタミンなども豊富に摂取できるなど、健康にも即した食材で脂肪分は十分に体に取り入れられるのです。

ちなみに、ヨーロッパにはアルコールを飲む前にかならずオリーブオイルをスプーン1杯飲む、といったことを実践する文化もあります。昔から、どういったものを食べると酔いにくくなる、といったことが分かっていたのです。

酒豪が多いことで知られるロシアでも、バターやサワークリームを食べてから飲む、といった文化があります。

お酒を薄めて悪酔い防止

お酒を呑むのであれば、しっかりとした付き合い方を考えなければなりません。つきあい方を誤ってしまうと、お酒で大きな失敗をしてしまうかもしれないのです。

今回はお酒とのうまいつきあい方についてお教えします。実は非常に有効な方法としてお酒を薄める、といったものがあるのです。その内実はどのようなものになっているのでしょうか。

お酒を薄めてアルコール濃度を引き下げるようにすべき!

・烏龍茶や水を有効利用しよう

酔ってしまう原因はアルコールです。特にアルコール度数が高い飲み物を飲んでしまうと、その影響で良いが発生してしまうのです。たとえば、アルコール度数が20%のものと、5%のものを同じ量を飲んだとしても、酔い方には大きな違いがありますよね。5%のほうが圧倒的に酔わないで済むわけです。

要は、20%のアルコールドリンクであったとしても、5%程度の濃度に引き下げればよいのです。そこで重要になってくるのが、お酒を薄める、といったテクニックです。

重要なのが、混ぜているのを周りに気づかせない、といったことです。薄めているのがわかると、絡まれてしまい、かえってアルコールを飲まされてしまうかもしれません。

注目して欲しいのがお酒と同じような色合いのノンアルコールドリンクを確保しておく、といったことです。烏龍茶であるとか、単なる水でもお酒と色が一緒であれば問題ありません。

飲んでいる相手が席を外した好きに、アルコールドリンクの中に、ノンアルコールドリンクを混ぜてしまうのです。そうすることで、濃度が圧倒的に減ります。酔いにくい状態にできるのです。

・氷を混ぜるのもおすすめ

ノンアルコールドリンクを混ぜるのが難しそうな雰囲気であった場合には、氷を混ぜてしまう、といった手法もあります。氷を多めに入れれば、しばらくすればアルコールの濃度は少なくなりますよね。氷が溶けるのを待って、ちびちび飲むといった方法も有効です。

ウイスキーのおすすめの飲み方

・水やお茶で割ってちびちび飲むだけ

アルコール度数の高いお酒ですが、実は水やお茶と混ぜると沈殿する、といった特徴があるのです。ですから、お茶や水を混ぜて、上の方のドリンクを少しずつ飲む、といったことを行えば、お酒をほとんど飲まないような状況にもできます。

こちらの方法は、アルコール度数の高い飲み物を飲むときに有効活用してくださいね。

烏龍茶をお酒のように見せかけてごまかす

お酒とうまく付き合っていくためには、まわりを欺く、といったことも重要です。特に体調が悪い時にアルコールを飲むと酔いも早く回ってしまいます。二日酔いも発生しやすいのです。そんな状況で飲み続けてしまうのは自殺行為です。

こちらではお酒を飲まないでもお酒を飲んでいるように見せかける方法についてお話します。

烏龍茶や水をそっと店員に頼む

・出入り口に近い場所を確保すること

少し面倒になってしまうかもしれませんが、お酒から逃れるためには重要です。自分の席を出入り口の近くに設定してください。そして注文や注文品の受け渡しを一手に引き受けるのです。

注文するときには、自分はお酒の様に見える飲み物を小声で伝えます。烏龍茶であれば、ウーロンハイのようにも見えますし、日本酒のお茶割りのようにも見えます。一方で、水であったとしても、日本酒を飲んでいるように見せかけることができます。そういったお酒に見える可能性のあるドリンクを自分は頼むのです。

注文したドリンクが運ばれてきたら、自分が頼んだドリンクをすぐに受け取ってしまってください。店員に大きな声でメニュー名を叫ばれてしまえば、ノンアルコールドリンクを飲んでいることがまわりにもバレてしまいます。だからこそ、入り口の席を選ぶことが非常に重要なのです。

前もって店員に根回ししておくことも大切

「ウーロンハイを頼んだら、烏龍茶を持ってきて」
「お茶割りを頼んだら、お茶を持ってきて」
「日本酒を頼んだら、水を持ってきて」

上記のようなことを伝えておくのです。意外なことかもしれませんが、居酒屋などのお酒の出る店舗では、そのように店員に前もって根回しが入っていることが多いのです。店員としても経験していることなので、思った以上に上手く対応してくれることが多いんですよ。

ノンアルコールカクテルを頼む

・見た目は完全にお酒

最近では飲食店の多くでノンアルコールカクテルが用意されています。最近では、飲酒運転の件もあり、メニューを充実させているのです。

ノンアルコールドリンクに関しては、色合いに関しても基本的にお酒と全く違いがありません。安心して利用できる、といったメリットがあるのです。まわりにもお酒を飲んでいるように見せられるので、下戸の方には無くてはならないドリンク、といっても過言ではありません。

お酒と一緒に水を飲むのがおすすめ!

酔いたくなかったり、アルコールが弱い方がお酒と上手く付き合っていくためには水を有効活用する、といったことが極めて重要です。水をうまく利用できれば、圧倒的に酔いにくくなります。二日酔いが出てしまう確率を引き下げることも可能なのです。

こちらでは、お酒と水を一緒に飲む、といった方法をおすすめします。

なぜお酒と水を一緒に飲むのが有効なのか?

・脱水症状を軽減できる

酔いの状態をひどくさせてしまう原因として脱水症状があります。実はアルコールには水を消費させてしまう機能があるのです。実はアルコール量の20倍の水が利用されてしまう。といったことが言われているのです。

たとえば、アルコール度数の高いドリンクを飲んでしまい、100ミリリットルのアルコールを体内に入れてしまったとします。その結果、水が2リットルも消費されてしまうことになるのです。これでは、体の水分がなくなってしまいますよね。二日酔いでぼーっとしてしまったり、ふらふらしてしまう、というのは脱水症状が関わっているケースも多く注意しなければなりません。

一方で、お酒を飲みながら水を飲むことで、お酒を薄めるといったこともできますが、脱水症状を抑制できることにもつながってきます。アルコールによって消費されてしまう水を、摂取しているわけです。消費される分を補えていれば脱水症状に陥ることはありませんよね。

・アルコールを体外に排出しやすくなる

水を飲むことで、トイレに行きたくなります。いわゆる、利尿作用といったものが働くのです。利尿作用が働くということは、アルコールも尿から体外に排出されやすくなります。体内にあるアルコール量が減るので、酔いが軽減されます。

どのくらいの水を飲んでいくのがおすすめなのか?

・アルコールドリンク量と同等の水がおすすめ

アルコールドリンクを500ミリリットル飲むのであれば、水も500ミリリットル飲む、といった対策方法がおすすめです。アルコール度数にもよりますが、5%程度の濃度のアルコールであれば十分に水分をまかなえる計算です。

もちろん、アルコールを飲み過ぎてしまうと、同等の水を飲む、といったことはほとんど不可能に近いです。お酒を飲む量についてもある程度はセーブしなければなりません。

タンニンが含まれる物でお酒で乗り切る

お酒と上手く付き合っていくためには、食べ物や飲み物で特定の成分を摂取する、といったことが大事になります。悪酔いしやすい方に関しては、ぜひこちらで紹介する方法を実践してください。

ちなみに、アルコールを飲むときにはタンニンの入ったドリンクや食べ物を積極的に食べるべきなのです。

タンニンがアルコールと相性が良い理由とは

・アセトアルデヒドの分泌を抑制させてくれる

アセトアルデヒドは、悪酔いを発生させてしまう原因になるものです。いかに分泌量を減らすかが重要なのですが、そう簡単に思ったようにはいきません。そもそも、お酒が弱い人はアセトアルデヒドが長期間分泌されやすい状態になっています。

そこで注目して欲しいのがタンニンです。タンニンという物質をお酒を飲みながら摂取することで、胃や小腸からアルコールが吸収されてしまうような状況を抑えてくれるのです。アルコールの吸収が抑制されることで、血中にもアルコールが入り込みにくくなります。その結果、肝臓に至るアルコールも少なくなり、結果的にアルコール分解時に発生するアセトアルデヒドが生まれにくくなるのです。

タンニンはどのような飲み物や食材で摂取すべきか?

・お茶割りなどを利用すべき

お茶にはタンニンが含まれているので、ドリンクとして飲む、といった方法があります。店舗によってはお茶割りが充実しているところもありますよね。そのようなところを利用することが、肝臓を守ることにもつながってくるわけです。

・柿を食べたり、(ジュースなどで)飲んだりすること

下記の料理といったものはあまり多くないかもしれません。デザートとして柿が食べられることもあると思うので、お酒を呑む場合には頼んでおくべきです。

柿にはタンニン以外にも様々な有効成分が多数含まれている、といった特徴があります。たとえば、カロチンやビタミンCといったものが含まれているのです。肝機能を高めたり、抗酸化作用があるなど、身体にとって良い成分が効率的に摂取できます。他にも、果糖が含まれている点にも注目したいです。果糖は早く分解される、といった特性があり、アルコールの分解も促進させてくれます。

店舗によっては柿系のドリンクが用意されているケースもあるので、その場合は頼んでおくのもおすすめです。また、お酒を呑む前に柿を食べたりジュースなどで摂取する、といった方法もおすすめですよ。

お酒の飲めない人同士で結託しよう

お酒を飲めないのはあなただけでしょうか。もしかしたら、あなた以外にもお酒が苦手、といった方が周りにいるのではありませんか。そのような場合は協力する、といったことも考えておきましょう。

こちらでは、お酒を飲めない人同士でどのような協力ができるのか、といった点についてお話します。飲み会の有効な対策法を知りたい下戸の方は必見です。

飲めない人たちで固まること

・お酒を無理に進められることもなくなる

まわりのお酒が飲める人たちばかりになってしまうと、どうしても次々と飲まされてしまいます。飲まなければ付き合いの悪い人間、といったことも思われてしまいかねないのです。

そこでお酒が飲めない人が一箇所に集まる、といった方法があります。お酒を飲めない人に囲まれている状態であれば、お酒を進められることもありません。飲み過ぎを抑制することにもつながってくるのです。

・事前に計画を立てておくことが重要

どの場所に集まるのか、といったことは前もって話し合っておくことがおすすめです。来た順に席につく、といった場合もあるので、その場合は、どこかの待ち合わせで集まって、それから飲食店に向かう、といった方法もおすすめです。

逆に飲める人と結託する方法もある

・飲めないことを伝えておき自分のお酒を飲んでもらう

お酒が好きな方にキチンと伝えておき、自分のお酒を飲んでもらう、といった対策方法もあります。お酒が好きな方であれば、お酒を飲んでくれるケースも少なくありません。ただ、前もってその人がどのお酒が飲みたい気分であるかを確認しておく必要もあります。

いくらお酒が好きだからといって、どんなお酒でも良いわけではありませんからね。

お酒の好きな人がまわりに集まってきてしまった時はどうすればよいのか?

・調子が悪いことを伝える

あまりひどい調子の悪さを伝えるのは問題なので、たとえば頭痛が少しある、といった感じでも良いでしょう。頭痛は宵の症状の一つでもあるので、お酒を呑む人の多くが体験しています。つらい症状であるとも理解しているので、仮病ではありますが、伝えておくと非常に高い効果が得られることもあります。

・調子が悪いことを伝えてもダメだった場合には変えることも考えよう

調子が悪いのであれば、途中で帰ったとしても怒られる筋合いはありません。上司にそっと調子が悪いことを伝えて、お金を渡して先に帰らせてもらうのです。お金もしっかりと渡しておけば、後ろめたさもありませんよね。

水やウイスキーのロックを頼んでみよう

お酒は苦手だけどどうしても飲む場に行かなければならない、といったこともたくさんあるのです。そんな時にちょっとした対策方法を実践することで、お酒の影響を受けずに済むことも可能です。

今回は、お酒を呑むときに水やウイスキーのロックを頼む、といったことをおすすめします。なぜそういった行為がお酒対策に役立つのでしょうか。

ウイスキーのロックを頼むだけで乗りきれる!

・付属する水を飲んでごまかそう

ウイスキーのロックを頼むと、ウイスキーと氷(ロック)そして水が出てきます。ここまで言えばわかると思いますが、水に氷を入れてそれを飲んでウイスキーを飲んでいるように見せかけるのです。たったそれだけで、お酒を飲まずにお酒を飲んでいる雰囲気を醸し出せます。周りからも付き合いが悪いやつだ、といったことを思われてしまう心配はありません。

お酒を完全に飲めないわけじゃなくって、ちょっとだけ飲める、といった方はウイスキーをコップに継いで水でだいぶ薄めて飲む、といった方法もおすすめです。アルコール濃度が低くなれば、当然悪酔いもしません。慣れてくれば、どの程度薄めれば翌日に影響を与えない、といったこともわかってくると思います。

そもそも、ウイスキー自体が一気飲みするようなお酒ではない、といった所も狙い目です。ビールであれば、長時間ちびちび飲んでいるとあまり良くない印象を持たれてしまいかねません。一方で、ウイスキーは味わって飲むタイプのお酒なので、それほどグビグビ飲むものでもないのです。

ちょっとずる賢いように感じるかもしれませんが、自分体を守るためでもあります。一般の居酒屋では氷やチェイサー(水)が出てくることはないかもしれませんが、クラブやスナック、といった場では出てくるので、場所によってはかなり有効活用できる対策方法です。

水をわかりにくく注文すること

・お冷ください、と言ってみよう

ソフトドリンクを頼んでしまうと、付き合いの悪いやつ、といった印象を持たれかねません。「烏龍茶とか水ください」というのではなく、「お冷」といった言い方をすると、あまり気にならないのです。

前もって日本酒などを頼んでおき、その上でお冷を頼むと、色合いからどちらが水かお酒かわかりにくいですよね。その結果、水を飲んでいるのにお酒を飲んでいる雰囲気が出せるのです。

お酒が飲めないことを伝えておく

お酒との上手いつきあい方ですが、正直に話しておく、といったことも大事です。お酒があまり入っていない場では、なんとか乗り切れるかもしれません。しかし、お酒が入ってくるとだんだん乱暴にお酒を勧められてしまう、といったこともあるのです。

お酒が飲めないことを上手く伝えておけば、酔ってからでも強引に誘われない、といったガードを張ることにもつながってくるわけです。

ただ、問題になってくるのが、いかに上手く伝えるか、といったことです。単に「明日、朝が早いので」といたことであれば、みんな条件は一緒、となってしまいかねません。お酒を拒否できるうまい言い方を知ることが大事なのです。

こちらではお酒を飲まなくても平気になる伝え方、といったものをお教えします。

お酒を飲んで救急車沙汰になったことがある

・倒れてしまう可能性を匂わせること

過去にお酒を飲んで病院沙汰になってしまった、といったことを伝えるのです。嘘でも良いですし、本当のことであれば伝えておくべきです。飲み過ぎると体に問題が出てくる可能性があるので、あまり飲むことはできない、といった印象が周りの人にも植え付けられます。

飲ませすぎて、また救急車沙汰にしてしまっては大変ですよね。お酒を勧めていれば、責任問題にも発展しかねません。

また、病院や救急車といったきつめのワードを使わなくてもある程度の気持ちは伝えられます。たとえば「お酒を呑んだら意識不明になった」といったものでも良いです。お酒を飲んで意識不明になった、ということはそもそもお酒との相性が悪い、といったことも十分に考えられるわけです。アレルギー的な印象も与えられるかもしれません。

お酒が飲めないことに理解のある上司と一緒に飲む

・上司が理解してくれていれば飲み会も平和になる!

直属の上司でも良いですし、良く一緒に飲みに行く中でリーダー的な存在の人だけにでもお酒が飲めないことを伝えておきましょう。伝えておけば、その人がある程度対処してくれるようになるはずです。そもそも、上司からのお酒が断れないからこそ、大変な思いをしてしまっている方が多いですよね。だからこそ、その上司にだけでもお酒が飲めない、といったことを伝えておきましょう。

他の同僚にお酒を呑むように促されても、その上司が守ってくれるかもしれません。

その代わりその場を盛り下げないように、注文を取る役を率先したり、といったことが大事になります。

アルコール分解のシステムについて

お酒との付き合いを考えるためには、まずは肝臓の機能とアルコールの分解について深く理解しなければなりません。こちらでは、お酒で摂取したアルコールが体内でどのようになるのか、といったことについてお話します。

お酒を飲むと悪酔いしてしまったり、高い確率で二日酔いをしてしまったり、といった方は必見です。

アルコールはどこから吸収されるのか?

・胃で20%のアルコールが吸収
・腸で80%のアルコールが吸収

それぞれの部位で吸収したアルコールは血液の中に入り込みます。

ちなみに、胃で吸収されると、かなり早い段階で酔いが回ってしまうことになります。吸収速度が早いのです。一方、腸で吸収される分には時間がかかるので、酔いはゆっくりとやってきたり、ひどくなりにくかったり、といったことになります。アルコールは吸収される部位によって、影響力が大きく異なってくるのです。

血管に入ったアルコールは肝臓に送られて・・・

・肝臓に送られたアルコールはすぐに分解される

アルコールは身体にとっては毒のようなものなので、すぐに分解しようとします。その役割を担っているのが、肝臓なのです。

血管の中に入りこんだアルコールは肝臓に運ばれます。そして分解が開始されるのです。アルコールを分解するためには、アルコール脱水素酵素(ADH)といた物質が必要であり、その物質によってアセトアルデヒドといった物質に分解されるのです。

アセトアルデヒドに分解される時ですが、実は糖分や酸素を多く利用しています。糖分や酸素が身体に足らなくなってしまうような状況がやってくるのです。アルコールの分解のための糖分や酸素は前もって貯蔵できません。身体にとっては大きな負担となってしまい、悪酔いや二日酔いに発展してしまいます。

アセトアルデヒドもさらに分解される

・アセトアルデヒドは酢酸となり、最後は水と二酸化炭素になる

アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドも身体にとっては毒素です。そのままではよくないので、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)といた物質で分解されることになります。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって分解されて出てくるのが酢酸です。酢酸もさらに分解されて、水と二酸化炭素になるのです。水と二酸化炭素は身体にとって一般的な物質なので、特に毒ではありません。あとは排出を待つだけです。

アセトアルデヒドってなんだ?

アルコールを飲んで悪酔いしてしまったり、二日酔いになってしまったりする原因とされているのがアセトアルデヒドです。

こちらでは、その諸悪の根源といっても良いアセトアルデヒドについて解説します。お酒との関係はどうなっているのでしょうか。

アセトアルデヒドが体内に生まれてしまう原因

・アルコールを肝臓で分解するときに発生

アルコールは全てが肝臓で処理されるわけではありませんが、かなりの割合が処理されて無毒化されます。その無毒化される過程で発生してしまうのが、アセトアルデヒドなのです。

アセトアルデヒドですが、体内に入ると胃や腸から血液の中に入り込みます。そして肝臓に送り届けられるのです。アルコールが血液中にそのまま入っているのは危険なので、そこで分解されることになります。分解される最中に生まれてしまうのが、アセトアルデヒドなのです。

肝臓としては、血中のアルコール濃度を下げるために分解しているのですが、分解によって生まれたアセトアルデヒドが身体にとって様々な悪い影響を与え続けてしまいます。

ちなみに肝臓でアルコールが分解されるときには、脱水素酵素が関わっています。その酵素によってアルコールがアセトアルデヒドに分解され、アルコール濃度を引き下げているのです。

アルコールも毒素だがアセトアルデヒドも毒素

・アセトアルデヒドが血液中に残ると様々な症状が発生

アルコールを分解することが大事になってくるのですが、そのアルコールを分解して発生してできたアセトアルデヒド自体も毒素です。アセトアルデヒド自体も分解されなければならないのですが、その分解能力が足りていないと、悪酔いしてしまいます。さらに二日酔い、といった症状が生まれてくる可能性も捨て切れません。

アセトアルデヒドが血液中に残ってしまうと、吐き気や頭痛などが翌日に残ってしまうこともあります。考えなければいけないのが、どのようにしてアセトアルデヒドの影響を少なくするか、といったことです。

肝機能を強化する事が大事

・肝臓の分解機能を促進させる必要あり

分解しているのは肝臓なので、肝臓の機能を高めてやることが大切です。その一つの方法として注目して欲しいのが、肝臓を休める、といったことです。休肝日を設ける、といったことも考えておきましょう。甘いモノを食べるのを控えることも重要です。肝臓に負担をかけない生活を心がけてください。

オルニチンという成分には肝機能を高める能力があるとされています。サプリメントや食材から、そういった肝機能を向上させるタイプの成分を摂取することも考えておくべきです。

水は重要|しかしアルコールの加水分解はデタラメ!

アルコールを飲んだ時にたくさん水を飲むと加水分解が起こって、アルコールの処理が早くなる、という話を聞いたことはありませんか。大量に水を飲んで二日酔いに備えている方も多いでしょう。しかし、加水分解については起こらない、といったことが分かっているのです。そもそも水自体には、アルコールを分解する強い作用があるわけではありません。

しかし、アルコールを摂取すると喉が渇きますよね。やっぱり加水分解といったものが起こっており、水によってアルコールが分解されているのではないか、と思ってしまうところでもあります。

こちらではアルコールと水の関係性をお話します。

なぜアルコールを飲むと喉が渇くのか?

・血中アルコール濃度が上昇してしまうため

アルコールを飲むと、胃や腸から血液にアルコールが入り込むことになります。その結果、血液中のアルコール濃度は上昇してしまいます。血液の浸透圧に変化が生じてしまうのです。その結果、喉が渇く、といった症状が生まれてしまいます。

・お酒には利尿作用あり

お酒を飲むと、トイレに行きたくなりませんか。実は利尿作用があります。その結果、体内に水分が体外に排出されることになるので、喉が渇く、といった症状が生まれてしまいます。

このようにアルコールを飲んだ時に水が欲しくなるような症状は、加水分解とは全く違うことがよく分かるのではありませんか。

しかし、水を飲む行為がアルコールによる症状を軽減させる機能があることは事実です。単に加水分解といった機能がない、というだけの話なのです。アルコールを呑んだら水を飲む、といったことは実践してください。

アルコールを飲んだあとに水を飲むと脱水症状を軽減できる

・体内の水分量を増やせる

アルコールを呑んだら、前述したように水が排出されてしまいます。そもそもアルコール(濃度分)の20倍の水分が体に必要になる、といったことが言われているのです。お酒を大量に飲めば水が大量に排出されることになり、結果的に脱水症状が起こります。

※アルコール濃度5%のお酒を100ミリリットル呑んだらアルコール量は5ミリリットル。その20倍の100ミリリットルの水は飲んでおくべき、ということです。

しかし、アルコールを飲んだ直後は喉が潤うので、水を摂取しよう、といった気が起こりません。そして脱水症状が起こってしまうのです。

脱水症状には、だるさや頭がぼーっとしてしまう、といった症状がありますよね。これはまさに二日酔いに通ずるものではありませんか。脱水症状を起こして二日酔いの辛さが増してしまわないようにするためにも、水は少し多めに摂取してください。