太るサプリメントで
健康的に太る!

太るサプリ一覧

ファティーボ

ウェイトナチュラ+

PLUEL(プルエル)

太りたいけど、太れないその原因とは?

世間では痩せているほうがキレイというイメージが強いですが、その一方で食べても食べても太れないという悩みを持つ方もいます。
そんななかなか周囲に理解されない、太りたくても太れない方のためのサイトです。
どうして太りたいのに太れないのか、その原因を詳しくご紹介します。

太れない原因には主に大きくわけて5つの原因があります。
その原因についてそれぞれ見ていきましょう。

1. 栄養の偏り

圧倒的に太れない原因で多いのが、栄養の偏りと言われています。
現代人は、食に困らない一方で、隠れ栄養失調という状態に陥っている人が特に女性で急増しています。
痩せている方でも、栄養失調と自覚している方はほとんどいないはずです。
隠れ栄養失調の方は、自分はちゃんと食べていると思い込んでおり、食事内容を聞いてみると、え!それがご飯という方が結構、いらっしゃいます。
どうしても働いていると、外食やコンビニ、ファストフードという食事内容が増えている方も多いかと思います。
どうしても外食やコンビニなどで栄養のバランスをしっかりと整えようと思っても、
ついつい自分の好きなものを選んでしまうので、栄養は偏ります。
それが毎日になると、毎日同じようなものばかり食べてしまい、その結果、栄養が極度に偏って「隠れ栄養失調」に陥ってしまいます。
そのため、太りたくても栄養が足りず、太れないという状態を招いてしまいます。
また、中には食事の代わりにサプリメントで食事を済ませてしまっている方も多く、
そのため太れないという人もいます。
サプリメントは食事で足りない栄養をあくまでも補うものであって、主食にはなりえません。そういった食事の偏りが太れない原因を作っています。

2. 病気

太れない原因の2つ目としてあげるのが、「病気」です。特に腫瘍、代表的なものとしては「がん」によって太ることができないことがあります。
腫瘍という病気は、体内で細胞分裂が異常におきることによっておきます。
細胞分裂にはエネルギーが必要ですから、食事で摂取したカロリーを使って、どんどん大きくなります。
腫瘍が大きくなることにエネルギーが消費されてしまうため、他の体を動かすことや臓器が機能するために必要なカロリーが不足してしまいます。
その結果、痩せて太れない状態になります。
がんなどの病気である場合は、極度に体重が減少していきます。また腫瘍が大きくなることで他の臓器にも影響がでて、体調が悪くなることがほとんどですので、何か体調に不安を感じて、しかも体重がどんどん痩せていく場合は、すぐに病院を受診した方がいいでしょう。
太れない原因が病気という場合は、適切な治療を受けることで、もとの健康的な体になり、健康的に太ることができます。

3. 歯や歯並びの問題

太れない原因で見落とされがちなのが「歯」や「歯並び」の問題です。
歯が悪くて、入れ歯の方はカロリーが高い肉類などを積極的に食べることができないので、徐々に体重が減少していきます。
歯が痛い虫歯や歯周病も歯が痛いので食べるのが嫌になり、必要な食事を摂取することができません。
また歯並びが悪いと、見た目も悪いのですが、口から食事をする困難になることがあります。
特に下あごがでている、いわゆる「しゃくれ」という歯並びの方は、重症の場合、上の歯と下の歯があたっていないので、鳥のように丸飲みでしか食事をすることができません。
そのため、食べるのが困難なため、食事量もきれいな歯並びの人と比べると減り、太れなくなる原因となります。
口から食事をして歯でしっかりと噛めることで、人は、はじめて栄養を摂取できます。
口から食事をしなくても、点滴からカロリーを摂取することは可能です。ですがそれでは決して太ることができません。入院中に点滴で栄養を与えますが、なるべく口で食べることで栄養を取らせようとするのは、口からの食事がエネルギー確保につながり、早期治癒につながるからです。
ですので、歯並びが悪かったり、歯が悪いと、食事をちゃんと食べることができないので太れないのです。

4. 過度なストレス

現代人はうつ病の発症率が高く、自殺率も減少している傾向があるものの、未だ
20~30代の死因第1位は自殺です。それくらい過度なストレスを抱えている方が非常に多いですが、そんな過度のストレスによって太りたくても太れない方が多いです。
ストレスによって胃の調子が悪くなって、胃酸が過度に分泌されて胃潰瘍を発症したり、
「過敏性腸症候群」を発症して下痢が多くなってしまったりします。
過度なストレスは、食事を消化し、エネルギーに変える、消化器系に症状がでることがほとんどであるため、過度なストレスを抱えている方は、ストレスによって消化器系に負荷がかかるため、太れません。
また拒食症も太れない原因の1つですが、この拒食症も過度なストレスによって発症します。
ストレスは職場の人間関係、嫁姑問題、夫婦間のトラブル、友人関係、子育て、など様々なことによって引き起こされます。
なかなかストレスを解消することは難しく、ストレスが原因で太れない方も一定数いることも事実です。
ただ、ストレスを軽減させることは難しくても、身体からアプローチして、栄養のバランスを整えていくことで、身体へかかるストレスを軽減することによって、心のストレスが軽減し、太れない方も太れるようになることができます。
ですので、ストレスが原因で太れない方も普段の食事を意識することがとても重要になってきます。

5. 遺伝

遺伝もまた太れない原因の1つにあげられます。
親が痩せているので自分もなかなか太れないという方がいます。
もともと胃が小さい、基礎代謝が高いといった身体的な特徴を遺伝によって引き継いでしまうことで、太れないことがあります。
ただ、遺伝的な影響は30%程度であり、残りの70%は環境的な要素が大きいです。
したがって栄養面を改善していくことで、もともと体質的に太りにくいものの、太れることができます。
ですので、栄養のバランスをサプリメントなどで補うことによって遺伝の影響で太りにくい方も太ることは可能ということです。

様々な原因はあるが食事が1番大切

太れない原因を上げてきましたが、どれもたどり着く先は、それらの原因によって
栄養がしっかりと摂取できないので、太れないということです。
したがって、体がしっかりと栄養を吸収できるようになることで、太ることはできます。
ふっくらした理想的な体になるためにも、自分がどの原因で太れないかを知り、その上で、
バランスのとれた食事をして、栄養を体に蓄えることが大切です。
ただ、なかなか仕事や家事、育児の関係で自分の食事バランスを改善するのが難しいという方は、サプリメントの力を頼って、バランスを整えるのもおすすめです。

健康的に太るには運動も大切

太れない人が太れないためには、どうしても栄養が足りないということばかりに注目してしまいがちですが、実は健康的に太るには運動が欠かせません。
その理由と健康的に太るために必要な運動と栄養摂取のポイントをご紹介します。

健康的に太るためには運動が必要な理由

太りたいのだから、運動しなくてもいいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、
健康的に太るためには運動は欠かせません。
といのも、生命活動を維持していくうえで、筋肉が動かないと、歩くこともできませんし、
呼吸もしづらくなってしまいます。
かといって、むやみに運動をしてエネルギーを過剰に消費してしまうと、痩せてしまいます。
ボディビルダーは筋肉ムキムキですが、決して痩せているわけではありません。
むしろ体重だけ見れば80㎏近く体重がある方もいらっしゃいます。
ですが決して太っているわけではありません。
ボディビルダーは極端な例ですが、体を構成している筋肉が体重を占めています。
したがって、健康的に太るということは、筋肉をいかに増やすかということなのです。
だから健康的に太るには運動が欠かせないのです。
健康的に太る運動で代表的なものが「無酸素運動」です。
無酸素運動とは筋トレや100m走などがあります。
逆にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させてしまうので、ダイエットには向いていますが、太るには運動には向いていません。
太るためには、筋力をアップさせて、筋肉を増やすことが重要です。

太るためにはどんな筋トレをすればいい?

健康的に太るには運動が欠かせませんが、特に無酸素運動、筋トレがおすすめです。
では具体的にどんな筋トレをすればいいのでしょうか。
太るために筋トレをするのであれば、まずは大きな筋肉を動かして鍛えることが大切です。大きな筋肉を優先的に鍛えれば、全身の筋肉もそれに伴って鍛えることができ、理想的に体重が増えます。
ただ脂肪が増えて太るのではないので、健康的に太ることができます。
大きな筋肉として代表的な場所は「胸、背中、お腹、脚」です。
胸を鍛えるのであれば、腕たて伏せの筋トレがおすすめです。
背中であれば懸垂、背筋を行いましょう。
お腹であれば腹筋をしましょう。脚の筋肉を鍛えるには、スクワットなどを行いましょう。

このような筋トレを行うことで、体の大きな筋肉が鍛えられて、理想的に体重を増やすことができます。

理想的に体重増やすための運動の頻度

理想的に体重を増やして太るためには運動は欠かせませんが、やり過ぎると、カロリーを過度に消費してしまいます。ですから太るためには適切な運動の頻度というものがあります。

筋肉は強い負荷をかけることで傷つき、衰えた筋肉細胞が休息によって回復し、しかも負荷をかける前よりも筋力が強くなるという性質をもちます。
この現象を超回復といいます。
そのためトレーニングをすることで、筋肉が鍛えられ、増大して、体重を増やし、理想的に太ることができます。
ですがこの超回復をおこすためには条件があります。
それが「十分な栄養と休息」ということです。これが理想的に体重を増やすための運動の頻度に大きく関係します。
もし、毎日、過度な筋トレをしてしまうと、筋肉の回復が追いつかないため、逆に筋肉量が減って体重も減って太ることができません。
さらに栄養が不足していると、筋肉が回復するために必要なエネルギーが足りないので、筋肉が回復することができません。
したがって筋肉をしっかりと回復させて、より太くて大きな筋肉にするためにも、2~3日の休息が必要です。
ですので太るための運動の頻度としては、2~3日に1度です。
健康的に太るためには毎日、運動する必要がないのがダイエットとは違いますので注意しましょう。

太るための運動と栄養について

太るための運動をご紹介しましたが、より筋肉を増やして太るために効率的な栄養摂取のタイミングがあります。
それは「トレーニング直後」と、「寝る前」になります。
まず。トレーニング直後にはしっかりと太るために、
筋肉の材料となるタンパク質、エネルギー源である糖質を摂取することを心がけましょう。
トレーニング後2時間程度が筋タンパク質の合成が活発になる時間帯となりますので、
トレーニング直後は、太るためのゴールデンタイムともいえます。
ただし、たんぱく質が消化され、アミノ酸になり、筋肉の材料になるには時間がかかりますので、トレーニング直後1時間以内に食事をするのがおすすめです
トレーニング直後1時間の間にできるだけ多くのたんぱく質を食べるように心がけましょう。できればいつも夕食を食べる1時間前からしっかりと太るための運動をするのがおすすめです。
さらに糖質をたんぱく質と一緒に摂取することで筋肉を作る働きが高まり、よりしっかりとした筋肉がついて、理想的に体重を増やすことができます。
トレーニング直後は太るためのゴールデンタイムとも言えますから、このタイミングでしっかりと栄養を補給して理想的に太りましょう。
そしてもう1つ、太るためのゴールデンタイムがあります。
それは寝る前です。寝ているときは筋肉の合成が活発化されます。
これは寝ているときに筋肉合成を促す成長ホルモンが分泌されるからです。
寝る前にタンパク質を摂取することで睡眠中のアミノ酸不足が解消され、効率的に筋力を増やすことができ、理想的に太ることができます。
成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、理想的に太ることができますので、しっかりと眠ることも太ることには欠かせないので、太りたいという方は睡眠不足にも注意しましょう。
ただ、なかなか寝る前にタンパク質を摂取するのが難しいという方はサプリメントなどを活用すると、効率的にアミノ酸を補給できるのでおすすめです。

太るためには運動も大切なんて知らなかったという方も多いかと思いますが、ぜひ理想的に太るためにも、太るための運動をしましょう。

太るために必要な摂取エネルギーを増やす

ガリガリに痩せてしまって、魅力的なボディとはほど遠い、、という悩みをもつ方のために
太るために必要な、摂取エネルギーについて、また太るために必要な摂取エネルギーを増やす効率的な方法をご紹介します。

摂取エネルギーとは?

摂取エネルギーとは、私たち人間が1日に生きていく上で必要なエネルギーを補うために必要なエネルギーのことです。
そもそも、私たちが生命活動をしていくうえで、必ずエネルギーが必要となります。
そのために食事が必要です。摂取エネルギーは基本的には毎日の食事から補います。
食事からカロリーを摂取して初めて、呼吸ができ、歩くことができるといった運動や、臓器の機能を確保することができます。
人は1日、ベッドの上から動かなかったとしても、生きている以上、カロリーを消費します。
それでは、人は1日にどれくらいのエネルギーが必要となるのでしょうか。
実は人それぞれ、1日に消費するエネルギーは異なります。
そのため、人によって1日に必要な摂取エネルギーも異なります。
これは人それぞれ身体活動量や基礎代謝量が異なるためです。
ちなみによく耳にする「基礎代謝量」とは安静にしている状態でも消費するエネルギーのことで、年齢や体重によって個人差があります。
太れないという方はこの基礎代謝量が同じ年代の方と比べて高い傾向があります。
車で例えると、燃費の悪い車ということです。

厚生労働省は、人が1日にどれくらいのエネルギーが必要かの基準を定めています。
2010年の食事摂取基準によれば、1日の適正摂取カロリーは以下のように求めることができます。

【基礎代謝基準値】×【標準体重】×【身体活動レベル指数】=1日の適切摂取カロリー

それぞれの指数は以下を参考にしてください。

基礎代謝基準値:男性 19~29歳 24.0kcal, 30~49歳22.3kcal, 50歳以上 21.5kcal
        女性 19~29歳 22.1kcal, 30~49歳21.7kcal, 50歳以上 20.7kcal

標準体重:標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動レベル指数

Ⅰ(低い):指数1.5  
生活の大半が座った状態で移動も少ない。デスクワーク中心であまり外出しない。

Ⅱ(普通):指数1.75
     座った状態でする仕事が中心で、立ってする作業や通勤、買い物や家事、軽い運動習慣がある。

Ⅲ(高い):指数2.0
    立った状態でする作業や移動が多い。あるいは活発な運動習慣がある。

例えば身長160㎝で25歳の事務職の女性ですと、1日の適性な摂取エネルギーは
22.1(kcal)×56.32(kg)×1.5=1867kcal
ということになります。
ちなみにこの摂取エネルギーを食事で補うとすると、朝食、昼食、夕食の3食で食べる食材としては、米250g、魚介・肉類80g、乳・乳製品200g、卵類50g、豆類75g、野菜類400g、イモ類50g、砂糖類20g、油類20g、キノコ類50g、こんにゃく100g、フルーツ類で、200g必要となります。
必要な食材の例が長くなりましたが、かなりの食事量であることがわかっていただけたのではないでしょうか。
しかもこれは運動していない女性に必要な最低限のエネルギーですので、通勤や仕事、特に営業職の方ではさらにカロリーが必要になります。運動をしている人はさらに多くの摂取エネルギーが必要ということになるのです。

太れない人は1日に必要な摂取エネルギーが足りない!

仕事で全然運動していないという方でも、1日におよそ1800kcalもの栄養が必要となります。
さらに、もともと太れないという方は基礎代謝量が高いので、これ以上のカロリーが必要となってきます。
太れないという方は、1日に必要な摂取エネルギーが足りていないことになります。
よく、運動も全然していないのに、全然太れないという方は、単純に1日に必要な摂取エネルギーが何らかの理由で足りていないことになります。
1番多い、理由はやはり、食事の量が足りていないことです。
朝、メイクなどの準備に時間を取られてしまうので、朝食を抜いてしまう現代人が圧倒的に多いですが、事務職の活動エネルギーが低い方でも、朝食ではご飯、味噌汁、漬物、牛乳、納豆といった献立の食事を食べないといけません。
朝食を食べていないので、お昼で補えればいいですが、昼食も忙しくてパン1つということが毎日続けば、摂取エネルギーが全然足りていないということは一目瞭然です。
また、1日に必要な摂取エネルギーは人が生きていく上で最低限必要なエネルギーなので、これだけ食べても太ることはできません。
理想的に太るためには1日に必要な摂取エネルギーにプラスしてエネルギーが必要となってきます。
つまり、食事を多く食べないといけなくなります。

太るためにはプラス400kcalを目指そう!

太るためには摂取エネルギーを増やして、エネルギー収支をプラスにする必要があります。
これは太るための基本的原則になります。
単純な計算式ですよね。
太れない人は、
1日に必要な摂取エネルギーが少なく、体が1日に使う消費エネルギーの方が多くなってしまっているので、エネルギー収支がマイナスになってしまっています。
ですので、太るためにはエネルギー収支をプラスにしましょう。
体重を理想的に増やすためには、今の食生活から1日あたり、約400kcalプラスして食べることが推奨されます。
1日にプラス400kcalのエネルギーを摂取することで、1か月でおよそ2~3kgの体重増加が見込めます。

そこで痩せすぎの人は、摂取カロリーが消費カロリーよりも大きくなるようにします。通常、1カ月で2~3kgほど太るには、今の食生活から1日あたり約400kcalをプラスして食べることが望ましいです。
これは400kcalに相当する脂肪量が40~50g、体重に与える影響は80~100gになるからです。
1日の摂取カロリー+400kcal=80~100gの体重増加
体重差、男女差、個人差はありますが、理論上は今よりも1日400kcal増えれば、1カ月で2~3kgずつ太ることになります。
ちなみに400㎉の食事というには、朝食の量と同じくらいになります。
食事量としては、パン1枚にバターを塗って、牛乳と、サラダも必要になります。
つまり、太るためには1日3食に加えて、朝食分の食事を1回増やす必要があります。

また、摂取エネルギーを増やすのは仕事が忙しくて難しい、少食なので難しいという方は
体が消費するエネルギーを減らせばいいのではないか?と考える方もいるかと思います。
ですがそれは現実的に太れない体質の方にとっては無理です。
というのも、400kcalというのは約1時間のランニングと同じ量です。
普段から全然、運動をしていないにも関わらず、1時間のランニングと同じ運動量を一切しないというのは不可能です。
しかも、健康面から考えても普段、運動していないのに太れないという方がさらに動かないで、消費カロリーを減らすと、将来、がんや脳梗塞、糖尿病といった病気のリスクの方が高くなってしまいます。
ですから、健康的に太るためにも、プラス400kcalの食事を増やすことがおすすめです。

少食でこれ以上食べれない!そんな人が太るためには??

プラス400kcalの食事を追加するのが太るためには必須ということはわかったけど、
現実的に食べる時間がない、少食でこれ以上食べるのは難しい、という方が大半だと思います。
そもそも太りたいのに太れない人に、さらに食事を増やせというのは現実的ではありませんよね。
ですが、多くの医師はそういった指導をするのが一般的です。
そこで、現実的に食事量を増やすことが難しいという方におすすめしたいのが
「太るサプリメント」の活用です。
太るサプリメントは栄養バランスをしっかりと整えることができ、太るために必要な摂取エネルギーを簡単に補うことが可能です。
しかもファストフードやスナック菓子で補うのとは異なり、体に必要なエネルギーをバランスよく増やすことができるので、健康的に太ることができます。
食事量を増やすのは現実的に考えて無理、でも魅力的体になりたい、そんな方はぜひ、理想的に太るために、太るサプリメントを活用しましょう。

冷たいもの食べ過ぎると太れない!

太れない人には冷たいものが好きという特徴を持った方が多いです。
実は冷たいものを食べ過ぎると太れないという事実があることをご存知でしょうか。
どうして冷たいものを食べ過ぎると太れないのか、その理由と理想的に太るために必要な方法をご紹介します。

冷たいものを食べ過ぎると太れない理由

冷たいものを食べ過ぎると太れそうなイメージがありますが、実は違います。
これは夏に痩せる人が多くなるのと大きな関係があります。
夏は暑いので冷たいものばかり食べるので、夏が終わるころには春と比べると痩せてしまっている人が多いです。
どうして、冷たいものばかり食べ過ぎると太れないかというと、それは胃腸の消化吸収に悪影響を与えてしまうからです。
食事はよく噛んでお口の中で唾液としっかりと混ざり合って、タンパク質がデンプンに分解され、胃でさらに分解されます。
そして体にしっかりと栄養が吸収されて、体内にエネルギーを蓄えることができます。
しかし、冷たいものばかりを食べていると、胃腸の温度が下がってしまいます。
人の体内はおよそ37度に保たれており、胃や腸の消化酵素は37度付近で一番活性化して、消化を促進させて、エネルギーを体内に蓄積しやすくしてくれます。
しかし冷たいものばかり食べていると、胃や腸の温度が下がってしまい、消化酵素が働きにくくなってしまいます。
当然、消化酵素がしっかりと働かないと、消化ができていないので、たくさん食べてもすべての栄養を吸収することができずに、体外へ排出してしまいます。
これが冷たいものばかり食べていると太れない原因です。
しかも冷たいものは消化するのに温かい食べ物と比べて、時間がかかるので、その分、エネルギーを消耗してしまいます。せっかくたくさん食べても、エネルギーを消耗してしまうので、冷たいものばかり食べていると、非常に効率が悪くなります。
ですので、冷たいものばかり食べていると、太れません。

冷たいものは太れないだけでなく、体にも良くない!

冷たいものばかり食べていると、太れないだけでなく、体にもよくありません。
というのも冷たい食べ物を食べると、体温が下がってしまいます。
体温が低下して、低体温になってしまうと、免疫細胞がうまく機能しなくなります。
免疫細胞は細菌やウィルスから体を守ってくれている働きがありますが、この免疫細胞も
37度付近で活性化して働きます。
そのため冷たいものばかり食べていると体温も低下して、免疫細胞がうまく働かないので、
体内に細菌やウィルスが侵入してきても、なかなか退治することができません。
太れない人は風邪もひきやすい人が多いのですが、これは冷たいものばかり食べていて、
体温が低下してしまって、免疫細胞がうまく機能していないからです。
しかも免疫細胞がうまく働かないので、風邪が長引き、食事もしっかりと摂取できないので、
太るどころか、どんどんカロリーを消費して、痩せてしまう悪循環を繰り返すようになります。
ですので、冷たいものばかり食べすぎると、太れなくなるだけでなく、健康面でも
悪影響を及ぼすのです。

太るために気をつけたほうがいいこととは?

冷たいものばかり食べてなかなか太れないという方が気をつけた方がいいことがあります。
それは冷たいものばかり食べすぎて弱ってしまった胃腸を丈夫にするということです。
胃腸を丈夫にすることで、しっかりとカロリーを吸収することができ、理想的に太ることができます。
では具体的に太るためにはどういうことに気を付ければいいのでしょうか。
まず、気をつけて欲しいのが冷たいものを控えて、温かいものを食べるようにしましょう。野菜もサラダだけでなく、温野菜などにして火を通したものをなるべく食べるようにしましょう。また食べるときによく噛んで食べましょう。
よく噛んで食べることで、冷たいものでも口の中で唾液としっかり混ざるので口の中で温められて、胃腸の負担を減らすことができます。
胃腸の負担が減るので、しっかりと食べたものを吸収できて、太るために必要なエネルギーを吸収することができます。
また生姜は体を温める効果が高いので、生姜を調味料として取り入れるのも、魅力的なボディにするためにおすすめといえます。
さらにサプリメントは胃腸に負担をかけずに吸収しやすいように工夫されているものがあるので、サプリメントを活用することで、しっかりとカロリーを体に吸収することができます。なかなかすぐに食生活を変えるのが難しいという方は、サプリメントを活用してみるのもいいでしょう。
 
なかなか太れないという方で、冷たいものが好きという方はなるべく、胃腸に負担をかけないように、冷たい食べ物を控えるようにしましょう。
どうしても冷たい食べ物を辞められないという方は、よく噛んで、食べるようにしましょう。そしてサプリメントを活用して、効率的にエネルギーを体に吸収させましょう。

生野菜を控えて太って魅力的なボディを手に入れよう!

ダイエットする人はサラダをたくさん食べて痩せますが、太りたい場合はどうすればいいのでしょうか。
実は太るためには生野菜は控えたほうがいいとされています。
かといって野菜を食べてはいけないということではありません。
理想的に太るために、どうして生野菜を控えたほうがいいのか、また理想的に太るために
どうやって野菜を食事に取り入れたらいいのか、その具体的な方法をご紹介します。

理想的に太るためには生野菜はよくない理由

ダイエットには生野菜を積極的に食べたほうがいいというのは一般的にも知られていますが、では太るためには野菜は控えたほうがいいのでしょうか。
正確にいえば、太るためには「生野菜」を控えたほうがいいといわれています。
というのも、生野菜というのは、調理されていないため、消化吸収の観点から見ると、胃腸に負担がかかり、栄養をすべて吸収できません。
一方、温野菜や加工した野菜は火を通してあるので、消化しやすく、生野菜と比べて、体内に吸収しやすくなっています。
また、生野菜というのは、冷たいので、体温を下げてしまい、胃腸に負担がかかります。
体温が低下すれば消化酵素がうまく機能しないので、栄養をしっかり吸収できません。
温野菜や加工した野菜であれば、温かいので、体温を下げることなく、しっかりと体に吸収することができます。
さらに、生野菜は火を通していないと、たくさんの水分が含まれているので、たくさんの量を食べることができません。
キャベツ100gを生のまま食べるのは大変ですが、焼いて食べるとむしろ水分が蒸発してしまうので、100gならペロっと食べることができます。
つまり熱を加えた野菜の方がたくさんの量を食べることができるので、結果的にたくさんのエネルギーを吸収することができます。
このように生野菜は消化吸収の面や食べやすさの面からみても、太るためには控えたほうがいいでしょう。

太るためには加熱した野菜がおすすめ

太るためには生野菜は控えたほうがいいのですが、全く野菜を食べないというのは健康面ではよくありません。
太ることはできるかもしれませんが、メタボリックシンドロームになってしまっては意味がありません。
野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、栄養のバランスを考えると、野菜もしっかりと太るためには必要です。
では太るためにはどのようにして野菜を食べるのが最適なのでしょうか。
それは加熱して野菜を食べることです。
加熱した野菜は消化しやすく、栄養を吸収しやすくなります。
また生のまま野菜を食べるよりも、加熱調理した野菜の方が、たくさんの量を食べることができます。
特に秋から冬にかけての野菜はカロリーも高く、太るためには最適といえます。
かぼちゃや秋茄子といった秋から冬にかけてとれる野菜は体を温めてくれる効果もあり、基本的に加熱調理して食べることが前提の野菜ばかりです。
ですから、野菜でも秋から冬にとれる野菜をたくさん食べるようにしましょう。
逆に生で食べたほうがいい野菜のほとんどは夏野菜です。
夏野菜は生で食べることで体温が下がります。夏は暑いので、体温が下がることで涼しく感じますが、太れない体質に方には胃腸に負担がかかり、カロリーがうまく吸収できなくなるのでおすすめできません。
ですので太るためには秋から冬にとれる野菜を食べ、サラダもできるでけ生で食べるのではなく、温野菜で食べるようにしましょう。

痩せやすい時期にこそたくさん野菜を食べて健康的に太ろう!

夏は1年の中でも一番痩せやすい時期です。
これは夏の暑さで体力が消耗し、食欲もなくなってしまうからです。
ダイエットにはいい時期かもしれませんが、太りたい方にとっては一番気をつけないといけない時期です。
ですので痩せやすい時期こそ、体力をつけるために野菜をたくさん食べて太るようにしましょう。
どうしても夏は食欲がなくなるので、太るために必要な肉類に豊富に含まれるタンパク質がたくさん食べることができません。
ですが、野菜と一緒に食べることで、たくさん食べることができますし、胃もたれも軽減することができます。
瘦せやすい時期だからこそ、加熱した野菜をしっかりと食べましょう。

少食でたくさん野菜が食べれない場合はどうすればいい?

太るためには加熱した野菜を食べたほうがいいというのはわかったものの、実際、忙しくて野菜を料理する時間がない、また少食なのでいくら加熱した野菜でも食べる量には限界がある、という方も多いです。
そこで、そういった少食でもともと食べるのに限界があるという方は、サプリメントを活用するのがおすすめです。
サプリメントであれば、普段の食事にプラスして摂取することで必要なエネルギーを補い、理想的なボディへと導いてくれます。
もちろん、太るためには食べることが基本です。
そのときに外食やコンビニで選ぶときは生野菜ではなく、温野菜や加熱した野菜を選び、プラスしてサプリメントで足りていない栄養を補いましょう。

3食しっかりと食べることが太るには大切

太りたくても太れないという方にお話を聞くと、3食しっかりと食べているという人がほとんどいません。
理想的に太って魅力的なボディを手に入れるためには3食しっかりと食べることはとても重要です。3食しっかりと食べることの重要性と太るために毎食取り入れて欲しい食材などを具体的にご紹介していきます。

3食食べないと総カロリーが少なくなる!

理想的に太るためには、総カロリーを増やして消費エネルギー量を引いてもプラスになるようにすることが必要となってきます。
太るために必要な摂取カロリーは個人個人異なってきますが、運動をあまりしない女性でも、1日に最低でも約2000kcal必要となってきます。
太るためには総合的にカロリーを増やす事が必要になります。
朝ご飯を抜いて2食で2000kcalを補おうとすると、1食あたり1000kcalもの食事が必要となってしまいます。そうなってしまうと、一回の食事量も増えてしまい、食べるのがとても大変ですし、胃にもかなりの負担になってしまいます。
ちなみに、食事を1回、朝食を毎日抜いてしまっていると、1か月でなんと、18000kcal も足りない計算になってしまいます。この18000kcalというのは具体的に表現すると、ご飯1杯およそ200kcalですから、90杯分も足りていないということです
こうやって具体的な量で考えると、かなりエネルギーが足りなくなってしまうというのが実感できるのではないでしょうか。
ですから、現在、朝食を食べる習慣のない人は必ず朝食を含めて3食キチンと食べるようにしましょう。

3食しっかり食べないと筋肉がどんどん減って健康的に太れない!

3食しっかり食べないと、どんどん太りにくく、不健康な体になります。
というのも1食抜いてしまうと、体重が減りますがこれは脂肪ではなく、筋肉が落ちてしまっています。
テレビのダイエット企画で、断食ダイエットによって痩せたという芸能人が大勢いますが、これはダイエットに成功していても、筋肉量が減っているので、健康的に痩せていません。
理想的に太るためにも同様のことがいえます。
1食でも食事を抜いてしまうと、人間は一番カロリーを消費する筋肉を落として、消費エネルギーを減らします。
この筋肉が減ってしまうと、次に筋肉をつけるのはとても大変になります。
理想的に太るというのはただ脂肪を増やすと思われがちですが、健康的に理想的に太るというのは脂肪も筋肉も標準体重へと導くことを意味します。
しっかりと筋肉量を増やすことで、初めて健康的に太ることができます。
痩せやすい人は実は体脂肪は標準で筋肉量が少ないという方が多いです。
特にあまり使わない、お腹の筋肉などから優先的に筋肉量が減っていきます。
脂肪は全身まんべんなくついてくれる訳ではなく、筋肉量が減少してしまうと、
全身は痩せているのに、下っ腹だけポッコリした不健康な体になってしまいます。
痩せているのに、下腹だけはポッコリしているという方は、しっかりと3食食べないことが原因の1つなのです。
ですので、3食しっかりと食べて、筋肉量を減らさないようにして理想的に太りましょう。

太るために取り入れたい食材とは?

痩せていて太れないという人がどうして太れないかというと、体質的にたくさん食べるのができないからです。
どうしてたくさん食べることができないのかというと、胃腸などが弱い、つまり、消化吸収の効率が悪いからです。
太れないという人の多くは消化吸収の機能が健康的な人よりも弱くなっています。
ですので高カロリーの食事を毎食食べるように心がけたとしても、胃腸が弱いので、全ての栄養を吸収することができず、排泄されてしまいます。
それでは意味がないですよね。
したがって太れない人が理想的に体重を増やしていくためには、消化吸収の良い食材を毎食取り入れることが大切です。
また太るためにはカロリーが高く、エネルギーに変換されやすい3大栄養素を毎食取り入れる必要があります。
3大栄養素の中でも特に消化吸収されやすい食材としては
炭水化物では、白米、トースト、そば、うどん、じゃがいもがあります。
たんぱく質で消化吸収がいい食材は、卵、豆腐、鶏肉(特にささみ)、白身魚(タラ、カレイ、鯛、スズキなど)です。
そして脂質としておすすめの食材は、オリーブ油、ごま油、青魚(サバ、イワシ)、貝類、くるみなどが挙げられます。
こういった消化吸収の良い、食材を毎食取り入れるように心がけましょう。

吸収をアップさせる食材も毎食取り入れよう!

太りたくても太れない方は胃腸の機能が低下しているので、消化吸収を助ける食材も毎食取り入れるようにすることで、効率的に栄養を体内に吸収することができます。
吸収をアップさせる食材としては以下のようなものがあります。

・ヨーグルト

腸内環境を良くして免疫力アップも期待できる働きがある、健康食材としても、今やとても有名なヨーグルトですが、健康的に太るのにとてもおすすめ食材です。
というのも腸内環境を改善することで、腸からの栄養効率がアップします。
その結果、食事から摂取できるエネルギーもアップします。
ヨーグルトはできれば食後のデザートして食べることで、ヨーグルトに配合されている乳酸菌が腸内でしっかりと働くことができます。
朝食のデザートや寝る前の夜食としてもおすすめの食材です。

・パイナップル

パイナップルにはたんぱく質分解酵素であるブロメラインというものが含まれています。そのため、肉類などの消化を促進する働きが期待でき、しっかりと栄養を摂取するのにおすすめの食材です。
特に太りたいのに太れないという方は肉類はもたれて食べられないという症状に悩まされている方が多いので、肉類を食べるときにデザートとして取り入れるのをおすすめします。

・ピーナッツバター

ピーナッツバターには消化を助けるナイアシンが多く含まれています。
ピーナッツバターの栄養素は優秀でナイアシン以外にも不飽和脂肪酸、銅、マグネシウム、ビタミンEなども含まれているので、まさに健康的に太るのにおすすめの食材といえます。

・生姜

消化吸収が悪いと栄養がしっかりと摂取できないので、健康的に太れませんが、胃腸の温度が低下するとさらに消化吸収が悪くなります。
生姜は体温を上げる効果があるので、消化吸収がアップします。
また、生姜には発汗作用、血流改善、殺菌作用、抗炎症作用もあるので風邪を引きやすい人にもおすすめです。

・大根

大根には、ジアスターゼという成分含まれているので、消化吸収を助けて栄養の摂取効率もアップします。揚げ物と一緒に大根おろしを食べるのがおすすめです。

・キャベツ

胃薬にも「キャベ」という名称が入っていますが、これはキャベツに含まれる
ビタミンUが胃の粘膜を保護してくれ、消化を助ける作用を利用しているからです。
健康的に太るには野菜の摂取も欠かせないので、キャベツをなるべく取り入れるにしましょう。

それでも太れない人はサプリメントを活用しよう!

3食食べることが健康的に太るには欠かせない理由や、太るために毎食取り入れたい食材をご紹介しましたが、どうしても仕事や家事などが忙しくて、毎食食べることができない、
意識して取り入れて欲しい食材を取り入れることができないという人は多いかと思います。
そもそもそういった健康面の意識がなかなかできないから、太りたくても太れないという方がほとんどではないでしょうか。
そういった方はまずは3食食べ、取り入れて欲しい食材を食べるように努力した後でそれでも難しいのであれば、サプリメントを活用しましょう。
サプリメントは簡単に足りない栄養を補うことができ、なおかつ栄養バランスを整えることができるので、健康的に太ることができます。
ぜひ、なかなか食生活の改善が難しいという方はサプリメントをうまく活用して、魅力的なボディを手に入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ